スマートスピーカー【Google&Amazon】スマートLED電球の設定手順

スポンサーリンク

googlehomeとスマートLED電球

スマートLED電球はスマートスピーカー(AIスピーカー)とセットで利用してこそ真価を発揮します。明かりの「入/切」はもちろん、明るさの調整も音声で操作できます。

スマートスピーカーのメーカーといえば、GoogleとAmazon。

AIのポテンシャルが高いのはGoogle。音声認識率は正確でレスポンスも早い。
連携するサービスの豊富さはAmazon。タイムセールで安く購入できるのも魅力です。

この記事では、「Google Home」と「Amazone echo」のスマートLED電球の登録手順を紹介します。

スポンサーリンク

スマートスピーカー(AIスピーカー)にデバイスを接続

ネットワーク

スマートスピーカーにデバイスを登録するには、先にスマホへデバイスのアプリを登録する必要があります。

デバイスのアプリに登録したアカウントとパスワードは、スマートスピーカーへの接続にも必要です。

スマートスピーカーは2.4GHzまたは5GHz、どちらのWi-Fiネットワークに対応しますが、接続させる多くのデバイスは2.4GHzだけ対応です。

Google HomeにスマートLED電球を接続

google home

Googleのスマートスピーカー(AIスピーカー)を利用するには、スマホにアプリ「Google Home」をインストールしなければなりません。

Google Home

Google Home

Google LLC無料posted withアプリーチ

apple端末(iOS)でも利用できます。

<androidスマホ>アプリの登録例

TP-LinkのスマートLED電球をアプリ「Google Home」に登録。Googleのスマートスピーカーで操作します。

TP-Link Kasa スマートLEDランプ KL110
TP-LINK
3年保証 9.5W E26口金 調光タイプ 800lm 電球色

おすすめ記事 TP-Link スマートLEDランプの詳細

TP-Link以外のスマートLED電球でも手順は同じです。

1.
GoogleHomeアプリ01アプリ「Google Home」のホーム画面、「+追加」よりデバイス(電球)を追加
2.
GoogleHomeアプリ02「デバイスのセットアップ」を選択
3.
GoogleHomeアプリ03「Googleと連携させる」を選択
セットアップ済みデバイスとリンク
4.
GoogleHomeアプリ04スクロールまたは「」から連携させるデバイスのアプリを探す
5.
GoogleHomeアプリ05連携するデバイスのアプリ選択
ここでは「TP-Link Kasa」
6.
GoogleHomeアプリ06「TP-Link Kasa」セットアップ時に登録したアカウントとパスワードを入力
7.
GoogleHomeアプリ07アプリ「Google Home」のホーム画面、リンク済み欄にデバイス(電球)の登録完了
8.
GoogleHomeアプリ08「Google Home」からもデバイス(電球)のON/OFF、明るさ調整ができます

「Google Home」はアプリのホーム画面からデバイスから管理でき、『追加』も直感的にスムーズに登録できます。

Amazon AlexaにスマートLED電球を接続

amazon echo

Amazonのスマートスピーカー(AIスピーカー)を利用するには、スマホにアプリ「Amazon Alexa」をインストールします。

Amazon Alexa

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

Amazon Alexaは新型の「Fireタブレット」「Fire TV Stick」にも搭載されています。Amazon Echoを経由せず、デバイスを操作することができます。

<androidスマホ>アプリの登録例

アイリスオーヤマのスマートLED電球をアプリ「Amazon Alexa」に登録。Amazonのスマートスピーカーで操作します。

アイリスオーヤマ LED電球 60形相当
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
8.9W E26口金 広配光 調光 LDA9L-G/D-86AITG

おすすめ記事 アイリスオーヤマLED電球の詳細

1.
ale-iris01アプリ「Amazon Alexa」デバイス画面、
「スマートホームスキル」を選択
2.
アイリス&alexa02「スマートホームスキルを有効にする」をタップ
3.
アイリス&alexa03画面スクロールまたは「」から目的のスマートホームを探す
4.
アイリス&alexa04スマートホーム「IRIS SmartLF」を選択
5.
アイリス&alexa05IRIS SmartLFを「有効にして使用する」
6.
アイリス&alexa06IRIS SmartLFアプリに登録済みのアカウントとパスワードを入力
7.
アイリス&alexa07Alexaに「許可する」
8.
アイリス&alexa08正常にリンクされたら画面を閉じる
9.
アイリス&alexa09「端末を検出」をタップして目的のデバイス(電球)を登録完了
10.
アイリス&alexa10デバイス(電球)の検出を待つ
11.
アイリス&alexa11デバイス(電球)が検出されたら
「デバイスをセットアップ」
12.
アイリス&alexa12グループの追加は任意
※「スキップ」でも可
13.
アイリス&alexa13デバイス(電球)のセットアップ終了
14.
ale-iris12アプリ「Amazon Alexa」デバイス画面、
「照明」が追加
15.
アイリス&alexa15「照明」をタップすると
Aで照明のオンオフ、Bは次画面へ
16.
アイリス&alexa16照明のオンオフ以外に明るさ設定も「Amazon Alexa」から可能
「Amazon Alexa」のデバイス追加方法は上記とは別の手順もあります。
アプリ左上『Ξ』をタップ、「スキル・ゲーム」からもスマートホームスキルを有効にできます。

デバイス追加は経路が複数あるため、慣れないと戸惑います。 あと、スマートホームスキルを理解することが重要です。

スマートホームスキルは、クラウドで接続されたデバイスにAlexaによる音声操作を可能にし、ステータスを確認できるようにするための統一された手順を提供します。スマートホームスキルでは、ユーザーが音声対話モデルを定義し、処理するので、多くの種類のデバイス向けのビルトインサポートを受けることができます。Alexaによってユーザーの発話が解釈され、スキルが取るべき事項がメッセージとしてスキルに送信されます。

出典:amazon alexa

 

アプリには照明4ブランド( Philips、IKEA、TP-LINK、Zengge)が登録されています。
この照明を設定する場合は、「デバイスを追加」で他のブランド(その他)よりも簡単に接続できます。

TP-LINKの場合

1.
Amazon Alexa01アプリ「Amazon Alexa」デバイス画面、右上「+」よりデバイス(電球)を追加
2.
Amazon Alexa02「デバイスを追加」選択
3.
Amazon Alexa03「照明」を選択
4.
Amazon Alexa04照明のブランドから
「TP-LINK Kasa」を選択
5.
Amazon Alexa05「デバイスを検出」をタップ
※スマートホームスキルを自動検出
6.
alexa-tp7TP-LINKのスマートホームスキルを
「有効にして使用する」

以降の設定手順は同じです。

ルーティンと定形アクションがおすすめ

Google Homeの「ルーティン」、Amazon Alexaの「定形アクション」が便利です。

OK Google! おやすみ
Google
明日の名古屋は気温〇度で、晴れ
カレンダーに明日の予定は・・・
おやすみなさい
off(消灯)

「おやすみ」でGoogle Homeに連携されたデバイス(照明など)はOFFに。明日の天気と最初の予定確認、目覚ましアラームの設定などもできます。

Googleのルーティンは「おはよう」「おやすみ」「出かける」「ただいま」「仕事に行く」「家に帰る」6種類。カスタムのルーティンも作成できます。

ルーティンの設定と管理 - Android - Google Nest ヘルプ
日々のルーティン タスクをさらに便利に管理しましょう。コマンドを 1 つ言うだけで、Google アシスタントが複数のタスクを行ってくれます。 注: Di

Amazonの定形アクションも自由に設定できます。

Amazon.co.jp: さらにアクションを追加する: Alexaスキル
Alexaスキル の優れたセレクションからオンラインショッピング。

Google HomeとAmazone echo、どっちが良いか

ところでGoogle HomeとAmazone echo、どっちのスマートスピーカーが使い易いか?

個人的にはGoogle Homeです。

AIスピーカーとしての”賢さ”はGoogleに分があるような気がします。アプリのデバイス追加もGoogleの方がスムーズに行きました。

Amazone echoはAmazonのサービスと親和性が高く、Amazonのヘビーユーザーはechoの方が便利です。スピーカーの種類が豊富なのも魅力です。

\時間、天気、ニュースが見える/
Echo Show 5 (エコーショー5) with Alexa
Amazon
スクリーン付スマートスピーカー

日常的にGoogle Homeを利用していますが、音楽だけはAmazone echoです。「amazon music」が割安に利用できるのが魅力なんです。

 

スポンサーリンク
関連記事
家電・ガジェット
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

初回限定 キャンペーン
5,000円チャージで1,000ポイントがもらえる!

さらに
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました