持家

持家

住宅の結露とカビを防ぐ方法は給気と換気、24時間換気してますか?

住居のメンテナンスで気をつけたいのが「結露(けつろ)」。 主に冬季の窓際で発生。断熱性に劣るアルミサッシ&ガラス面の表面温度と室内の温度差による表面結露は、やがて床をも濡らします。 放置すれば、カビの発生...
中古住宅

個人間で住宅売買をするときの「既存住宅個人間売買瑕疵保険」とは

既存住宅(中古住宅)の購入は、劣化程度が素人では判断がつかず、外見だけではわからないのが現状。 売主が宅建業者ではなく、個人間売買となれば尚更。 それらの不安を解消するのが既存住宅個人間売買瑕疵保険です。 ...
中古住宅

既存住宅状況調査技術者(インスペクター)の活用

既存住宅が資産となる「新たな住宅循環システム」を構築するために、建物状況調査(インスペクション)の活用や既存住宅売買瑕疵保険の活用が今、求められています。 売主・買主が安心して取引できる市場環境の整備と、既存住宅流...
中古住宅

既存建物(中古住宅)取引時には建物状況調査(インスペクション)を

平成28年6月3日「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」が公布されました。 ※概要 中古住宅の取引フローと建物状況調査 <中古住宅の取引フロー> 売却/購入申込 媒介契約締結 →建物状況...
中古住宅

中古木造住宅を購入する時に気になる耐震性

平成28年6月3日に宅地建物取引業法改正が公布され、平成30年4月「既存建物取引時の情報提供」の施行より既存住宅の「建物状況調査」が促進されました。 この調査は、建築物の劣化状況や不具合の有無について目視にて調...
中古住宅

中古住宅の流通促進に向けてインスペクションの普及

中古住宅をご購入の前には、建物状況調査をお勧めします。 第三者(インスペクター)による調査で指摘された劣化状況や不具合を納得の上、ご契約してください。 既存住宅インスペクションガイドライン 中古住宅の流通、リフ...
中古住宅

名古屋市の住宅数と空き家 平成25年

平成26年10月1日現在の名古屋市の人口は、前年より5,210人増の2,276,590人。人が増えれば当然住むところも必要。 それでも名古屋は空き家が増えています。 平成26年 愛知県人口動向調査結果...
スポンサーリンク