部屋の広さで見る「畳」と「帖」、1畳(帖)当たりの面積は何平米か

スポンサーリンク

和室

「この部屋は何帖ありますか?」

賃貸の内見時に、よく聞かれる質問です。面積で聞かれることはまずありません。内見者は帖数を頼りに、今の住まいや他の候補物件と比較をします。

老若男女、広さの感覚として「帖数」が一番わかり易いようです。

不動産のパンフレットには、室名と帖数がほとんどの物件に表記されています。賃貸の物件選びは、数字(面積または帖数)の比較でもあります。

気をつけなければならないのは、表記された「帖数」だけでは、部屋の広さを正確に判断できないこと。

この記事では、広さの目安となる「ジョウスウ」について解説します。

スポンサーリンク

「畳」と「帖」の違い

広さを表すジョウ 数には、「畳」と「帖」の二種類があります。

1畳=1帖、どちらも同じ面積。表記は、どちらが正しいの決まりはありません。

畳数は字のごとく畳の枚数を表します。畳のない洋間では、「畳数」で表示するには違和感があり「帖数」で表示することが一般的です。

現在は和室のない住居が多く、和室も「帖数」表示で表示することが珍しくはありません。

※本記事内の「帖数」は「畳数」と読み替えても構いません

1畳(帖)の面積

不動産公正取引協議会連合会
不動産の公正競争規約、不動産の表示に関する公正競争規約・施行規則によると
(最終変更:平成27年12月4日)

(16) 住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合においては、畳1枚当たりの広さは1.62平方メートル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)以上の広さがあるという意味で用いること。

PDF-P.6 第5章 第10条面積(16)

1畳(帖)の広さは1.62㎡ 以上

1.62㎡とは0.9mmx1.8m。
3尺×6尺(0.91m×1.82m)で計算すると1.6562㎡。この1.65㎡を1畳(帖)として計算することもあります。

僅か0.03㎡の違いですが
建築主と入居者が異なるマンションでは、居室の広さ「帖数」は少しでも大きく見せたいものです。

  • 1.62㎡/帖とすると「6帖」は6×1.62=9.72
  • 1.65㎡/帖とすると「6帖」は6×1.65=9.9

9.72㎡の部屋を1.65㎡/帖で計算すると「5.89帖」の表記になってしまいます。

現地で0.18㎡の違いを見分けることはできませんが、パンフレット上の数字が「6帖」と「5.89帖」とでは、印象が大きく変わります。

また
畳6枚が敷かれた和室であっても、壁芯で面積が9.72㎡以上なければ「6畳」と表記することができません。

部屋面積の計算

帖数の元となるのは平米数。同じ面積でも、帖数が異なるケースがあるのは上述した通りです。

建物の面積は、壁芯で計算するのが一般的。内法の有効な面積を表示していません。

建物&部屋面積>内法有効面積

鉄筋コンクリートで造られるマンションは、部屋隅に大きな柱があるケースがほとんど。この柱で専有された部分も部屋の面積に含まれます。

同じ6帖洋室でも、部屋隅に柱があるかないかで、有効な面積は変わります。

マンションは角部屋が人気があり、賃料も中部屋より高く設定されています。角部屋は特に、柱の室内への出っ張りが大きいのです。

1 畳当たりの面積表示の推移

不動産の表示に関する公正競争規約施行規則一部変更案 新旧対照表 P.9参照 を見ると

以前は

「ただし、新築住宅以外の住宅であって、1 畳当たりの面積が 1.62 平方メートルに満たないものについては、 その旨及び畳 1 枚当たりの広さを明示して表示することができる。」

とあります。

例えば
「1帖当たり1.5㎡」と明示すれば、畳6枚ある広さ9㎡の和室を「6畳」と表記できました。

 

更に以前では

「1畳当たりの面積は1.62平方メートル以上でなければならない。新築住宅以外の建物において、1畳当たりの面積が1.5平方メートル以上1.62平方メートル未満であるときは、1畳当たりの面積を明らかにして表示すること。」

1.5平方未満であれば、1畳当たりの面積を表示しなくても構わなっかたのです。

畳のサイズ

畳

余談ですが
畳のサイズも地域により異なります。

  • 京間:3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm、1.82405㎡)
  • 中京間:3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562㎡)
  • 江戸間:2尺9寸×5尺8寸(880mm×1760mm、1.5488㎡)
  • その他:多数のサイズあり

同じ畳1枚でも基準がマチマチなんですね。

実際に住居で使われている畳は、すべてオーダーメイド。現地で内法を採寸して製作します。

賃貸では入居者が退去すると、畳の表替えを行います。このとき畳は一旦工場で引取り、必ず元の場所に戻します。元の配置でないと、全部の畳がピッタリと収まりません。

まとめ

不動産ポータルサイトを見ると、同じ部屋が複数の仲介業者から掲載されています。各部屋の広さの単位は㎡でなく、帖数表示が一般的。物件情報を見比べてみると、同じ部屋なのに帖数が異なっていることは珍しくはありません。

住居面積同様、部屋の面積を仲介業者は実測しません。業者は貸主から提供された資料を元に広告等を作成します。

特に古い物件では、提供された資料に、部屋の面積(帖数)が表記されていないことが多々あります。間取り変更がされていると尚更です。

帖数表記が業者間で異なる原因は様々で、意図的に実際よりも広く見せたいのではありません。

賃貸物件の帖数表記は、あくまでも広さの目安としてご利用してください。

スポンサーリンク
関連記事
賃貸
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

初回限定 キャンペーン
5,000円チャージで1,000ポイントがもらえる!

さらに
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました