当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

IoTスマートホーム賃貸「with HOME」とは?【プロシード金山3】を例に解説

sponsor

スマートホーム

2018年8月末、名古屋市内にIoT対応のスマートホーム賃貸「プロシード金山3」が完成しました。

IoTは今後、賃貸には欠かせないものになるのか?

すっごく気になるので、見てきました。

IoTとは
読み方はアイオーティー。”Internet of Things”の略で「モノのインターネット」。モノがインターネット経由で通信することを意味します。様々な「モノ」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み。

正直なところ、どこを以て「IoTだ」、「スマートホームだ」と言ってよいのかわかりません。

今回見てきた賃貸には、「Google Home」と「赤外線リモコン」と「謎の白筐体」が室内に無造作に置かれていました。

さて、このマンション。IoTで一体何ができるのでしょうか?

プロシード金山3物件資料

プロシード金山3」入居者募集資料

 

sponsor

スマートホーム「au HOME」

ホームゲートウェイ
auホーム

賃貸マンション「プロシード金山3」、IoTの正体は「au HOME」でした。

au HOME | au
au HOMEのトップページです。スマホと話題のIoTであなたの暮らしにあんしん、べんり、たのしいを届けるau HOME。

マンションのインターネット回線はKDDI・中部電力系列の「コミュファ光」。

auひかり回線でないのに「au HOME」?
→答えは”謎の白筐体”無線通信アダプタ(A)にあります。

室内の家電は、スマホまたはスマートスピーカからWiFiルーター経由で「赤外線リモコン01」で操作できます。この「赤外線リモコン01」を利用するには、auひかりでインターネット回線を契約している必要がありました。

しかし、「無線通信アダプタ(A)」の登場により、インターネット回線とWiFiがあれば、「au HOME」を利用できるようになったのです。

 

「auひかり」は不要でも、auスマホが必要だよね
auユーザー限定の賃貸なの?

「プロシード金山3」はauユーザー限定ではありません。

「au HOME」のパートナー企業が、「with HOME」として、auユーザー以外にもサービスを提供しています。

with HOME | KDDI株式会社
KDDIが提供するホームIoTサービス「with HOME」は、スマホとIoTで、普段の暮らしをちょっと心地よくします。センサー機器や Google Home を組み合わせることで、防犯や見守り、エアコン、テレビ、照明などの家電コントロール機能をお使いいただけます。

with HOME アプリ」を利用することにより、auユーザー以外のスマートフォンからでも、室内のデバイス(赤外線リモコン等)を遠隔操作できます。

with HOME

「with HOME」の利用料金は「au HOME」と同じ。

初期費用2,000円、月額490円(無線通信アダプタ(A)レンタル料込)

分割払いも可能な「家電コントロールセット」「みまもりセット」もあります。

ご利用料金 | with HOME | KDDI株式会社
KDDIが提供するホームIoTサービス「with HOME」は、スマホとIoTで、普段の暮らしをちょっと心地よくします。センサー機器や Google Home を組み合わせることで、防犯や見守り、エアコン、テレビ、照明などの家電コントロール機能をお使いいただけます。

サービス申し込み先は「au HOME」のパートナー企業になります。

赤外線リモコン 01

赤外線リモコン

スマートホームに「赤外線リモコン01」は必須。

おうちの家電をスマートフォンなどから遠隔操作できます。

代金は7,200円(税別)
セットプランで分割払いの場合は、300円を24ヶ月払い。毎月の基本料金に加算されます(24ヶ月間)。

操作できる内容
  • エアコン:電源ON/OFF、暖房・冷房・除湿モード切替、温度設定
  • テレビ:電源ON/OFF、チャンネル指定、音量上下
  • 照明:電源ON/OFF
  • エアコン、テレビ、照明以外:電源ONと任意のボタン4つ

エアコン、テレビの電源だけでなく、温度設定やチャンネル切り替えができます。

赤外線リモコン01の詳細は

赤外線リモコン 01 | au HOME デバイス | くらしのサービス | au
au HOMEの赤外線リモコン 01のページです。auのスマホと、話題のIoT(モノのインターネット)で、いつもの暮らしを、ちょっと便利にする「au HOME」。

無線通信アダプタ(A)

無線通信アダプタ

無線通信アダプタ(A)の詳細は

無線通信アダプタ(A):設定・設置方法 | with HOME デバイス | KDDI株式会社
KDDIが提供するホームIoTサービス「with HOME」は、スマホとIoTで、普段の暮らしをちょっと心地よくします。センサー機器や Google Home を組み合わせることで、防犯や見守り、エアコン、テレビ、照明などの家電コントロール機能をお使いいただけます。
無線通信アダプタ(A) | 接続デバイスの設定 | サポート | au
au HOMEの無線通信アダプタ(A)のページです。auのスマホと、話題のIoT(モノのインターネット)で、いつもの暮らしを、ちょっと便利にする「au HOME」。

玄関錠はシャーロックタイムライン

シャーロックタイムライン

スマートフォンで開閉する「Sherlock V Timeline|シャーロックタイムライン

IoTは家電だけではありません。住戸玄関扉の錠も操作できます。訪問介護やハウスキーパー向けには便利そう。単身者には、あまり利用価値が無いかもしれません。鍵の閉め忘れ確認ぐらいですかね。

ICカードキーでも開閉できます。

エントランスのオートロックもOK。タイムラインアプリを立ち上げておくと、スマートフォンのBluetooth通信よりハンズフリーで開錠できます。

詳細は公式サイトで

https://www.sherlock.co.jp/product/stl/

スマートスピーカー

外出先からスマホのアプリでおうちの家電を操作。在宅時は、スマートスピーカーから音声でも操作できます。

Amazon Alexa」対応スピーカーは、照明のON/OFF、エアコンのON/OFF、テレビのON/OFF。

Google Home」および「Google アシスタント」搭載スピーカーは、照明のON/OFF、エアコンのON/OFF、エアコンの暖房/暖房・温度切り替え、テレビのON/OFF。

スマートスピーカーはau HOMEアプリに、メッセージを送ることができます。

「au HOME」と「Google Home」連携強化、声でメッセージ送信が可能に
KDDIのニュースリリース 「au HOME」と「Google Home」連携強化、声でメッセージ送信が可能に
タイトルとURLをコピーしました