クラウドPBXでテレワーク、スマホが会社の電話機に、内線と固定電話番号が使える

スポンサーリンク

テレワーク&クラウドPBX

外線電話の同時鳴動、内線通話・転送が可能なビジネスフォン。複数の電話番号を複数の電話機で共用することもができます。ビジネスフォンに不可欠な主装置「PBX(交換機)」は建物内に設置され、同一建物内で利用するのが前提でした。

現在は「クラウドPBXサービス」が各社より提供されています。

クラウドPBXは、内線通話機能やPBX機能をクラウド上のサーバから提供するサービス。主装置のクラウド化により、設備・保守コストの削減が可能です。

必要なのはインターネットとIP電話(ひかり電話など)回線。専用のアプリを利用すれば、スマートフォンを内線化できます。

内線通話は無料。外線通話はIP電話(ひかり電話)料金そのまま。インターネット経由の内線通話、スマートフォンから固定電話番号の発着信も可能です。

ビジネスフォンの導入で気になるのは初期費用ですが、クラウドサービスは高額なPBXを建物に設置する必要がありません。少人数から始めても、規模が大きくなればオプション追加で対応可能。増設工事も必要としません。

サテライトオフィス、在宅勤務(テレワーク)への通話が内線化できるクラウドPBX。自宅でも出先でも、インターネット環境があれば、どこで仕事をしていても、社内と同様に「ビジネスフォン」が利用できます。

クラウドPBXは大企業向けのサービスだけではありません。留守にしがちな小規模オフィスにも適したサービスがあります。

ビジネスチャンスを逃さないためにも、クラウドPBX導入を検討してみては如何でしょうか。

※表示価格は特に断りがない限り税別です
スポンサーリンク

クラウドPBXでできること

ひかりクラウドPBX

出典:NTT東日本

クラウドPBXの最大のメリットは、スマートフォンが使えること。会社またはお店の固定電話番号からの架電、受話がスマートフォンからできます。

既に事務所等を開設していても、03・06など今の電話番号を変えずに使えます。導入コストが抑えられる050番号の利用も可能です。

クラウドPBXは転送サービス(有料)ではありません。

従来のビジネスフォン同様に、内線で呼び出しそのままつなぐことができます。会社で受けた電話は一旦保留(パーク保留)、内線で外出中の従業員を呼び出し、そのままスマートフォンに転送ができます。外出先でも転送料金はかかりません。

スマートフォンのクラウドPBX利用には、各社より専用アプリが用意されています。

パソコン、IP電話機の利用

クラウドPBXの固定電話機は、IP電話機またはパソコン(ヘッドセットなど)。従来のビジネスフォンを利用しません。

機種、パソコンソフトは指定されている場合があります。

BYODの活用

BYOD(Bring Your Own Device)とは私物端末の業務利用。

社員のスマートフォンをBYODすれば、机に電話機を用意する必要がありません。電話機の設置を必要最小限に、初期費用を削減できます。

0ABJ番号(市外局番)の利用

クラウドPBXサービスは、現在利用中のIP電話(ひかり電話)番号がそのまま使えます。また、フリーダイヤル(0120、0800)を取得できるサービスもあります。

導入コストが低い050のIP専用電話番号もありますが、ビジネス利用には0ABJ番号を利用したいものです。

0ABJ番号とは、加入固定電話に割り当てられる市外局番(03や06など)付きの電話番号。固定電話番号は、社会的な信用面でも、ビズネスには必要です。

外線数・内線数・チャンネル数

クラウドPBXサービスの料金は、主に以下の「数」で決まります。

  • 外線数:電話番号の数
  • 内線数:端末またはIDの数
  • チャンネル数:同時に通話できる数
    ※電話事業者によって定義が異なる場合があります

電話番号をいくつ利用するのか、使用する端末を何台にするのか、同時に利用できる端末または番号をいくつにするのか。

例えば、外線 03-xxxx-xxx103-xxxx-xxx2を電話機1台、PC1台、スマホ1台で利用。両番号で同時発着信可能とすると。

外線数は2、内線数は3、チャンネル数は2になります。

クラウドPBXサービス

クラウドPBXサービスは多くの会社から提供されています。これから紹介するサービスは小規模オフィス(外線数が10以下)向けのサービスです。

クラウドPBXは内線通話がどこにいても無料。複数端末の同時着信、複数番号を1台運用、着信履歴の確認も可能です。

 

オプションとして通話録音などもあります。詳細は各公式サイトでご確認ください。

ナイセンクラウド

ナイセンクラウドはNTT回線の他に、Rakuten(旧Fusion)回線、KDDI回線、NURO回線が利用可能。

個人事業主のお申し込みも可能です。

初期費用月額費用
1内線10,000円2,000円+1,000円/1拠点
2内線5,000円
5内線10,000円*

※6内線以上の月額費用は1内線追加につき1,000円加算

スマートフォン、PCアプリは無料です。

公式サイトから自動見積もりができます。

\ナイセンクラウド公式サイト/

 

運営会社
社名アイティオール株式会社
所在地東京都港区芝大門一丁目16番5号 芝大門加藤ビル9階
設立2007年4月11日
資本金2700万円

 

スマホから固定電話の発着信ができるクラウドPBX【ナイセンクラウド】
会社または自宅のひかり電話、スマホでも使えれば、と思うことありませんか? 電話番号と通話料金はそのまま、外出先でもスマホから利用できるサービスがあります。 「クラウドPBX」。サービス料金は別途必要です。...

回線.com

回線.comはNTT回線の他に、Rakuten(旧Fusion)回線も利用可能。

個人事業主のお申し込みも可能です。

初期費用月額費用
2内線10,000円3,000円+NTT回線の場合
1,000円/1電話番号
+500円/拠点
8内線5,000円
15内線10,000円

最低利用期間は1年。途中解約の場合には残りの契約期間分の基本料金が必要です。

スマートフォンアプリは有料200円/月、PC用は700円/月。

\回線.com公式サイト/

 

運営会社
社名株式会社サンシスコン
所在地東京都台東区上野6-6-1舶来堂ビル7階
設立2015年8月4日
資本金990万円

GoodLine

GoodLine SOHO

GoodLine(グッドライン)は個人事業主に最適な「GoodLineSOHO」を提供。

法人向けには「GoodLineビジネス」を提供しています。

プラン初期費用月額料金
SOHO2内線20,000円3,000円
ビジネス3内線~10,000円/内線
(上限50,000円)
5,000円+
1,000円/内線
20内線50,000円20,000円

40内線、60内線、80内線プランもあります。

電話番号は何番号でも追加可能。
同時通話にはキャリア回線対応機器の購入が必要です。
2ch:12,000円、4ch:85,000円、8ch:120,000円

\詳細は公式サイトで/

 

運営会社
社名株式会社Good Relations
所在地大阪府大阪市中央区淡路町4-7-5本町ハイエストビル5F
設立2014年3月12日
資本金

MOT/TEL(モッテル)

MOT/TEL(モッテル)は10チャンネル20内線が月額3,980円で利用できます。

個人事業主のお申し込みも可能です。
プランチャンネル/内線初期費用月額費用
スタンダード最大10/2029,800円3,980円
ミドル最大25/5039,800円8,500円
プレミアム最大50/10059,800円15,000円

IP電話機は以下の機種が対応します。
Panasonic:KX-UT136N,KX-HDV130N,KX-HDV130NB
NAKAYO:IP-36N-ST101C

インターネットFAXも利用可能です。

運営会社
社名株式会社オフィス24
所在地東京都新宿区西新宿6-22-1新宿スクエアタワー3階
設立1993年3月23日
資本金4億2542万5千円

モバビジ

モバビジは初期費用なし、初月費用無料で導入できます。

IP電話機はPanasonic社製を使用。

月額料金は
利用する電話回線数と電話機台数・アプリID数によって変わります。詳細は個別見積もりのため公式サイトよりお問い合わせください。

運営会社
社名クラウドテレコム株式会社
所在地東京都港区元麻布3丁目2番19号
設立2019年12月
資本金

モバビジは2020年3月1日、フリービット株式会社からクラウドテレコム株式会社へ事業譲渡されました。

NTTのクラウドPBXサービス

NTTからもクラウドPBXサービスが提供されています。

前述のサービスよりも割高で、料金体系も複雑です。どちらかと言えば、大企業向けのサービスになります。

NTT東日本・西日本「ひかりクラウドPBX」

ひかりクラウドPBX

初期費用:13,000+8,000円~
月額費用:10,000円+1,800円~/10内線・4チャンネル

ひかりクラウドPBX | 音声/電話/電報 | サービス | 法人のお客さま | NTT東日本
「ひかりクラウドPBX」は、内線通話機能やPBX機能をクラウド上のサーバーから提供するサービスです。外出先やオフィスでもスマートフォンで内線通話が可能になります。また、オフィスに主装置が不要になり、「通信設備の更改」や「保守・運用」にかかるコストの見直しが可能です。
サービス概要|ひかりクラウドPBX|法人向けサービス|NTT西日本
ひかりクラウドPBXのサービス概要のご案内です。スマートフォンが内線電話機に変わる。通話コストの削減が図れる。NTT西日本の法人向けサービス公式ホームページです。

NTTコミュニケーションズ「Arcstar Smart PBX」

Arcstar Smart PBX

初期費用:10,000円+3,000+8,000円
月額料金:5,000円+500円/1内線+580円/1番号・1内線

クラウドPBXサービス Arcstar Smart PBX | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま
Arcstar Smart PBXは、PBXやビジネスホンを使用せずに、クラウド上にあるIP電話サーバーによりPBX機能と内線機能を実現するクラウドPBXサービスです。PBXやビジネスホンのクラウド化により、設備・保守コストを削減。スマートフォンやPCなど多様なデバイスで、ロケーションを問わず無料で内線電話を利用できま...

テレワークについて

テレワーク

出典:厚生労働省

テレワークは「ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」です。

総務省はテレワークを推進しています。

総務省|ICT利活用の促進|テレワークの推進

厚生労働省は「テレワーク総合ポータルサイト」を公開しています。

テレワークとは | テレワーク総合ポータルサイト
テレワークとは、ICT(情報通信技術)を使って時間や場所を有効活用できる柔軟な働き方のこと。自宅で働く在宅勤務、出先で働くモバイルワーク、本拠地以外の施設で働くサテライトオフィス勤務があります。最近は、地方の観光地などにあるコワーキングスペースを利用するワーケーションという働き方も注目されています。

厚生労働省委託事業「テレワーク相談センター」があります。

在宅勤務をご検討なら|テレワーク相談センター(厚生労働省委託事業)
在宅勤務の導入推進企業のご相談は、テレワーク相談センターへ。テレワークとは在宅勤務やモバイルワークなど、「情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」です。相談センターでは、在宅勤務など具体的な事例を豊富に取り揃えて、テレワーク導入時の皆様の疑問や課題に、専門の相談員が回答します。皆様の御来所をお待ちし...


 

 


スポンサーリンク
関連記事
回線
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

初回限定 キャンペーン
5,000円チャージで1,000ポイントがもらえる!

さらに
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました