ホームゲートウェイ+ルーターでIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)接続する設定方法

スポンサーリンク

ホームゲートウェイとルーター

光コラボの事業者変更にともない、ホームゲートウェイ(PR-500KI)の接続変更を行いました。

IPv6接続サービスは継続利用します。

同じIPoE(IPv4 over IPv6)方式でも、事業者が変われば接続パターンも変わるケースがあるようです。

今回の事業者変更は「DTI光」→「ぷらら光」。
IPv6接続は「v6プラス」→「OCNバーチャルコネクト」。

この記事では、IPv6接続サービス変更によるホームゲートウェイの設定変更方法を解説します。すべての光コラボ&ホームゲートウェイにあてはまるものではありません。ご了承ください。

スポンサーリンク

IPv6対応ホームゲートウェイで「IPv4 over IPv6」

事業者変更前

  • 回線事業者(光コラボ):DTI 光
  • VNE事業者(IPoE接続事業者):日本イネイブラー
  • IPv6接続サービス名:v6プラス

「DTI 光」のIPv6サービス(v6プラス)はインターネット開通後に申し込みが必要です。

OUNまたはホームゲートウェイの接続は下図のとおり。

onu光回線終端装置「ONU」

ホームゲートウェイ光回線終端装置「ホームゲートウェイ」

  • 「ONU」は光-デジタルの信号変換行う装置
  • 「ホームゲートウェイ」はONU、ひかり電話、ルーター機能がある装置

ONUを利用する場合は、IPv6に対応するWi-Fiルーターが必要になります。
ホームゲートウェイ(IPv6対応)の場合は、そのままIPv6接続できます。

PR500KI前面
PR500KI後面

写真のホームゲートウェイはIPv6に対応するNTTのPR-500KI。

DTI光PPPoE接続

PR-500KIの設定画面。パソコンのブラウザーからPR-500KIの設定画面にアクセス(192.168.1.1)できます。

IPv6サービスを契約中は、接続先設定(IPv4 PPPoE)画面の「編集」ボタンが無効(グレーアウト)になり、操作できません。
IPv4はPPPoE方式では「未接続」、IPoE(IPv4 over IPv6)方式で接続します。

インターネット開通時はPPPoE方式なので「接続中」でした。IPv6サービスの開始後は「未接続」になります。切り替え作業はすべて回線事業者側で行います。

IPv6サービスを解約しない限り、接続先設定(IPv4 PPPoE)は「編集」ができません。

2019年6月26日、DTI光は「OCNバーチャルコネクト」サービスの提供を開始。上記は以前の「v6プラス」の内容になります。

IPv6対応のWi-FiルーターからIPv4 over IPv6

事業者変更後

  • 回線事業者(光コラボ):ぷらら光
  • VNE事業者(IPoE接続事業者):NTTコミュニケーションズ
  • IPv6接続サービス名:ぷららv6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト)

IPv6サービスの申し込みなしでIPv6を利用できる「ぷらら光」は、ホームゲートウェイだけでは、IPv4接続はPPPoE方式になります。

これではIPv6サービスのメリットが十分に生かせません。

IPv4もIPoE(IPv4 over IPv6)方式で接続するには、IPv6対応のホームゲートウェイがある場合でも、別にIPv6対応Wi-Fiルーターが必要になります。

ホームゲート&ルーター

IPv4サイトにアクセスできない?

事業者変更による解約後、新事業者からインターネットに接続すると、ホームページページが閲覧できない?

このとき、Googleのサービス(検索、Gmail、ドライブなど)に繋がれば、IPv6接続はできています。IPv4のサイトが閲覧できない状態です。

このとき、IPv4接続をPPPoE方式にすれば、一旦解決できます。

IPv4に接続するには、パソコンのブラウザーからPR-500KIにアクセス(http://192.168.1.1)。

ぷらら光PPPoE接続

接続先設定(IPv4 PPPoE)画面、状態が「未接続」ならば「接続中」に切り替えます。

手順は
接続可をチェック後、操作「編集」ボタンから新事業者のユーザーIDとパスワードを設定。

IPoE接続状態IPv4 PPPoE 「未接続

PPPoE接続状態IPv4 PPPoE 「接続中

IPv4 PPPoEの接続は、ホームゲートウェイの「PPP」ランプでも確認できます。

以上で、インターネットが利用できます。

<まとめ>
  • IPv4サイトは PPPoE方式で接続
  • IPv6サイトは IPoE方式で接続

 

何か変ですね?

OCNバーチャルコネクトは対応ルーターが必要

IPv4 PPPoEの接続でも問題はありませんが、光コラボのIPv6サービスはIPoE(IPv4 over IPv6)が利用できます。

「IPv4 over IPv6」とは、IPv4サイトもIPv6接続で閲覧できる技術です。

限られたIPv6サイトのためだけにIPv6接続をしても、通信の高速化は期待できません。

ぷらら光エクスプレス(OCNバーチャルコネクト)の「IPv4 over IPv6」を利用するには、ルーターが別に必要です。ホームゲートウェイを利用中の場合はルーター機能を無効にして、新たにOCNバーチャルコネクト対応ルーターを接続させます。

ぷらら光は無料でルーターがレンタルできます

 

無料レンタルしたルーターはコレ
Wi-FiルーターWN-AX1167GR
アイ・オー・データ
OCNバーチャルコネクト対応 Wi-Fi 867Mbps(11ac)

IPv4 PPPoEを無効にする

ぷらら光PPPoE切断

ホームゲートウェイにIPv6(OCNバーチャルコネクト)対応ルーターを接続する場合は、IPv4 PPPoEを解除しなければなりません。

状態「接続中」を「未接続」に切り替えます。
手順は
接続/切断の「切断」ボタンをクリック、接続可のチェックを解除。

PPPoE→IPoE(IPv4 over IPv6)の確認

本当にIPv4サイトがIPv6で接続されているのか?

確認をするには、ルーター増設の前後に自分のIPアドレス情報を調べます。表示された情報のゲートウェイ名の変化でわかります。

「ぷらら光」の場合
※ぷららv6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト)

ゲートウェイが「plala.or.jp」の場合はIPv4(PPPoE)

ルーター設置前(PPPoE方式)のIPv4IP-plala

出典「確認くん

ゲートウェイが「ocn.ne.jp」に変わればIPv6(IPoE)

ルーター設置後(IPoE方式)のIPv4IP-OCN

出典「確認くん

※ぷらら光のVNE事業者はNTTコミュニケーションズ

Wi-Fiルーター「WN-AX1167GR2」管理画面

利用中のルーター管理画面(http://192.168.0.1)からも接続状況が確認できます。

ルーター管理画面

ステータス
インターネット設定には「接続方法:OCNバーチャルコネクト」が表示されています。

ルーター管理画面

インターネットへの接続設定方法は「IPv4 over IPv6(MAP-E)」を選択。

 

\レンタル品よりも高速なタイプ/
Wi-FiルーターWN-AX2033GR2
アイ・オー・データ
OCNバーチャルコネクト対応 Wi-Fi 1733Mbps(11ac)

PPPoE接続とIPoE接続の通信速度比較

スピードテスト
検索

事業者変更後(ぷらら光)の通信速度をGoogle検索ページから測定。ホームゲートウェイを切り替え、IPv4(PPPoE)接続とIPv6(IPoE)接続で比較してみました。

スピードテスト1

画像はIPv6の平均的な速度。速度テストはタイミング次第で数値が大きく変わります。

比較は難しく、IPv4の速度と大した違いはみられません。

元々、「通信が混み合う」認識はありませんでした。現状に不満がある場合は、通信速度が改善されるかもしれません。

 

アップデートで速くなった!

IPv6ブーストで高速IPv6 IPoE通信できる!おすすめのWi-Fiルーター
出典:I-O DATA インターネット通信をIPv6にすると、速くなるのはよく知るところです。 某日、「Wi-Fiルーターを替えると速くなる」との記事を見かけました。 速さの秘密は「IPv6ブースト...

最後に

NTTコミュニケーションズ オフィシャルサイトより
OCNバーチャルコネクトサービスのIPv4 over IPv6接続に対応したホームゲートウェイ及びブロードバンドルーターが確認できます。

対応端末表を見ると、ホームゲートウェイ「PR-500シリーズ」があります。それでも対応できないケースがあるみたいです。

DTI光のIPv6接続サービスは現在、「v6プラス」から「OCNバーチャルコネクト」に変更しています。
公式サイトリリース

ぷらら光エクスプレスは当初「transix(DS-Lite)」を提供していましたが、2018年9月(8月?)以降は「OCNバーチャルコネクト」を提供しているようです。
※併用か?

通信技術&サービスは目まぐるしく変化します。過去の情報が氾濫して、どれが正確で最新の情報なのか、判断が難しいです。

本記事は、2019年8月、DTI光(v6プラス)からぷらら光(OCNバーチャルコネクト)への変更、実体験です。利用するVNE事業者や通信方式または契約時期で、記事の内容と異なる場合があります。

 

通信速度については、回線事業者を変更しIPv6接続サービスも変わりましたが、速度に大きな変化はみられませんでした。

初めてIPv4からIPv6に変更したときもそうでしたが

現状に不満がなければ「無理に変える必要はない」が結論となりました。

 

ひかり電話を利用する場合は、ホームゲートウェイだけでIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)接続できるのが好ましい。ルーターの設置に場所とコンセントが更に必要だからです。

現状2台並べてます。

ホームゲートウェイ1台に戻そうか検討中。速度が変わらないならねー。

【DTI光→ぷらら光】光コラボの事業者変更をやってみた
光コラボの事業者変更をしました。おすすめ記事 光コラボ事業者とは、変更の手順新しく始まった制度のため、直ぐに正確な情報を事業者から得るが困難でした。両事業者に電話問い合わせをするも、異なるアドバイスに戸惑うばかり。正しいと思われる情報に行き

 

スポンサーリンク
関連記事
回線
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました