【ロリポップ】安くて使い易いレンタルサーバーが高速化にリニュアルでコスパ最強

スポンサーリンク

レンタルサーバーロリポップ

数あるレンタルサーバーの中で、初心者が最も扱いやすいレンタルサーバーは間違いなく「ロリポップ!」。サーバー管理画面は初心者にもわかりやすく、マニュアルも充実。

ロリポップ!簡単インストール

”国内最速”を謳うサービスもありますが、アクセス数が少ないサイトにはオーバースペックで割高になります。

”国内最安”を謳うサービスもありますが、マニュアルは乏しく英語表記が多い管理画面は扱いづらいです。

 

「ロリポップ!」は安くて使いやすいサーバーだけど、ロースペックで遅い印象があるなー

安さが魅力の「ロリポップ!」は月額100円から利用可能。現在の料金プランは5タイプ。上位プランには、ハイスペックなサーバー(LiteSpeed)が用意されています。

安さと速さ、2つの時代のニーズに応えたレンタルサーバーへと変貌しています。

2020年4月には、速度や容量をアップする「ロリポップ!爆速宣言」。同年8月、5プランすべてのハードウェア刷新を表明しました。

レンタルサーバー

取り敢えずブログを始めたい、会社・お店のホームページを作ってみたい、WordPressを一度試してみたいなら、手軽に利用できる「ロリポップ!」は最適です。

下位プランから始め、上位プランへの変更もOK。まずは「無料お試し」を。

 

 

スポンサーリンク

「ロリポップ!爆速宣言」第一弾

ロリポップ!爆速宣言1

2020年4月15日

「ロリポップ!爆速宣言」第一弾として、最上位プラン「エンタープライズ」のアップデートを開始。

変更点は

  • ディスク容量: 400GB(SSD)→ 1TB(SSD)
  • 独自ドメインのサブドメイン:ドメイン毎に500 → 無制限
  • 転送量:200GB/日 → 400GB/日
  • Webサーバーソフトウェア:Apache → LiteSpeed
  • MySQL5(DB数):100 → 無制限

「ロリポップ!爆速宣言」第二弾

ロリポップ!爆速宣言2

2020年8月5日、「ロリポップ!爆速宣言」第二弾を公表。

  • 全プランでハードウェアを刷新(順次)
    →処理能力が最高で約2倍
  • 3プランのストレージのSSDへの変更により、5プラン全てがSSDに
    →ディスク性能が最大で35倍

ハードウェア刷新により、CPUコア数が増加し処理性能が高まり、サイト表示の速度向上が見込まれます。

『エコノミー』『ライト』『スタンダード』プランでは、コア数が約2.6倍、総合的な処理能力も約2倍になります。

サーバー機能の比較

<リニュアル後>料金プラン

「ロリポップ!爆速宣言」第二弾では

『エコノミー』『ライト』『スタンダード』『ハイスピード』プランがリニュアルされました。

<リニュアル前>旧料金プラン

ストレージがHDDからSSDに変更されたプランは、ディスク性能が最大35倍にパワーアップ。読み込み、表示速度の高速化が期待できます。

その他には以下が増量されました。

  • ディスク容量
  • 転送量
  • 独自ドメイン利用可能数
  • MySQL(DB数)

2021年2月1日、以下のプランの転送量上限が緩和されました。

  • ハイスピードプラン:360GB/日 → 600GB/日
  • エンタープライズプラン:400GB/日 → 800GB/日

2021年3月11日、以下のプランのディスク容量が増量されました。

  • ハイスピードプラン:250GB → 320GB

レンタルサーバー「ロリポップ!」料金

プラン名初期費用
エコノミー1,500円
ライト1,500円
スタンダード1,500円
ハイスピード0円
エンタープライズ3,000円
※表示価格は税抜

\ 10日間無料でお試し /

ロリポップ!の利用料金

契約期間は1ヶ月間から3年間

1ヶ月3ヶ月6ヶ月1年
エコノミー100円300円600円1,200円
ライト300円900円1,500円3,000円
スタンダード600円1,800円3,000円6,000円
ハイスピード1,000円2,000円4,500円9,000円
エンタープライズ2,300円6,900円12,000円24,000円
※表示価格は税抜

2年契約は1年の2倍、3年契約は1年の3倍料金。

ハイスピードプランのみは長期契約が割安に。2年で15,120円、3年でスタンダードと同額の18,000円になります。

ロリポップ!「ドメインずっと無料」

ドメインずっと無料

レンタルサーバーの契約中は、ドメインが無料で利用できる『ドメインずっと無料』を提供中。

条件は以下すべて

  • エコノミー以外のプランを契約
  • 1年(12ヶ月)以上の契約期間
  • 自動更新の設定

お試し期間開始から7日後に入金処理が自動で行われ、ロリポップ!からムームードメインのクーポンコードがメールで送付されます。

\ 詳細は公式サイト /

 

ロリポップ!【10日間無料お試し】から始める

レンタルサーバー「ロリポップ!」は10日間無料でお試しできます。

契約手続きはユーザー専用ページから。お試し開始日より11日後が契約開始日になります。

\ 10日間無料でお試し /

申込手順

公式サイトから希望のプランを「選択」。次にアカウント(ドメイン)を作成。このとき、SMS認証による本人確認があります。

無料のお試しでも、SMSが利用できる携帯電話の番号が必要です。

SMS認証後に、名前・住所・電話番号の入力で無料お試しの開始です。

自動更新

※自動更新を選択するとクレジットカード番号の入力も必要です

ロリポップ!にワードプレスをインストール

ロリポップ!スタート

お試し申し込み完了後は、ユーザー専用ページにログイン。

ロリポップ管理画面01

ユーザー専用ページからは、お試し期間終了後も利用するための契約手続きに進めます。

お試し期間内でもワードプレスのインストールが可能です。WordPress簡単インストール画面内にはマニュアルがリンクされています。

ワードプレス設定

WordPressの設定

ユーザー名は後から変更できないので注意!
サイトのタイトルは後からでも変更可能、仮タイトルでもOKです。

WP管理ページURL

ワードプレスのインストールが完了すると、サイトURLが表示されます。

管理者ページは、先に設定したユーザー名パスワードでログインできます。

データベースは新規自動作成。ワードプレスの設定が簡単

\ これからワードプレスを始める方 /
いちばんやさしいWordPressの教本
インプレス
第4版 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方

 

\ 会社のHPを手軽に作成してみよう /
【WordPress】企業サイトの作り方、初心者も会社のホームページが簡単にできる
初めてのホームページ作成は有料ソフトが必要。PCインストール型の「ホームページビルダー」「dreamweaver」などが有名です。 ところが、クラウド型CMSを利用すれば、ソフトを購入することなく無料でホー...

 

レンタルサーバー「ロリポップ!」の特長

「ロリポップ!」はワードプレスを試したいだけの方にもおすすめ。申込時のクレジットカード登録や面倒なキャンセル手続きが不要です。

「ロリポップ!」の特長は、アカウントパネルとサーバーパネルが同一画面(ユーザー専用ページ)で管理できること。IDとパスも1組、他社サービスのように混乱することがありません。

サーバーの管理画面は独自仕様で分かりやすく、初心者でも迷わずワードプレスをインストールできます。

ロリポップ!各プランの特徴

『エコノミー』はワードプレス(動的サイト)が利用できません。メールアドレスや静的サイトの作成が目的の場合は最安で使えます。

『ライト』は利用できる独自ドメインが50個ですが、データベースの利用は1つだけ。ワードプレスを複数インストールする場合は、1つのデータベースを共用することになります。電話サポートはありません。

『スタンダード』はデータベース作成が50まで。ワードプレスを始めるならこのプランから。電話サポート付きです。

『ハイスピード』からは自動バックアップ(復元手数料10,000円)付き。データベース数は無制限。Webサーバーは高速仕様の「Lite Speed」です。

『エンタープライズ』は業界最高水準のスペック。月額300円の「7世代バックアップ」オプションが無料です。

レンタルサーバー「ロリポップ!」の運営会社

ペポパ株式会社

2001年、「ロリポップ!」は個人向けレンタルサーバーとしてサービス開始。

2004年、運営会社の有限会社paperboy&co.は株式会社へ組織変更。GMOインターネット株式会社の子会社に。

2014年、株式会社paperboy&co.はGMOペパボ株式会社へ商号変更。

GMOパペボ株式会社は1部上場企業、GMOインターネット株式会社のグループ会社です。


 

独自ドメインの取得方法を初心者向けに【ムームードメイン】で解説
ホームページの作成またはブログを始めると決めたら、先ずはドメインの準備。 ドメイン取得サービスは沢山ありますが、メージャーなトップレベルドメインの空きは、どのサービス会社を利用しても同じです。料金については、多...
初心者 おすすめレンタルサーバー WordPressを無料体験から始める
サイトやブログが簡単に作成できる「WordPress(ワードプレス)」。 無料のソフトですが、インストール先はパソコンではありません。WordPressは契約したレンタルサーバーにインストールして利用できます。...
WordPressにおすすめな高性能レンタルサーバーを料金とスペックで比較
大量アクセスを目指して作成したサイトには、高性能なサーバーが必要です。特にWordPressで運営する場合は、高速なサーバーが求められます。 データベースへのアクセスを要する動的サイト(WordPress)...

 

スポンサーリンク
関連記事
サイト作成
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

ギフト券チャージキャンペーン
初めてのチャージ(5000円以上)で
1,000ポイントがもらえます!
エントリーできればキャンペーン対象者です

現金チャージで毎回ポイントもらえるよー

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました