WiFiスマートプラグとAIスピーカーで非IoT家電をリモート・音声操作

スポンサーリンク

テーブルライト

明るい天井照明が苦手で、寝室の照明はテーブルランプ。

この手のランプはスイッチが電源コードの途中にあり、入室時や就寝時のON/OFFが面倒です。

何か良い方法はないか?

真っ先に思い付いたのは「スマートLDE電球」。でも、予備電球があるのでもったいない・・・

そこでひらめいたのが

WiFi スマートプラグ(コンセント)

スマートスピーカーはGoogleとAmazonを所有済み。

早速、アマゾンでスマートプラグをチェックしました。

スポンサーリンク

WiFi スマートプラグ(コンセント)

Amazon純正プラグ

初めてのWiFi スマートプラグは「Meross」製品。2018年にAmazonサイトで最安値のスマートプラグでした。

当時(2018年)は1個単位で購入できましたが、現在(2020年)は2個セット販売のようです。

2個セット
 WiFiスマートプラグ 2個セット
Meross
¥2,372(2020/07/18 11:09時点)
スケジュール、カウントダウン(自動OFF)設定

割高ですが、AppleのSiriにも対応するスマートプラグなら1個でも購入できるようです。

HomePod対応
WIFIスマートプラグ 1個
Meross
¥2,481(2020/07/18 21:15時点)
スケジュール、カウントダウン(自動OFF)設定

 

Meross以外にも多くのメーカーがWIFIスマートプラグを提供しています。

WiFiルーター世界シェアNo.1の「TP-Link」も2個セットで提供。

3年保証
WiFiスマートプラグ 2個セット
TP-LINK
¥3,100(2020/07/18 21:15時点)
スケジュール、カウントダウン設定

 

遠隔操作、スマートリモコンで定評の「SwitchBot」は1個から購入可能。電流や消費電力の確認もできます。

Siriにも対応
WiFiスマートプラグ 1個
スイッチボット(SwitchBot)
¥1,980(2020/07/07 13:55時点)
スケジュール、カウントダウン設定

 

+Style」は電気の使用量がわかります。電力が「◯Wより小さく/大きくなったら」「◯Wになったら」を動作条件(トリガー)とし、動作内容を設定することができます。

電力がトリガーに
WiFiスマートプラグ 1個
+Style (プラススタイル)
¥2,280(2020/07/22 21:53時点)
スケジュール、カウントダウン設定

 

Amazonサイト、1個で最安値はノーブランド(ゴウサンド)製品です。

OEM商品?
WiFi スマートプラグ 1個
ゴウサンド(Gosund)
¥1,430(2020/07/18 21:15時点)
スケジュール設定

Amazon純正のスマートプラグ

2020年7月、なんと、Amazon純正のスマートプラグが発売開始。

 WiFi スマートプラグ
Amazon
¥1,980(2020/07/18 21:15時点)
Amazon純正品
カートに入れる前に
Amazonアカウントに登録 (簡単セットアップ)
チェックを確認の上、ご購入ください

WiFi スマートプラグの操作方法

Gosundスマートプラグ

WiFi スマートプラグは、専用アプリとスマートスピーカーから操作できます。

アプリはGoogle PlayまたはAPP Storeからダウンロード。

スマートスピーカーはネットショップで購入できます。
※GoogleスピーカーはAmazonサイトに出品されていません

デバイス専用アプリからスマホでON/OFF

スマホにデバイス(WiFi スマートプラグ)専用のアプリをインストールすると、スマホがリモコンとして使えます。

外出先からでも、WiFi スマートプラグの操作が可能です。

ON/OFF機能の他にも、スケジュール、タイマー、カウントダウン設定が各アプリに用意されています。

アプリにデバイスを登録する方法は、スマートLED電球の記事が参考になります。

スマートLEDランプはネットワーク機器で定評のTP-Linkがおすすめ
TP-LINKの「KasaスマートLEDランプ KL110調光タイプ」を購入しました。 スマートスピーカーと合わせて利用します。 TP-LINKのメリットは3年保証が付いて60W相当(800lm)...

スマートスピーカーから音声でON/OFF

スマートスピーカー「Google HOME」「Amazon Echo」からもWiFi スマートプラグの操作が可能です。

アプリ「Google HOME」「Amazon Alexa」とデバイス(WiFi スマートプラグ)連携が必要です。アプリにデバイスが追加されると、音声でデバイスを操作できます。

例えば
WiFi スマートプラグに接続したランプとGoogleスピーカーの場合

OK Google! 「ライト」を点けて

Google

on

OK Google! 「ライト」を消して

Google

消灯

アプリ「Google HOME」「Amazon Alexa」からでも、スマホでON/OFFできます。

Google Home

Google Home

Google LLC無料posted withアプリーチ

Amazon Alexa

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

アプリへのデバイス追加方法は、スマートLED電球と同じ要領で出来ます。

スマートスピーカー【Google&Amazon】スマートLED電球の設定手順
スマートLED電球はスマートスピーカー(AIスピーカー)とセットで利用してこそ真価を発揮します。明かりの「入/切」はもちろん、明るさの調整も音声で操作できます。 スマートスピーカーのメーカーといえば、Googl...

スマートスピーカーの紹介

スマートデバイスには、スマートスピーカーが必然。

Amazonは多くの自社スマートスピーカーを販売しています。

おすすめは「Echo Show5」。時間&天気&気温がわかり便利です。ランダムにニュースやメッセージも表示されます。Amazonからの配達メッセージも確認できます。

\ビデオ通話もできます/

音質にこだわらなければ、最も安く入手できるプラグイン式「Echo Flex」がおすすめ。

Echo Flex
Amazon
プラグイン式 Echo Flex

音質が向上した「Echo Dot」。上位モデルもあります!

Echo Dot 第3世代
Amazon
卓上型 Echo Dot

Amazonサイトからは購入できないGoogle Homeスピーカー。

Amazon Alexaに比べ、Google Homeは日本語理解にストレスを感じることが少ないです。

WiFi スマートプラグのレビュー

レビュー

初めてのWiFi スマートプラグは寝室のテーブルランプ用に購入しました。

毎朝、スケジュール設定で目覚まし点灯。晩は、寝転んだまま「おやすみ」で消灯。布団から腕すら出すことなく、寝たまま照明が消せます。

2台目のWiFi スマートプラグは夏場のサーキュレータ-用に。ベッドからスマホでスイッチON。カウントダウン設定で自動OFFです。

 

スマートプラグは通常のプラグより大きので、電源タップに直接差し込むと2個分のスペースを専有します。

そこで、延長コードを利用。

2台目のWiFi スマートプラグは4個口タイプにしました。これなら延長コードは不要。通常の電源タップと大きさが変わりません。

4個口がなくなった!?

Amazon純正スマートプラグ

Amazon純正品

WiFi スマートプラグは2台あれば十分でしたが、Amazonの純正品が発売されたので、試しに購入しました。

Amazonアカウントに登録 (簡単セットアップ)」で購入すると、アカウント登録済の商品が届きます。

簡単セットアップ
Wi-Fi簡単設定を有効にするため、デバイスをあなたのAmazonアカウントに登録します。Amazon端末がすでにWi-Fi に接続されていて、Wi-Fi用パスワードが Amazonに保存されている場合、Wi-Fi簡単設定は以前の端末にリンクされているアカウントを認識し、Amazonに保存されたパスワードを使用して新しいWi-Fi簡単設定対応端末を自動的に接続します。

出典:Amazon公式サイト

Amazon純正のWiFi スマートプラグは、専用のアプリが用意されていません。アプリ「Amazon Alexa」にデバイスを追加するだけ。Fire TV Sticと同じ要領です。

スケジュール設定は、定形アクションの「時間を指定」からできます。

Amazon純正のデバイスはセットアップが簡単ですが、デメリットも。

Amazon Alexa専用デバイスのため「Google Home」に追加ができません。

WiFi スマートプラグの使い道

Amazon純正プラグ

WiFi スマートプラグを使用すると、物理的なON/OFFスイッチがある家電を電源からON/OFFできます。表示灯でON/OFFが判別できる電子制御スイッチの家電には、WiFi スマートプラグは対応できません。

大抵の家電は、電源ON/OFFぐらいは手で操作した方が早いです。

アプリにスケジュール、カウントダウン設定があるので、タイマーがない家電にWiFi スマートプラグは好都合です。

サーキュレーターを高所に置いて、スマホで遠隔操作するのもありです。

スマートプラグ用途

照明器具の遠隔・音声操作にはスマートLED電球があります。

おすすめのスマートLED電球を紹介、AIスピーカーから明かりをON/OFF
ハンズフリーで、照明を点けたり消したりできると便利ですよね。 作業をしながら、ベッドの中から、離れた部屋から 照明をON/OFFできるのが「スマートLED電球」。 OKグーグル、でん...

E26口径の電球に対応しないスタンド・テーブルランプの場合は、WiFi スマートプラグの出番です。

電力(W)をトリガーにできる+Styleのスマートプラグ

次に買うなら+StyleのWiFi スマートプラグ。電源のON/OFF以外にも利用価値があるからです。

接続した家電の電気使用量をアプリで確認できます。SwitchBotもできますが、+Styleは電力をトリガー(動作条件)にできます。

例えば洗濯、スマートプラグが洗濯終了(電力0W)を察知すると、スマホに通知を送ることができます。

もっと便利なアイデアが思いついたら購入します。レビューお待ちください。

WiFiスマートプラグ 1個
+Style (プラススタイル)
¥2,280(2020/07/22 21:53時点)
スケジュール、カウントダウン設定

リモコン付き家電なら

WiFi スマートプラグが対応できない、リモコン付家電の場合は、スマートリモコンが便利です。

エアコンやテレビのリモコンがスマートリモコン1つで操作できます。スマホはもちろん音声からもリモートコントロールできます。

SwitchBot Hub Mini スマートリモコン
スイッチボット(SwitchBot)
Alexa - Google Home IFTTT イフト Siriに対応

まとめ

スマートデバイス導入のハードルは、デバイスのWiFi接続設定です。アプリの設定は、ある程度のITスキルを要します。

スマートプラグのWiFi接続設定が不安な方は、Amazon純正品がおすすめです。ただし、Amazon以外のスマートスピーカーで利用できません。

次に設定が簡単なのは、ネットワーク製品で定評のTP-LINKです。

安さが魅力のノーブランド(OEM)商品は、設定に手こずるケースがあります。そうなると不良品なのか、自分の設定ミスなのか、無駄に時間を浪費します。

 

スマートスピーカーはGoogleとAmazon、それぞれに一長一短。現在、併用して使ってます。

書斎のデスク上はAmazonのスクリーン付スピーカー。時計代わりにもなって邪魔になりません。

寝室の枕元はGoogleスピーカー。ルーティンの「おはよう」「おやすみ」が日課です。特に目覚ましアラームの設定が重宝します。

スポンサーリンク
関連記事
家電・ガジェット
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

初回限定 キャンペーン
5,000円チャージで1,000ポイントがもらえる!

さらに
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました