スマホから固定電話の発着信ができるクラウドPBX【ナイセンクラウド】

クラウドPBX

会社または自宅のひかり電話、スマホで外出先からも発着信ができたら良くないですか?

ひかり電話の番号と料金はそのまま、スマホから利用できるサービスがあります。

「クラウドPBX」。料金は別途必要です。

本来はビジネス向けのサービス。

クラウドPBXのメリットは遠隔地でも無料で内線通話ができ、スマホから外線通話ができることです。

今回紹介するのは、1端末でも、内線機能なしで利用できるクラウドPBX。個人でも家庭でも利用できます。このサービスを使えば、1人でもクラウドPBXを経由して、今あるひかり電話の固定電話番号をスマホから発着信ができます。

ひかり電話とスマホ、ビズネスにプライベートに有効活用しませんか。

※以下の金額表記は税別

 

クラウドPBX

PBXとは電話回線の交換機。いわゆるビジネスフォンの主装置。PBXは複数の電話機と回線をまとめ、内線同士の接続、内線と外線の接続を制御します。

本来、PBXは電話機と同じ建物内に設置されますが、「クラウドPBX」は場所を必要としません。クラウド上のサーバーがPBXサービスを提供します。

クラウドPBXの内線通話は、インターネットに繋がれば場所を選びません。外線もどこからでもスマホからでも固定番号で発着信できます。

着信者にも料金負担がかかる転送電話と違い、クラウドPBXは通常の電話と同様に着信通話料は発信者だけの負担です。

クラウドPBXサービスは現在、数社から提供されています。

ナイセンクラウド

2分でわかるナイセン – クラウド型内線電話サービス

数あるクラウドPBXサービスの中で、少人数でも利用できるクラウドPBX「ナイセンクラウド」 。法人はもちろん、個人での契約も可能です。

NTTフレッツ光(光コラボを含む)回線のひかり電話が、そのまま利用できます。
NTT全国番号(既存電話番号可)に対応。

050番またはフリーダイヤル(0120、0800)を新たに取得すれば、固定回線なしでも契約できます。

※Rakuten(旧Fusion)、KDDI、NURO回線にも対応できます

 

運営会社

ナイセンクラウドの運営会社

商号アイティオール株式会社
所在地東京都港区芝大門1-16-5 芝大門加藤ビル
設立日2007年4月11日
資本金2700万円
\公式サイト/
ナイセンクラウド
会社はもちろん個人でも契約OK!

ナイセンクラウド利用料金

ナイセンクラウドの利用料金は1、2、5の内線数で決まります。

例えば
スマホ1台だけで利用する場合は「1」。IP電話機1台と併用する場合は「2」。

ライト
(1人用)
ペア
(1~2用)
プロ
(会社用)
初期費用10,000円
月額費用2,000円5,000円10,000円*
内線端末数125
内線通話

※6内線以上は、プロの月額費用に1内線1,000円の加算

<共通事項>
留守番電話メール、発着信ウェブ履歴、対象・時間別ルール設定が無料で利用できます。

接続利用料金

ナイセンクラウド利用料金の他にも、電話回線の接続利用料金も必要です。

料金は電話事業者で異なります。ここでは、地域電話番号(011、03など)すべてに対応するNTT料金を紹介します。

NTT接続利用料金(2~8チャンネル)

初期費用0円
月額費用1000円/1番号
500円/接続機材1台

接続機材1台で「ひかり電話(2チャンネル)」の着信は電話番号5個まで、発信は電話番号1個まで利用できます。2番号で発信させたい場合は接続機材が2台必要です。

「ひかり電話オフィスA(4~8チャンネル)」を利用すれば、発着信ともに使える電話番号は無制限。発信番号を使い分ける場合はその数の接続機材が必要です。

全国の地域電話番号に対応しないRakuten、KDDI、NURO回線の接続利用料金は、公式ページでご確認ください。

 

ナイセンクラウドの料金は「ナイセンクラウド利用料金接続利用料金」です。

料金シミュレーション

ナイセンクラウドの料金は、公式サイトから見積もり可能。

予定する内線数と外線数を入力すると、初期費用と月額費用をシミュレーションできます。結果は見積書としてダウンロードできます。

興味のある方はお試しください。

\公式サイトで概算見積り/

ナイセンクラウドが利用できる端末

ナイセンクラウドを利用するには、インターネット環境と端末が必要です。

利用できる端末は以下

  • スマートフォン(iPhone/Android)+無料アプリ
  • ヘッドセット&PC(Windows/mac)+無料アプリ
  • SIP対応のIP電話機
例えばこんなの

内線端末1台からスマホで固定電話ができる

ナイセンクラウドの1人用ライトプランを利用すれば、現在利用中または予定のひかり電話番号を外出先からでも、スマホから発着信できます。利用できる端末は1台だけです。

内線通話が可能なペアプラン以上にすれば、外線電話の引継ぎが遠隔地でも可能。ビジネスフォンとして利用できます。

通話料金は「ひかり電話」と同じ。着信に転送料金がかからないので、転送サービスよりもお得に使えます。

1人用ライトプランの見積もり例

1端末(スマホ)でNTTひかり電話1番号を利用するケースの見積もり

初期費用:10,000円

月額費用:3,500円(内訳は下記)
  • ナイセンクラウド利用料金:2,000円(ライトプラン・1内線)
  • NTT接続利用料金:1,000円(1番号・2チャンネル)
    接続機材(ゲートウェイ)レンタル料金:500円(1台)

上記の他に、ひかり電話の利用料金(基本料金、通話料金など)が毎月必要。金額は契約先のNTTまたは光コラボと変わらず。支払先も変わりません。

小規模officeには内線通話・内線転送(取次)

小規模な会社のビジネスフォン導入には、クラウドPBXがおすすめです。

スマホが会社の電話機として利用できます。出先からでも、固定電話の着信が受けられます。折り返し電話も固定電話番号からかけられます。

「ナイセンクラウド」の内線通話付きプランなら遠隔地でも内線通話が無料。ビジネスフォンと同様に、外出中のスタッフに外線をそのまま取り次ぐことができます。
もちろん、2台同時着信できます。事務所ではIP電話機、外ではスマホの使い分けが可能です。

発着信履歴をウェブで確認でき、留守番電話メールも付いてます。

PBXの設置を必要とする従来のビジネスフォンはもう必要ありません。

クラウドPBXは、携帯に比べ機能が劣る固定電話を一気にIT化できます!

 

\詳細は公式サイトで/

 

固定電話回線が不要な転送電話サービス

クラウドPBXではなく、固定回線が不要な転送電話サービスもあります。

NTTの転送電話「ボイスワープ」と違い、発信時も固定電話の番号でかけられます。

犯罪防止のため、現在はサービスの厳格化が審議されています。

それでも、利用できるサービスはあります。別記事で紹介しています。よろしければご覧ください。

スマートフォンで固定電話番号の発信着信ができる転送電話サービス
個人事業や少数事務所または起業予定の方、固定電話はどうしてますか? 費用面では、インターネット環境があれば「ひかり電話」が一番お得です。 携帯電話が普及しても、ビジネスに固定電話番号は不可欠。 初めての...

サービス
記事をシェアする
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました