ワードプレスを無料体験できる、初心者におすすめの最安レンタルサーバーを紹介

スポンサーリンク

ワードプレスインストール

サイトやブログが簡単に作成できる「ワードプレス」。無料のソフトですが、利用するにはワードプレス対応のレンタルサーバーが必要です。

一度、試してみたい方。

現在契約中のレンタルサーバーが対応していない又はレンタルサーバーを契約していない方でも、ワードプレスのお試しはできます。

レンタルサーバーの契約は、申し込みから数日間はお試し期間。申し込み当日には、レンタルサーバーからサブドメインが貸与されます。
このサブドメインアドレスに、ワードプレスをインストールできます。独自ドメインがなくても、パソコンとインターネットがあれば無料でワードプレスが体験できます。

尚、お試し期間の日数はレンタルサーバーによって違います。

この記事では、初心者向けの安価なレンタルサーバーを紹介します。

スポンサーリンク

初心者向けのワードプレス対応レンタルサーバー

ワードプレスが利用できるレンタルサーバー、最安プランの紹介。

Webページの表示速度が向上する、次世代通信プロトコル「HTTP/2」&無料SSLに対応するサーバーを条件にピックアップします。
※SSLとはURLが「https」から始まる暗号化通信

各社が提供するレンタルサーバー最安プランの多くは、ワードプレスに対応していません。ここで紹介するプランは、ワードプレスが利用できる各社の最安プランです。

サーバープラン初期費用月額年額容量転送量ドメインMySQL5
コアサーバー MINI0円411円2,571円SSD60GB50個10個
リトルサーバー ワード994円2,527円SSD30GB45GB/∞個5個
ロリポップ!ライト1,620円324円3,240円HDD50GB60GB/50個1個
スターサーバーライト1,620円3,240円SSD50GB150GB/月50個1個
さくらレンタルサーバスタンダード1,029円515円5,142円HDD100GB80GB/100個20個
JETBOYミニSD1,080円410円3,758円SSD5GB5万PV/月10個3個
ラクサバSSDミニ1,620円5,520円SSD5GB300GB/月2個2個
ColorfulBoxBOX1(0円)778円7,517円SSD30GB1TB/月∞個∞個

※これより上のプランもあります。詳細はリンク先の公式サイトでご確認下さい

レンタルサーバーの転送量

実際にサイト運営を行うと、気になるのがレンタルサーバーの転送量目安。
転送量とはサーバーから送るデータ量。サイトにアクセスがあると、サーバーからスマホやパソコンにデータが送られます。大量のデータ転送はサーバーに負荷がかかるため、各プランには転送量の上限が設けられています。

転送量(GB)の目安は、1万PVで10GB(1PVで1MB)といわれています。

例えば
60GB/日の「ロリポップ」は1日に約6万PVまで耐えられます。
150GB/月の「スターサーバー」は1ヵ月で約15万PVまで。

サイトの転送量がチェックできます

Pingdom Tools
Full Page Test Analysis

レンタルサーバーにワードプレスをインストール

ワードプレスはレンタルサーバーのサーバー管理画面から自動で簡単にインストールできます。

一般的にレンタルサーバーは、サーバー管理画面が会員情報の登録画面とは別にあり、アカウントとパスワードも異なります。申し込み登録時は、混乱しないように注意が必要です。

初心者にお薦めのレンタルサーバーは「ロリポップ! 」。料金が安く、マニュアルが充実しています。

「ロリポップ!」は、1つのページでサーバーと会員情報を管理できます。ワードプレスのお試しには好都合。レンタルサーバー申し込み(お試し)からワードプレスのインストールまで、ロリポップ!は断然に早くて簡単です。
ワードプレスの高速化は期待できませんが、維持費の安さと使い勝手の良さは初心者向けです。

「ロリポップ!」よりも安く、高性能なレンタルサーバーもあります。
ですが、ワードプレスのインストール&設定は初心者にハードルが高いです。コストカットのためか、初心者に対しての親切な機能は一切ありません。

オススメのレンタルサーバー「ロリポップ!」

レンタルサーバー「ロリポップ!」は10日間無料でお試しできます。

お申し込みはコチラ

公式サイトから、希望のプランを「選択」。
次にアカウントを作成。このとき、SMS認証による本人確認があります。携帯電話番号が必要です。

SMS認証が完了すると名前、住所、電話番号を入力して「無料お試し開始」。
※支払い方法の選択はありません

ロリポップ!にワードプレスをインストール

ロリポップ!スタート

申し込み完了後、表示画面の「ユーザー専用ページにログインする」をクリック。

すぐにワードプレスをインストールできます。

ワードプレスインストール

データベースは「新規自動作成」。※ライトプランは1択

ワードプレス設定

はじめにワードプレスのアカウントを設定します。
ユーザー名は後から変更できないので注意!
サイトのタイトルなどは後からでも変更できます、仮タイトルでOK。

WP管理ページURL

ワードプレスのインストールが完了すると、サイトURLが表示されます。
その下、管理者ページURLからワードプレスのログイン画面に移り、先に設定したユーザー名とパスワードでワードプレスにログインします。

ここからワードプレスのお試しです。

ロリポップ!のデメリット

ライトプランは
利用できるデータベースは1つ。データベースを共用し、複数のブログを運営することはできます。電話サポートはなし。
※料金2倍のスタンダードプランはデータベースの作成が30まで。電話サポートあり。

全プラン共通
バックアップ(7世代)は有料(月額300円)。
ストレイジドライブが読み取り速度の劣るHDD。

ロリポップ!のメリット

マニュアルが充実して分かり易く、初心者向け。
ワードプレスのお試しだけをしたい方にもオススメ。申込時のクレジットカード登録やキャンセル手続きも必要ありません。

サーバー管理と会員情報が同一の画面で確認でき、アカウント&パスが混乱しない。サーバー管理画面も分かりやすく、初心者でも迷わずワードプレスをインストールできます。

データベースが複数作成できるスタンダードプラン以上では、「新規自動作成」を選べデータベースの設定が簡単。

ロリポップ!の運営は一部上場企業のグループ会社で安心。
大量アクセスを目指すブログの運営には向いていませんが、中小企業・コーポレートサイトであれば十分すぎるスペック。短期間のお試し用、長期間の予備用サーバーとしても利用できます。

無料でお試し!

 

ワードプレスの使い方

ワードプレスのテーマ

レンタルサーバーにインストールされたワードプレスは、最新のTwentyシリーズのテーマが有効化されています。初めて目にするサイトのトップ画面は、文字だけのずいぶんと味気ないサイトです。

お試し期間中でも、ワードプレスの機能はすべて使えます。ワードプレスを使った簡易なサイトの作成方法は、別記事で紹介しています。
よろしければご覧ください。

ワードプレスで会社のホームページを自分で作成する手順、初心者でも簡単!
初めてのホームページ作成は有料ソフトが必要。PCインストール型の「ホームページビルダー」「dreamweaver」などが有名です。 ところが、クラウド型CMSを利用すれば、ソフトを購入することなく無料でホー...

独自ドメインの取得とネームサーバ設定

レンタルサーバーの契約を決めたら、サーバーに独自ドメインを設定します。申し込み時に提供されたサブドメインはそのまま、テスト用に利用できます。

独自ドメインの取得、ネームサーバ設定方法は別記事で紹介しています。
よろしければご覧ください。

初心者向けドメイン取得からレンタルサーバーのネームサーバー設定方法を解説
ホームページは自分で作る! 初心者でも出来ます。 業者に依頼すれば安くても20~30万円?テンプレートで作れば10万円ぐらい? 月額更新料、サーバー費用、毎月の保守管理費も。 検索エンジン対策費とやらで?万円...

最後に

初心者がワードプレスでブログを始めた場合、アクセスはすぐに集まりません。
100記事以上書いた1年後でも、月5万PVはかなり難しいです。この記事で紹介したレンタルサーバーであれば、転送量については問題ありません。企業サイトであれば尚更です。

契約期間中、他社のレンタルサーバーにサイトを引越すことは可能です。

もし、収益化ブログを本格的に目指すのならば、料金は高くなりますが、今回紹介したレンタルサーバーよりも高性能なサーバーをお薦めします。
絶対的な転送量はもちろん、一時的なアクセス増にも対応。セキュリティとバックアップが万全。突発的なトラブルがなく安定感のある高速サーバーは必要です。

ブロガーに人気のサーバーは「エックスサーバー 」と「MixHost ミックスホスト」。
詳細は、改めて別記事でご紹介します。

エックスサーバーエックスサーバー
ミックスホストミックスホスト

スポンサーリンク
関連記事
サイト作成
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました