ホームゲートウェイ+ルーターでIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)接続する設定方法

スポンサーリンク

ホームゲートウェイとルーター

光コラボの事業者変更にともない、ホームゲートウェイ(PR-500KI)の接続変更を行いました。

IPv6接続サービスは継続利用します。

同じIPoE(IPv4 over IPv6)方式でも、事業者が変われば接続パターンも変わるケースがあるようです。

今回の事業者変更は「DTI光」→「ぷらら光」。
IPv6接続は「v6プラス」→「OCNバーチャルコネクト」。

この記事では、IPv6接続サービス変更によるホームゲートウェイの設定変更方法を解説します。すべての光コラボ&ホームゲートウェイにあてはまるものではありません。ご了承ください。

スポンサーリンク

IPv6対応ホームゲートウェイで「IPv4 over IPv6」

事業者変更前

  • 回線事業者(光コラボ):DTI 光
  • VNE事業者(IPoE接続事業者):日本イネイブラー
  • IPv6接続サービス名:v6プラス

「DTI 光」のIPv6サービス(v6プラス)はインターネット開通後に申し込みが必要です。

OUNまたはホームゲートウェイの接続は下図のとおり。

onu光回線終端装置「ONU」

ホームゲートウェイ光回線終端装置「ホームゲートウェイ」

  • 「ONU」は光-デジタルの信号変換行う装置
  • 「ホームゲートウェイ」はONU、ひかり電話、ルーター機能がある装置

ONUを利用する場合は、IPv6に対応するWi-Fiルーターが必要になります。
ホームゲートウェイ(IPv6対応)の場合は、そのままIPv6接続できます。

PR500KI前面
PR500KI後面

写真のホームゲートウェイはIPv6に対応するNTTのPR-500KI。

DTI光PPPoE接続

PR-500KIの設定画面。パソコンのブラウザーからPR-500KIの設定画面にアクセス(192.168.1.1)できます。

IPv6サービスを契約中は、接続先設定(IPv4 PPPoE)画面の「編集」ボタンが無効(グレーアウト)になり、操作できません。
IPv4はPPPoE方式では「未接続」、IPoE(IPv4 over IPv6)方式で接続します。

インターネット開通時はPPPoE方式なので「接続中」でした。IPv6サービスの開始後は「未接続」になります。切り替え作業はすべて回線事業者側で行います。

IPv6サービスを解約しない限り、接続先設定(IPv4 PPPoE)は「編集」できません

2019年6月26日、DTI光は「OCNバーチャルコネクト」サービスの提供を開始。上記は以前の「v6プラス」の内容になります。

IPv6対応のWi-FiルーターからIPv4 over IPv6

事業者変更後は以下の通り

  • 回線事業者(光コラボ):ぷらら光
  • VNE事業者(IPoE接続事業者):NTTコミュニケーションズ
  • IPv6接続サービス名:ぷららv6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト)

※2019年11月以前の申し込み

ぷらら光のIPv6サービスは申し込みが必要ありません。ただし、ホームゲートウェイだけでは、IPv4はPPPoE方式になります。

これではIPv6接続サービスのメリットが十分に生かせません。

IPv4もIPv6と同じIPoE方式で接続するには、ホームゲートウェイとは別にIPv6対応のルーターが必要です。

ホームゲート&ルーター

IPv4サイトにアクセスできない?

事業者変更による解約後、新事業者からインターネットに接続すると、ホームページページが閲覧できない?

このとき、Googleのサービス(検索、Gmail、You Tubeなど)に繋がれば、IPv6接続はできています。これはIPv4向けのサイトが閲覧できない状態です。ほとんどのサイトはIPv6接続では閲覧ができません。

IPv4サイトに接続するには、接続先設定を変更します。パソコンのブラウザーからホームゲートウェイのPR-500KIにアクセス(http://192.168.1.1)。

ぷらら光PPPoE接続

接続先設定(IPv4 PPPoE)画面、状態が「未接続」ならば「接続中」に切り替えます。

手順は
接続可をチェック後、操作「編集」ボタンから新事業者のユーザーIDとパスワードを設定。

IPoE接続状態IPv4 PPPoE 「未接続

PPPoE接続状態IPv4 PPPoE 「接続中

IPv4 PPPoEの接続は、ホームゲートウェイの「PPP」ランプでも確認できます。

以上で、IPv4サイトも閲覧できます。

<まとめ>
  • IPv4サイトは PPPoE方式で接続
  • IPv6サイトは IPoE方式で接続

 

何か変ですね?

OCNバーチャルコネクトは対応ルーターが必要

IPv4 PPPoEの接続でも問題はありませんが、光コラボのIPv6サービスはIPoE(IPv4 over IPv6)が利用できます。

「IPv4 over IPv6」とは、IPv4向けのサイトもIPv6接続から閲覧できる技術です。

限られたIPv6サイトのためだけにIPv6接続をしても、通信の高速化は期待できません。

ぷらら光エクスプレスでは「IPv4 over IPv6(OCNバーチャルコネクト)」を利用するには、ルーターが別に必要です。ホームゲートウェイを利用中の場合は、ルーター機能を無効にして、新たにOCNバーチャルコネクト対応ルーターを接続させなければなりません。

ぷらら光は無料でルーターがレンタルできます

 

無料レンタルしたルーターはコレ
Wi-FiルーターWN-AX1167GR
アイ・オー・データ
OCNバーチャルコネクト対応 Wi-Fi 867Mbps(11ac)

再びIPv4 PPPoEを無効にする

ぷらら光PPPoE切断

ホームゲートウェイにIPv6(OCNバーチャルコネクト)対応ルーターを接続する場合は、IPv4 PPPoEを解除しなければなりません。

状態「接続中」を「未接続」に切り替えます。
手順は
接続/切断の「切断」ボタンをクリック、接続可のチェックを解除。

PPPoE→IPoE(IPv4 over IPv6)の確認

本当にIPv4サイトがIPv6で接続されているのか?

確認をするには、ルーター増設の前後に自分のIPアドレス情報を調べます。表示された情報のゲートウェイ名の変化でわかります。

「ぷらら光」ぷららv6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト)
の場合

ゲートウェイが「ap.plala.or.jp」の場合はIPv4(PPPoE)接続

ルーター設置前(PPPoE方式)のIPv4IP-plala

出典「確認くん

ゲートウェイが「ipoe.ocn.ne.jp」に変わればIPv6(IPoE)接続

ルーター設置後(IPoE方式)のIPv4IP-OCN

出典「確認くん

※ぷらら光のVNE事業者はNTTコミュニケーションズ

Wi-Fiルーター「WN-AX1167GR2」管理画面

利用中のルーター管理画面(http://192.168.0.1)からも接続状況が確認できます。

WN-AX1167GR2-ステータス

ステータス
インターネット設定には「接続方法:OCNバーチャルコネクト」が表示されています。

ルーター管理画面

インターネットへの接続設定方法は「IPv4 over IPv6(MAP-E)」を選択。

 

無料でレンタルできる「WN-AX1167GR2」よりも1ランク上の「WN-AX2033GR2」もあります。

\レンタル品よりも高速なタイプ/
Wi-FiルーターWN-AX2033GR2
アイ・オー・データ
OCNバーチャルコネクト対応 Wi-Fi 1733Mbps(11ac)

<お知らせ>ぷらら光、HGWによるIPoE接続が可能に

ぷらら光は、2019年12月1日以降の申し込みから
ホームゲートウェイ(HGW)によるIPv4 over IPv6接続が可能に

新規契約者限定ですが、ぷらら光はホームゲートウェイだけでもIPv4 over IPv6接続が可能になりました。従来通りWi-FiルーターをLANケーブル接続し、併用することも可能です。

設定方法は、ぷらら光「マイページ」
「ぷららv6エクスプレス(IPoE方式接続)ご利用状況」→ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続から手続きします。

ホームゲートウェイIPoE接続

2019年11月30日以前に申し込みした場合
本記事で紹介した通り、IPv6(OCNバーチャルコネクト)対応ルーターが必要になります。

ぷらら光「マイページ」に手続きが表示されても、設定を変更することはできません。

出典:ぷらら光

ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続利用について

plalaマイページに
ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続利用についての注意事項が追加されました。

  • ホームゲートウェイ(HGW)の型番が300番台以降である必要があります。
  • ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を利用した場合、IPoE方式接続となり、PPPoE方式による接続はできません。
  • 現在、対応ルーターでIPoE接続している場合は、ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を「ON」にすることで、通信ができなくなる場合があります(対応ルーターでIPoE接続中にホームゲートウェイ(HGW)へIPoE接続を可能にするためのソフトウェアが配信されると通信ができなくなります)。
    ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を「ON」に変更する場合は、事前にホームゲートウェイ(HGW)からPPPoE接続を行い、対応ルーターをAP(ブリッジ)モードに変更するか、配線から切り離してください。
    万一、対応ルーターでIPoE接続中にソフトウェアが配信され、通信ができなくなってしまった場合は、対応ルーターを再起動してください。
    再起動しても改善しない場合は、対応ルーターを初期化(工場出荷時の状態に戻す)するか、動作モードを手動でAP(ブリッジ)モードに設定してください。
  • IPoE方式による接続の場合、以下のサービスはご利用いただけません。
    <IPoE方式接続で利用できないサービス>

    • ネットバリアベーシック/ぷららフォン for フレッツ/ダイナミックDNSサービス/ダブルルートオプションサービス
    • SMTP(25番ポート)からのメール送信
    • 外部へのサーバー公開
    • 一部のオンラインゲーム等、特定ポートまたは複数ユーザでIPv4グローバルアドレスを共有した場合に利用できないサービス
      ※その他、利用可能なポート番号、ポート数に制限があります。

PPPoE接続とIPoE接続の通信速度比較

スピードテスト
検索

事業者変更後(ぷらら光)の通信速度をGoogle検索ページから測定。ホームゲートウェイを切り替え、IPv4(PPPoE)接続とIPv6(IPoE)接続で比較してみました。

スピードテスト1

画像はIPv6の平均的な速度。速度テストはタイミング次第で数値が大きく変わります。

比較は難しく、IPv4の速度と大した違いはみられません。

元々、「通信が混み合う」認識はありませんでした。現状に不満がある場合は、通信速度が改善されるかもしれません。

 

アップデートで速くなった!

IPv6ブーストで高速IPv6 IPoE通信できる!おすすめのWi-Fiルーター
出典:I-O DATA インターネット通信をIPv6にすると、速くなるのはよく知るところです。 某日、「Wi-Fiルーターを替えると速くなる」との記事を見かけました。 速さの秘密は「IPv6ブースト...

最後に

NTTコミュニケーションズのオフィシャルサイトでは
OCNバーチャルコネクトサービスのIPv4 over IPv6接続に対応したホームゲートウェイ及びブロードバンドルーターの「対応端末」が確認できます。

DTI光のIPv6接続サービスは現在、「v6プラス」から「OCNバーチャルコネクト」に変更しています。
公式サイトリリース

ぷらら光エクスプレスは当初「transix(DS-Lite)」を提供していましたが、2018年9月(8月?)以降は「OCNバーチャルコネクト」を提供しているようです。
※併用か?

2019年12月より、ぷらら光はホームゲートウェイのみでIPv4 over IPv6(OCNバーチャルコネクト)に対応可能になりました。

通信技術&サービスは目まぐるしく変化します。過去の情報が氾濫して、どれが正確で最新の情報なのか、判断が難しいです。

本記事は、2019年8月、DTI光(v6プラス)からぷらら光(OCNバーチャルコネクト)への変更、実体験です。利用するVNE事業者や通信方式または契約時期で、記事の内容と異なる場合があります。


\なんと/

楽天ひかりが1年タダー!
もう一度、事業者変更するか?

因みに、楽天ひかりのIPv4 over IPv6はtransix(DS-Lite)方式です。対応ルーターもタダでもらえます。

 

スポンサーリンク
関連記事
回線
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

初回限定 キャンペーン
5,000円チャージで1,000ポイントがもらえる!

さらに
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました