YouTubeをキャストすると「キュー」が残る! Chromecast with GoogleTV

スポンサーリンク

Chromecast with GoogleTV

自宅でYouTubeを見るときは、専らiPadから大型テレビにキャスト。

Amazon Fire TV Stickを購入したものの、リモコン操作が面倒で、結局は初代Google Chromecastをずっと使っています。

Android TV搭載スマートテレビに買い替えるまでは、このままChromecastを使うつもりでしたが、「Google Chromecast with Google TV」が気になり購入してみました。

果たして「Google TV」が搭載されたChromecastは便利なのか?やっぱりリモコンは要らないのか?

違和感を感じたのは、YouTubeをキャストすると、Google TVのアプリが起動すること。従来のキャストに慣れているとYouTubeで確実に戸惑います。

YouTube以外は、たぶん大丈夫

本記事ではYouTubeのキャストでモヤモヤした、すぐに解決できなかった点をリポートします。

 

【比較】Google ChromecastはAmazon Fire TV Stickよりも視聴が簡単!
Amazon Fire TV SticKのリモコンが壊れました。Fire TVはテレビリモコンでも操作ができるので支障がないのですが、これを機に第1世代から第2世代の Fire TV SticKに買い替えようかと。 ...
スポンサーリンク

Google TVからYouTubeを見る

Google TV&YouTube

Google Chromecast with Google TVにはYouTubeアプリがプリインストールされています。初期設定後、YouTubeが直ぐに楽しめます。

YouTubeはリモコンで一発起動。

「YouTube」ボタンを押すだけで、テレビ電源ON、YouTubeが画面に表示されます。

見たい動画は「Googleアシスタント」から音声でも検索できます。

スマホ/タブレットからYouTubeをキャストする

従来のGoogle Chromecastと同様に、PC、スマホ、タブレットからGoogle Chromecast with Google TVへ画像・動画をキャストできます。

従来と異なるのは、スマホ/タブレットからYouTubeをキャストすると、Google TVのYouTubeアプリが起動することです。

YouTubeをキャストして視聴する場合は、YouTubeのホーム画面からキャストボタンを押すと、動画の視聴がスムーズにいきます。

動画から直接キャストすると、YouTubeホーム画面が表示(アプリが起動)され、目的の動画が直ぐに流れないケースがあるので注意。

また、動画を見終わったらキューを残さないことが大切です。

キューに追加、後で見る

YouTubeのキュー

Google TVに接続されたスマホ/タブレットからYouTube動画を選択すると、再生前に「再生」と「キューに追加」ボタンが表示されます。

「再生」ボタンで動画はキューに追加されて再生開始。「キューに追加」ボタンは、動画を再生せず後から見るときに使います。キューリストの確認は画面一番下をタップ。

動画はリモコンのOKボタン長押しで『後で見る』に保存ができます。キューとの違いは、キューはアプリ終了後にすべてクリアされます。

YouTube動画のキャストは「キュー(queue)」に注意

YouTubeをキャストするときは、この「キュー」に注意しなければなりません。

従来のGoogle Chromecastは、キャストの解除後に「キュー」は削除されました。ところが、Google Chromecast with Google TVでは、キャストの解除後も「キュー」は残ります。

例えばこんなケース

動画の再生途中でキャストを解除。別動画を見るために再度キャストをすると、先の再生途中の動画(キュー)が再生されます。

Google Chromecast with Google TVで見るYouTubeは、スマホ/タブレットのアプリからキャストをしても、再生するのはGoogle TVのYouTubeアプリだからです。

この症状は、キューを削除すれば解消できますが、リモコンからは操作ができません。削除はスマホのアプリからできます。ところが、削除したいキューがスマホに表示されないときがあります。この辺りが非常に悩ましいところです。

キャストの解除と接続を再度試みると、キューは表示され削除できますが、これが正しい対処法かわかりません。

以上のことが理解できていないと、YouTube動画のキャストは混乱します。

iPadからキャストを利用していましたが、Google Chromecast with Google TVに代えたとたん、再接続の際によくフリーズします。Google TVもしくはYouTubeアプリとの相性が良くないのかもしれません。

まとめ

Google Chromecast with Google TVでYouTubeを見るのは、リモコン操作からが無難です。スマホ/タブレットから操作(キャスト)すると、時に混乱を招きます。

YouTubeのキャストは「キュー」に注意しなければなりません。

キューはアプリを閉じればクリアーされます。ところが、キャストをすると簡単に消えてはくれません。テレビを消しても残ります。

YouTubeをキャストして視聴する場合は、キューを残さず終了すること。目的の動画が見られず、直前の動画が再生された場合はキューが原因です。

キューの削除はスマホから。キューが見当たらなければ再接続。iOS端末はここでフリーズするかもしれません。

以上、Google Chromecast with Google TVの気になる点を指摘しましたが、YouTubeをキャストしない方には大した問題ではありません。

リモコン付きのストリーミングデバイスは、リモコンで操作すれば良いだけの話です。キャスト機能はサブ、Google TVがメイン。それがGoogle Chromecast with Google TV。

慣れたキャストは封印して
リモコン操作に早く慣れた方が良さそうだね

キューが残る件については、いずれ解消されるのかもしれませんね。

Google Chromecast with Google TV
楽天ブックス
¥ 7,599(2021/05/19 13:11時点)
Amazonでは出品されていません(12/24時点)

結論

YouTubeを見るときはリモコンで操作。キャストは使わない。

映画等の動画配信サービスは今までどおりキャストで見る。作品を選ぶ、探すのが、慣れた端末からできるから。リモコンの「横断検索」は、今のところ魅力を感じません。

リモコン操作に慣れると
YouTubeはキャストをまったく使わなくなった
リモコン便利だわー

 

YouTubeを見なければ、安価な第三世代Chromecastでも十分です。

Google Chromecast 第三世代
Google(グーグル)
¥5,069(2021/07/01 21:22時点)

 

はじめての動画配信サービス、テレビで見るストリーミングデバイス選び
Android TV機能搭載のテレビがあれば、インターネット接続だけで、動画配信サービスは手軽に楽しめます。 Android TV機能がないテレビでも、ストリーミングデバイスがあれば、動画配信サ...
Amazon Fire TV StickとAlexa対応音声認識リモコンの使い倒し方
Amazonのサイバーマンデーで「Amazon Fire TV Stick」を購入しました。 プライム会員なので「prime video」が無料。付属のリモコン操作だけで簡単に大型テレビで動画配信(VOD)サー...
スポンサーリンク
関連記事
IoTガジェット
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

ギフト券チャージキャンペーン
初めてのチャージ(5000円以上)で
1,000ポイントがもらえます!
エントリーできればキャンペーン対象者です

現金チャージで毎回ポイントもらえるよー

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました