玄関インターホンがスマホとWi-Fi接続できるIoT「ビデオドアベル」

小さな会社でも、飛び込み営業の多さにはうんざりとします。その都度手を止めて、玄関まで出向いて対応しなければなりません。これは一般家庭でも同じです。

そこで、玄関にインターホンの設置を検討。配線工事は考えてないので無線タイプを探してみることにしました。

候補になるのは、パナソニックとアイカのワイヤレステレビドアホン。国内メーカーは2択です。

国内メーカー以外で気になったのが、スマートフォンが利用できる見慣れない商品「ビデオドアベル」。Amazonサイトではよく売られている、いわゆる「中華品」。

中華ガジェットは今までにもいくつか試してきました。

Amazonカスタマーレビューである程度評価されている商品は、あまり抵抗感はありません。
ガセレビューも多いので要注意ですが、使えない事例(コメント)のほとんどは、ITリテラシーが低い方だと思います。

結局、国内メーカーはやめ
中国製のスマホ対応インターホン「ビデオドアベル」を購入しました。

以下、レビューします。

Sponsored Links

Video Doorbell V5

今回購入したインターホンはこちら

※類似&代替品がAmazonサイトにはたくさんあります

スマホがインターホンになる「ビデオドアベルV5」。
メーカーは不明。Amazonサイトには「NZACE」とあります。ネットで調べるとドライブレコーダーがでてきます。おそらく、中国の映像系商品の販売会社なんでしょう。
MADE IN CHINAは間違いありません。

商品名は外箱に「Video Doorbell V5」、取扱説明書には日本語で「ビデオ通信ドアベル V5」と記載されています。

製品仕様

Video Doorbell V5

解像度1280x720P
レンズ166°広角レンズ
IR LED6個ライト付/850mm
Wi-Fi802.11b/g/n(2.4GHz)対応
オディオ交互通話
保存方式SDカード
SDカード8G/16G/32G対応
バッテリー3x18650充電式バッテリー

解像度は候補に挙げた国産のワイヤレスインターホンよりもずっと上のHD映像。バッテリーは一般に市販されていない業務用タイプ。

ビデオ通信ドアベル V5の特徴

「ビデオ通信ドアベル V5」の特徴はAmazonサイトによると

  • スマホから遠隔操作できて、旅行や出張などの外出中でも来客の訪問をリアルタイムでチェックできる。
  • 内蔵PIRセンサーで人体を検知。来客あるいは不審者の姿を自動的に録画記録できる。
  • 720Pの精細な映像を撮影可能、スマホではっきりと見える同時に来客と交互通話もできる。
  • 暗視機能付きの166°レンズを搭載。夜間でも黒白の鮮明な画像が見られ、広い範囲を映し出す。
  • ワイヤレスチャイム接続。好きな場所のコンセントに直挿しすると、Wi-Fi接続によりチャイムが連動できる。

ビデオドアベルの注意点

サイトには「防水仕様」とありますが、見た感じはあやしいです。箱にもそのような表記はありません。外に設置する際は、雨濡れの対策が必要です。

インターホン同梱の18650バッテリーは一般に市販されていません。Amazonサイトに売られていますが、粗悪品も多いのでご注意。

ビデオ通信ドアベル V5 レビュー

中華ガジェット、特にIot系のガジェットは設定するまでのハードルが高い。ある程度の知識と経験が必要になります。この点は、国産メーカーが安易に商品開発できない課題だと思います。

当然、中華ガジェットに分かりやすい取扱説明書と購入後のサポートは期待できません。その分安価なので、覚悟の上で購入する必要があります。

Wi-Fiに接続させる

ビデオ通信ドアベル V5
ビデオ通信ドアベル V5

ビデオドアベルを利用するには、自宅または職場のWi-Fiに接続させなければなりません。

まずはバッテリーの絶縁シートを外すため、裏蓋を開けます。これが開きません。取扱説明書にも書いてありません。中央くぼみにある矢印と「OPEN」の文字に惑わされます。これは裏蓋内にあるバッテリーの蓋。
裏蓋は普通にスライドさせれば開きました。強引な開け方を試みたので少し本体にキズがつき、時間も浪費しました。

取扱説明書は日本語がところどころヘン(あるだけでもマシ)です。
Wi-Fi接続の手順も間違ってます。具体的にはステップ5とステップ6。スマホとインターホンを向き合わせて「インターホンのカメラからスマホで表示されたQRコードをスキャンする」なんて無理。できません。

IoT系ガジェットをWi-Fiに接続させる手順はどれも同じです。
基本はスマホのWi-Fi設定からガジェットのSSIDを登録し、次に利用中のWi-Fiルーターに接続。要するに、スマホ経由でガジェットをWi-Fiルーターに橋渡し(接続)します。このとき、ガジェットのSSIDが読み取れないことがあります。

何度やっても設定できない場合、スマホを交換するとスムーズに設定できることがあります。このあたりがIot系ガジェットの難しいところです。

ワイヤレスチャイム

インターホンの呼出音はスマホから鳴ります。
同梱のワイヤレスチャイムも設置すると鳴ります。ところが、電源コンセントに挿すだけではインターホンと連動しません。設定方法は取扱説明書に一切書いてありません。おそらく、サービス品だからでしょう。

途方に暮れAmazonサイトを見てみると、カスタマーQ&Aに書いてありました。
音量ボタン10秒ほど長押し」でした。わかりませんよねー

気づいたこと

スマホからインターホンに接続している(モニターを見ている)ときは、インターホンを押してもスマホからチャイム音は鳴りません。

スマホからチャイム音が鳴ったとき、スマホ画面にモニター映像は表示されません。表示された通話ボタンを押すとモニター映像が表示されます(時間がかかる)。

インターホンのボタンを押してからスマホが鳴るまでにタイムラグがあります。
当方はスマホ(android)2台とiPad1台での利用。iPadだけ1分ぐらい後から鳴ります。

裏蓋だけを外した状態で、バッテリーをつけたままUSBコードから充電できます。充電用の専用ケースはなくても大丈夫。また、バッテリーの残量はアプリの電池マークから確認できます。

ワイヤレスチャイム
充電

インターホンとしての使い勝手

スマホから映し出される映像は鮮明です。この点はスマホを利用する一番のメリット。

インターホンとしての使い勝手で最も気になるのがタイムラグ。
チャイム音に時差があります。その上、スマホに映像が映し出されるまで待たされます。
チャイム音が鳴って慌ててスマホを取り出しモニター確認すると、すでに後ろ姿か人の気配がありません。顔を確認してから通話をすることは、まず無理でしょう。
留守中の訪問は「不在着信」としてスマホに記録されます。画像が記録されることはありません。

一般的な「モニタ付インターホン」としての使い勝手は期待できません。

「ネットワークカメラ付ワイヤレスチャイム」として割り切る方が良いです。室内または外出先でも玄関廻りの様子をスマホから確認できる、このことにメリットを感じる方に向いています。

人体検知の自動撮影機能

PIR(赤外線センサー)により、人体を検知すると自動で撮影記録できます。チャイム音も鳴らせます。

個人的には録画は不要なため試していません。チャイム音も鳴る基準がよくわからず、面倒なのもあり利用していません。

Post Review and Get Free Gift

購入したビデオ通信ドアベル V5に「ギフト券」が同梱されていました。

すべて英文(全部読んでいません)です。

Surprise!!
How to redeem your gift!!
Post Review and Get Free Gift

出典:ギフト券表紙

Amazonのカスタマーレビューを書き込むと、ギフトがもらえるようです。

ギフトは3つの中から1つを選択

  • バッテリーチャージャー
  • ワイヤレスドアベル
  • TFカードリーダー

決して5つ星評価の強要ではありません。品質とサービスの向上を目的としているようです。

ビデオドアベルは代替品がたくさん

Amazonには似たような商品がたくさんあります。中身は同じかも??
外観デザインの好みで決めれば良いかもしれません。

まとめ

やっぱりというか、案の定、Wi-Fi接続の設定に手こずりました。取扱説明書は当てになりませんから。ユーザーの環境は様々なので、ある意味仕方がないかもしれません。
サポートを前提とする国内メーカーでは販売できないでしょうね。

Amazonサイトで売られている安価なIot製品は、ほとんどが中華品。取扱説明書なしでもWi-Fi設定できるレベルでなければ、使いこなすのは難しいです。
ワイヤレステレビドアホンの設定に自信がない方は、国産メーカーが無難です。

あと、この手の商品はAmazonサイトからある日突然と消えたり、別の商品に入れ替わってたりします。欲しいと思ったら、早めのご購入を!

【NZACE】 DEBAR ビデオ通信ドアベルV5
DEBARK
ワイヤレスチャイム テレビドアホン 昼夜自動撮影可 遠隔操作

 

Sponsored Links
関連記事
家具家電
記事をシェアする
Sponsored Links
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0