NECのAterm Wi-Fiルーターはブースト機能【IPv6 High Speed】で3倍速!

スポンサーリンク

IPv6 High Speed

次世代ホームネットワーク「Wi-Fi6(11ax)」は最大速度が9.6Gbps。

現在普及している5GHzの「11ac」でも最大速度は6.9Gbps。NTTフレッツ光回線の最大速度1Gbpsと比べても高速です。

「10Gbps回線」のサービスを提供する回線事業者はまだ少数。約10Gbpsの「Wi-Fi6」に興味はあっても、まだ「11ac」で十分かな、と思ってます。

とは言え、少しでも高速なWi-Fiルーターを利用したい方も多いはずです。

IPv6接続が可能な環境であれば、高価な「Wi-Fi6」対応Wi-Fiルーターでなくても、「11ac」対応Wi-Fiルーターから高速にインターネットができる技術があります。

「ブースト機能」です。

本記事では、NECのブースト機能【IPv6 High Speed】に対応したWi-Fiルーターについて紹介します。

スポンサーリンク

NEC独自技術のブースト機能「IPv6 High Speed」

IPv6 High Speed

出典:Aterm Station

IPv6は通信の高速化を実現します。通常のIPv6通信をさらに加速させるのがルーターのブースト機能です。

NEC独自技術のブースト機能「IPv6 High Speed」は、IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)のスピードアップを可能にします。映画やゲーム、大容量コンテンツをスムーズにダウンロードできるようになります。

NECプラットフォームズのWi-Fiルーター「Aterm」

NECプラットフォームズ株式会社が提供する、ブースト機能【IPv6 High Speed】搭載の無線LANルーターをピックアップします。

有線LANはすべて1000BASE-Tの伝送速度1000Mbps(1Gbps)です。

Aterm WG2600HP3

4ストリームプレミアムモデル
ブースト機能「IPv6 High Speed」はIPv6通信を約3倍高速化します。

WG2600HP3

Aterm WG2600HP3
NEC
¥11,600(2020/02/06 14:05時点)

無線速度:1733Mbps(11ac)+800Mbps(11n)

Aterm WG2600HS

4ストリームプレミアムモデル

NEC Aterm WG2600HS PA-WG2600HS
NEC
¥8,800(2020/06/04 16:42時点)
のまログ2.0

無線速度:1733Mbps(11ac)+800Mbps(11n)

Aterm WG1900HP2

3ストリームプレミアムモデル
ブースト機能「IPv6 High Speed」はIPv6通信を約2.5倍高速化します。

WG1900HP2

無線速度:1300Mbps(11ac)+600Mbps(11n)

Aterm WG1800HP4

3ストリームプレミアムモデル

無線速度:1300Mbps(11ac)+450Mbps(11n)

Aterm WG1200HP3

2ストリームプレミアムモデル
ブースト機能「IPv6 High Speed」はIPv6通信を約2倍高速化します。

WG1200HP3

無線速度:867Mbps(11ac)+300Mbps(11n)

Aterm WG1200HS3

2ストリームプレミアムモデル

無線速度:867Mbps(11ac)+300Mbps(11n)

Wi-Fiの方が速い

「インターネットは有線(ケーブル)接続の方が速い」はもう過去のこと。いつの間にか、Wi-Fi接続の方が有線よりも通信速度が速くなっています。

Wi-Fi「11ac」の通信速度は製品によって最大速度が変わります。

これとは別に、IPv6通信の速度を高速化するのがブースト機能(IPv6 High Speed)です。

無線LANの通信規格

無線LANは国際標準規格です。

規格周波数帯最大通信速度
11n2.4GHz600Mbps
5GHz
11ac5GHz6.9Gbps

正確には、11nは「IEEE802.11n」。11acは「IEEE802.11ac」。IEEEの読み方は「アイ・トリプルイー」。

上記の他に、低速な11b、11g、11a規格もあります。

5GHzは2.4GHzよりも通信速度が向上しますが、通信距離が短くなるデメリットがあります。

IPv6接続確認済み回線事業者と対応製品

NEC公式サイトでは、Aterm(エーターム)で接続確認を行った通信事業者と通信サービス名を公開しています。

IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続確認済みリスト|動作検証情報|サポートデスク|AtermStation
NECのWi-Fiルータ・モバイルルータ製品「Aterm(エーターム)」の情報サイト。11ac対応ルータ、モバイルルータ、ポータブルルータなど製品の詳細情報から、Wi-Fi(無線LAN)の便利な使い方まで豊富な情報を提供しています。

IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)の通信方式は4種類。

  • v6プラス
  • IPv6オプション
  • transix
  • OCNバーチャルコネクト。

すべてに対応する製品は「WG1200HS3(Ver.2.1以降)」のみ。その他の製品は、OCNバーチャルコネクト以外のすべてに対応します。

回線事業者は将来、通信方式を変更することもあります

OCNバーチャルコネクトならI-O DATE製品

OCNバーチャルコネクト方式を採用する回線事業者は、2019年12月時点で、ぷららとDTIです。

OCNバーチャルコネクトの場合はI-O DATEのルーターがおすすめです。

NEC同様に、I-O DATE独自の「IPv6ブースト」機能付きWi-Fiルーターを提供。OCNバーチャルコネクトにも対応しています。

 

\I-O DATEのルーターを紹介/
IPv6ブーストで高速IPv6 IPoE通信できる!おすすめのWi-Fiルーター
出典:I-O DATA インターネット通信をIPv6にすると、速くなるのはよく知るところです。 某日、「Wi-Fiルーターを替えると速くなる」との記事を見かけました。 速さの秘密は「IPv6ブースト...

まとめ

IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続にブースト機能を利用すれば、Wi-Fiルーターの通信速度がさらに速くなります。

NECのブースト機能「IPv6 High Speed」に対応する、AtermシリーズのWi-Fiルーターは種類が豊富。予算や使い方に合わせて選べます。ただし、ぷららとDTIでは利用できない場合があります。

OCNバーチャルコネクト方式のIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続には、I-O DATEのWi-Fiルーターをおすすめします。ブースト機能も利用できます。

 

IPoE方式のIPv6接続がPPPoE方式のIPv4よりも通信が高速になる理由
フレッツ光を利用した光コラボは、IPv6接続ができます。 IPv6接続は、PPPoE方式とIPoE方式の2種類。 PPPoE方式のIPv6は、従来のIPv4接続と同様、ISP(プロバイダ)を経由してインタ...
ホームゲートウェイ+ルーターでIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)接続する設定方法
光コラボの事業者変更にともない、ホームゲートウェイ(PR-500KI)の接続変更を行いました。 IPv6接続サービスは継続利用します。 同じIPoE(IPv4 over IPv6)方式でも、事業者が変われ...

 

スポンサーリンク
関連記事
家電・ガジェット
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

初回限定 キャンペーン
5,000円チャージで1,000ポイントがもらえる!

さらに
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました