IPv4(PPPoE)からIPv6(IPoE)+「IPv4 over IPv6」に接続変更で速度UP!

スポンサーリンク

IPv6-IPoE方式イメージ

フレッツ光を利用した光コラボは、IPv6接続ができます。

IPv6接続は、PPPoE方式IPoE方式の2種類。

PPPoE方式のIPv6は、従来のIPv4接続と同様、ISP(プロバイダ)を経由してインターネット接続します(トンネル方式)。

IPoE方式のIPv6は専用インフラを使い、ISP(プロバイダ)を経由することなく、ダイレクトにインターネットに接続します(ネイティブ方式)。

現在は、IPv6接続といえばIPoE方式。「IPv4 over IPv6」技術によりIPv4もPPPoE方式より快適にインターネットが利用できます。

本来IPv6とはインターネットプロトコルのバージョン。インターネット通信するうえでのルールです。通信速度を速くするためのシステムではありません

ではどうして
IPv6接続にすると、インターネット速度が速くなるのか?

先般契約した「DTI 光」IPv6(IPoE)接続の手続きと合わせて解説します。

スポンサーリンク

IPv4接続 PPPoE方式

トンネル

IPv4のアドレスは32ビット。
インターネットが普及した現代では、IPアドレス(グローバルアドレス)が何れ枯渇すると言われています。

IPアドレスとはインターネット上の識別番号。
11桁の携帯番号が飽和するイメージです。

枯渇するならばと登場したのが128ビットのIPv6。

32ビットのIPアドレスが約43億に対して、128ビットは・・・
計算できないほどの数ですw

PPPoE方式

IPv4接続のPPPoE方式は必ず、ISP(プロバイダ)と接続するためにネットワーク終端装置(NTE)を通過する必要があります。ネットワーク終端装置では、IDとパスワードによるユーザー認証が行われています。

夜間などアクセスが集中する時間帯、このネットワーク終端装置は混雑し、通信のボトルネックに。

つまり
「”高速インターネット”が高速に使えない」一因は
ISP(プロバイダ)を経由するPPPoE方式のIPv4接続にあります。

IPv6接続 IPoE方式

IPV6

引用:4466.jp

128ビットのIPv6は、接続方式がIPoE(新方式)とPPPoE(旧方式)の二種類あります。
IPv6本来の通信速度を引き出すことができるのは IPoE方式です。

主なプロバイダでは既に、IPv6はIPoE方式に移行されています。IPoE方式はIPv6専用のため、IPv4通信時はPPPoE方式が必要になります。

現在はIPv6未対応のサービスが殆どのため、IPv4接続は必要です。

しかし、IPv4が従来のPPPoE方式のままでは、通信の高速化は期待できません。

それを解消する技術が「IPv4 over IPv6」。

IPoE方式でも
IPv4は広い(大容量の)IPv6専用道路(回線)を通行(通信)することができます。

IPoE方式 IPv4 over IPv6(V6プラス)

IPv4 over IPv6

IPv4 over IPv6(V6プラス)」はIPv4をIPv6に変換(カプセル化)。
カプセル化:MAP-E方式、DS-Lite方式など

IPv6専用のIPoE方式からでも、IPv4のみに対応したサイトも閲覧できるのが「IPv4 over IPv6」です。旧式のPPPoE方式は必要ありません。

「IPv6にすると速くなる」のは、IPv4サイトにIPoE方式で接続できるからです。

 

VNE事業者IPv6

IPv6(IPoE)のインターネット接続は、ユーザー認証を必要とするISP(プロバイダ)を経由しません。

代わりにVNE(Virtual Network Enabler)と呼ばれる事業者経由でインターネット通信を行います。

VNE(接続事業者)とは
ISP(プロバイダ)向けにサービスを提供する会社(BtoB)

VNE事業者

2019年3月時点におけるVNE事業者は8者。

VNE事業者プロバイダ
BBIXSoftBank
日本ネットワークイネイブラー@nifty、GMO、DTI、他
インターネットマルチフィードIIJmio、So-Net、他
ビッグローブBIGLOBE
朝日ネットAsahi Net
NTTコミュニケーションズOCN、ぷらら、他
フリービット
アルテリアネットワークス

今後、事業者は16者まで増える予定。

 

<参考>ゲートウェイ名

  • 日本ネットワークイネイブラー(v4.enabler.ne.jp)
  • NTTコミュニケーションズ (ipoe.ocn.jp)

IPv6対応のサイト

IPv6に対応するサイトは想像以上に少ないです。

代表的なサイト

  • Google、You Tube
  • Facebook
  • Instagram
  • Wikipedia
  • Netfilix、AbemaTV、DAZNなど

Amazon、yahoo!、twitterですら未対応です(2019年8月時点)。

このことからもIPv6接続には「IPv4 over IPv6」が不可欠なのがわかります。

DTI光のIPv6(IPoE)+「IPv4 over IPv6」

先般契約した「DTI 光」をIPv6(IPoE)接続に変更したので、手続き方法を参考にご紹介します。

DTI光のIPv6サービスは申込制。初期設定はIPv4(PPPoE方式)。
ホームゲートウェイ(IPv6対応)があれば、Wi-Fiルーターを増設することなくIPv6(IPoE)接続が可能です。
※ONUの場合はWi-Fiルーター(IPv6対応)増設が必要

VNE事業者は日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)。無料でIPv6(IPoE)を利用できます。

ホームゲートウェイ

IPv6サービスの申し込みは、会員サポートサイト「My DTI」にて手続きします。
申し込みから2~3日後、自動的に切り替わります。

IPv6(IPoE)に切り替わると、ホームゲートウェイの設定画面から接続IDとパスワードが編集はできなくなり、PPPoE方式の接続IDとパスワードは無効になります。
接続設定の変更や機器を追加することなく、IPv4はPPPoE方式から「IPv4 over IPv6」に切り替わります。

DTI光以外の光コラボ

DTI光 IPv6(IPoE)接続の申し込み

IPoE手続き

「My DTI」の手続き画面

申込みに必要な「NTT お客さまID」は、契約時に送付された「開通のご案内」に記載されています。
開通工事時の「工事内容のお知らせ」にも記載されています。

※お客様IDが不明な場合はNTT(東日本西日本)にお問合せください

NTT工事内訳

IPv6(IPoE)接続の注意点|DTI光

IPv6(IPoE)接続サービスを利用する場合、以下のサービスはご利用いただけなくなります。

  • IP電話サービス(DTIフォン-C,DTIフォン-FC,DTIフォン-P含む)
  • 固定IPサービス
  • ダイナミックDNSサービス

また以下の条件にあてはまる場合、ご利用いただけない場合があります。

  • 特定のプロトコル (PPTP、SCTP) を利用するサービス
  • 利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス
  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

IPoE方式での接続完了後、従来のPPPoE接続はご利用いただけなくなります。
IPv4通信につきましても、IPoE方式でのインターネット接続が可能です

引用:DTI光

まとめ

  • IPv4アドレスはいずれ枯渇するので、現在はIPv6へ移行中である
  • 本来はIPv4接続とIPv6接続に通信速度の差はない
  • IPv6アドレスはNTT経由でプロバイダから割り当てられる
  • IPoE方式はIPv6だけに対応する
  • PPPoE方式の接続には接続IDとパスワードが必要
  • IPoE方式はVNE経由で接続IDとパスワードなしにインターネット接続ができる

夜間などに通信速度が極端に落ちる場合は、IPv6(IPoE)接続に変更することで解消できることがあります。

現状、IPv6に対応するWebサイトはgoogleやfacebookぐらいです。その他のサイトはIPv4でなければ接続できません。

IPoE方式「IPv4 over IPv6」はIPv4接続も可能、IPv6接続と同様に認証も必要としません。そのため、IPv6非対応のWebサイトにも、PPPoE方式より高速なアクセスが期待できます。

枯渇問題もあり、今後はIPv6(IPoE)接続がメインになるのは間違いありません。早めの準備も良いかもしれません。

光コラボ+IPv6(IPoE)接続

光コラボの回線はすべてフレッツ光回線。プロバイダを経由しないIPv6接続が可能です。

光コラボ=フレッツ光回線(NTT)+IPv6接続(VNE事業者)

つまり、どの光コラボ(プロバイダ)を選んでも
IPv6にすれば通信速度には大差がないことになります。

だったら、お得な光コラボを選びたいですよね。

\月額料金が安く、違約金なし/

光コラボ【DTI光】の料金とサービス、キャンペーンをわかりやすく解説
DTI 光とは「DTI 光」とは株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(Dream Train Internet)が提供する光回線サービス(光コラボレーション)。「DTI」はフレッツ光またはドコモ光のプロバイダとしてもサービスを提供して

 

DTI公式サイト
申込フォームから問い合わせ

 

スイッチングハブは1000Mbps対応品で
10/100Mbpsでは速度が頭打ちになります!

IPv6対応ルーターは購入しても1万円前後

スポンサーリンク
関連記事
回線
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました