IPv6ブーストで高速IPv6 IPoE通信できる!おすすめのWi-Fiルーター

スポンサーリンク

ipv6ブースト

出典:I-O DATA

インターネット通信をIPv6にすると、速くなるのはよく知るところです。

某日、「Wi-Fiルーターを替えると速くなる」との記事を見かけました。

速さの秘密は「IPv6ブースト」。

「IPv6ブースト」はWi-FiルーターのIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)通信でのデータ処理プログラムを見直し、ハードウェアの性能を最大限に発揮できるようチューニングを施した当社独自の技術です。
当社Wi-Fiルーターで通信を行う際のデータ処理の適正化を行うことで、最大で従来比約4倍の高速化を実現いたしました。

なんだか眉唾もんだな。本当かなー?

I-O DATA「IPv6ブースト」は、特定のWi-Fiルーターを対象に、ファームウェアのアップデートにて提供されています。

なんと、現在利用中のWi-Fiルーターが対象機種でした。しかも、既にアップデートされている。

なんだ
先月からIPv6ブーストだったみたい

そもそもWi-Fiルーターだけで、通信速度が本当に速くなるのか?

数値の上では、確かに速くなるようです。インターネットの低速でお悩みの方は試してみる価値ありです。

この記事では、I-O DATA「IPv6ブースト」についてご紹介します。回線事業者とWi-Fiルーター選びの参考になれば幸いです。

 

\IPv6について知りたい方はコチラ/
通信の高速化にPPPoE方式IPv4よりもIPoE方式IPv6接続がおすすめな訳
フレッツ光を利用した光コラボは、IPv6接続ができます。 IPv6接続は、PPPoE方式とIPoE方式の2種類。 PPPoE方式のIPv6は、従来のIPv4接続と同様、ISP(プロバイダ)を経由してインタ...
スポンサーリンク

I-O DATA、Wi-Fiルーターに「IPv6ブースト」提供

株式会社アイ・オー・データ機器(I-O DATA)はWi-Fiルーター用ファームウェア Ver.1.31から、「IPv6ブースト」機能の提供を開始しました。

「IPv6ブースト」機能とは、IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)通信を高速化するI-O DATA社独自の通信技術。従来比最大4.19倍(メーカー実測)の通信速度を実現します。

ファームウェアVer.1.31では、ひかりTV視聴時とVoIPアダプター、設定画面の動作も改善されています。また、Nintendo Switchで「スプラトゥーン2」をプレーした際にプライベートマッチができない場合がある件も修正されています。

ファームウェア更新は出荷時設定で「自動」になっています。

アップデート対象の機種
  • WN-AX1167GR2
  • WN-AX2033GR2
  • WN-DX1167R

ファームウェアはWN-AX1167GR2から配信され、2019年末までに対象機種すべてに配信されます。

IPv6ブーストに対応する機種

「IPv6ブースト」対応Wi-Fiルーターは、有線LAN速度が1Gbps。Wi-Fiは「360コネクト」技術で家中に電波が届きます。

MAP-E方式(v6プラス、v6オプション、OCNバーチャルコネクト)とDS-Lite方式のtransixにも対応します。

MAP-E、DS-Liteとは「IPv4 over IPv6」の通信方式。現在はMAP-E方式が主流です。

WN-AX1167GR2

WiFi無線LANルーター WN-AX1167GR2
アイ・オー・データ
¥4,050(2019/12/21 10:11時点)
  • [Wi-Fi]867Mbps(11ac)、300Mbps(11n)
  • [サイズ/重量]150(W)×83(D)×157(H)mm / 約250g(縦置き)
  • [利用目安]4LDK/3階建/接続台数16台

WN-AX2033GR2

WiFi無線LANルーター WN-AX2033GR2
アイ・オー・データ
¥6,179(2019/11/08 13:34時点)
  • [Wi-Fi]1733Mbps(11ac)、300Mbps(11n)
  • [サイズ/重量]180(W)×120(D)×186(H)mm(縦置き) / 約410g
  • [利用目安]4LDK/3階建/接続台数16台

WN-DX1167R

WiFi 無線LAN ルーター WN-DX1167R
アイ・オー・データ
¥6,028(2019/12/01 20:38時点)
  • [Wi-Fi]867Mbps(11ac)、300Mbps(11n)
  • [サイズ/重量]150(W)×87(D)×150(H)mm(縦置き) / 約250g
  • [利用目安]4LDK/3階建/接続台数16台

<参考>無線LANの通信規格

無線LANには国際標準規格があります。
例えば「11n」と表記された場合、正確には「IEEE(アイ・トリプルイー)802.11n」です。

現在普及している規格は下記の5規格。それぞれ周波数帯と最大通信速度が異なります。

規格周波数帯最大通信速度
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11a5GHz54Mbps
IEEE802.11n2.4GHz600Mbps
5GHz
IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps

5GHzは2.4GHzよりも通信速度が向上しますが、通信距離が短くなるデメリットがあります。

高額なWiFiルーターには、新しい規格が採用されています。

IEEE802.11ad60GHz6.8Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4GHz9.6Gbps
5GHz

WN-AX1167GR2のアップデート

管理画面

<ルーター設定画面>

Wi-Fi無線LANルーター「WN-AX1167GR2」を光コラボ「ぷらら光」からレンタルしています。

ぷらら光のIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続サービス(ぷららv6エクスプレス)はMAP-E(OCNバーチャルコネクト)方式です。

ファームウェアVer.1.31のアップデートを確認後、速度テストを試みました。

測定データ

測定は平日の夜10時半ごろ。

GoogleFast、2つのサイトでテストしました。

スピードテスト

<Google(M-Lab)>

FAST

<FAST.com>

単純に比較はできませんが、アップデート前(約4カ月前)の同時間帯「Googleスピードテスト」より速くなっています。どちらもテストを繰り返し、平均値に近い数値です。

スピードテスト1

<アップデート前>

どちらのテストサイトもIPv6対応のようです。

IPv4(IPv4 over IPv6)とIPv6を分けて測定できないか?と探したところ、「Wild Speed」が見つかりました。こちらでも試してみることに。

IPV4

IPV6

アップロードの数値が大幅に下がりましたが、ダウンロードの数値はGoogle、FASTと大体同じです。

インターネット通信速度が最大4倍速に

I-O DATA公式サイトの測定データによると

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)通信において、従来のファームウェアとアップデート後のIPv6ブーストを比較した場合

MAP-E方式のIPv4受信で最大3.21倍。DS-Lite方式のIPv4送信で最大4.19倍です。

I-O DATA 測定データ

公式データを見る限りでは、「IPv6ブースト」高速化はDS-Lite環境に効果があるようです。

MAP-E方式の光インターネット

MAP-E方式「IPv4 over IPv6」を提供する、主な光インターネット回線事業者

  • ドコモ光(ドコモnet以外)
  • So-net光
  • ぷらら光
  • DTI光

ドコモ光

2年契約・自動更新

月額料金
戸建住宅:5,200円~
集合住宅:4,000円~

ドコモ光はプロバイダが自由に選べる唯一の光コラボ。

「ドコモnet」以外からプロバイダを選択すると、「IPv4 over IPv6」はMAP-E方式になります。

【ドコモ光】でケータイ/スマホの料金を安く、キャッシュバックをもらう方法
ドコモ光とはドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。形式上は回線とインタネット接続を同時に提供する光コラボですが、内容的には従来のフレッツ光回線+プロバイダと違いはありません

So-net光

3年契約・自動更新

月額料金
戸建住宅:3,780円(5,580円)
集合住宅:2,780円(4,480円)
※( )内は37ヵ月以降

月額料金の安さが魅力ですが、3年契約です。4年目からは料金がかなり上がります。

【So-net光プラス】はauスマートバリューが魅力の光コラボ
So-net光 プラスとは『So-net光 プラス』はソニーグループのインターネットプロバイダー「So-net・ソネット」が運営する光コラボレーション。So-netは「フレッツ光」「ドコモ光」「auひかり」のプロバイダでもあります。同じフレ

ぷらら光

契約期間なし

月額料金
戸建住宅:4,800円
集合住宅:3,600円

契約期間なし、月額料金も安いです。

【ぷらら光】は契約縛りなし、転用または賃貸におすすめの光コラボ
ぷらら光とは「ぷらら光」はNTTコミュニケーションズグループのNTTぷららが運営する光コラボレーション。NTT東日本・西日本のフレッツ光回線とインターネット接続サービス「ぷらら」をひとつにした光コラボレーション「ぷらら光」は、通信速度最大1

DTI光

契約期間なし

月額料金
戸建住宅:4,800円
集合住宅:3,600円

契約期間なし、月額料金も安いです。開通工事が必要な場合は、キャッシュバックがあります。

光コラボ【DTI光】の料金とサービス、キャンペーンをわかりやすく解説
DTI 光とは「DTI 光」とは株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(Dream Train Internet)が提供する光回線サービス(光コラボレーション)。「DTI」はフレッツ光またはドコモ光のプロバイダとしてもサービスを提供して

DS-Lite方式の光インターネット

DS-Lite方式の「IPv4 over IPv6」を提供する光インターネット回線事業者

  • ドコモ光(ドコモnet)※「OCNバーチャルコネクト」と併用
  • excite MEC光
  • IIJmioひかり
  • enひかり

ぷらら光は当初DS-Lite方式でしたが、現在はOCNバーチャルコネクトを提供しています。

ドコモ光(ドコモnet)

2年契約・自動更新

月額料金(ドコモnet)
戸建住宅:5,200円
集合住宅:4,000円

ドコモ光はMAP-E方式ですが、プロバイダ「ドコモnet」だけは、DS-Lite(transix)とMAP-E(OCNバーチャルコネクト)方式を併用しています。

【ドコモ光】でケータイ/スマホの料金を安く、キャッシュバックをもらう方法
ドコモ光とはドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。形式上は回線とインタネット接続を同時に提供する光コラボですが、内容的には従来のフレッツ光回線+プロバイダと違いはありません

excite MEC光

契約期間なし

月額料金
戸建住宅:4,500円
集合住宅:3,500円

契約期間なし、月額料金も安いです。
DS-Lite方式を確実に選択できます。

まとめ

実際にテスト数値を見ると、「IPv6ブースト」は確かに効果があるようです。ルーターのファームウェアをアップデートするだけで、速くなるのは驚きです。

正直なところ、「前よりも速くなった」とは実感できていません。アップデートも知らない間の出来事でした。

インターネット環境以前に、パソコンが古く、動作が重いせいかもしれません。そもそも通信環境に特に不満がありません。

IPv6(IPoE)を利用中なのに通信が低速な場合は、Wi-Fiルーターの買い替えを検討してみる価値はあります。

今はまだIPv6は必要ないという人も、もしWi-Fiルーターを買い替えるなら、先を見据えて「IPv6ブースト」機能付きにしておくと安心です。

注意

本記事で紹介した回線事業者のIPv6(IPoE)通信方式は、今後変更になることもあります。

I-O DATA公式サイト「IPv6(IPoE)接続動作確認済みサービス一覧&対応機器」にて対応機種をご確認ください。

IPv6(IPoE)接続動作確認済みサービス一覧&対応機器 | IODATA アイ・オー・データ機器
IODATAの高速なIPv6に対応した無線LANルーター

 

スポンサーリンク
関連記事
家電・ガジェット
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました