WordPressの絞り込み検索プラグインをあれこれと探した結果

スポンサーリンク

絞り込み検索

簡易的なECサイトでも、絞り込み検索機能が欲しいですよね。

ネットで調べると、作り方は出て来るけど・・・。シロートにはハードル高そうです。
業者に頼めば、安くても数万円かな?

 

ワードプレスでは、無料のプラグインがあります。

WP Custom Fields Search

見つけたのは2016年頃。バージョンは「0.3.27」。日本語版も配布され、解説記事も多く、使いやすいプラグインでした。

ところが

2017年に、レンタルサーバーのデータベースをPHP5からPHP7にアップしたところ、「WP Custom Fields Search」が原因でサイトが真っ白。

どうやらPHP7には対応していないようです。

しばらくPHPのアップを諦めてました。

でもやっぱり
PHP7でサイト高速化を目指したいので、新しく「絞り込み検索プラグイン」を探してみました。

条件は
  • PHP7対応
  • カスタムフィールド対応
  • カスタム投稿対応
  • 無料または安価

結論
選んだのは、有料の「Search & Fillter Pro

この記事では、候補にピックアップしたプラグインも合わせて紹介します。

スポンサーリンク

Search & Fillter Pro

有料:SINGLE SITE $20DEVELOPER(サイト数無制限) $75

料金の違いは1年間にアップデートできるサイトの数。SINGLE SITE版でも複数のサイトで利用できますが、アップデートできるのは1サイトだけです。
ライセンスは1年間有効。自動アップグレードやサポートが受けられます。更新しなくてもソフトは継続利用できます。

カスタムフィールド、タクソノミーでも検索できます。

公式デモサイト

機能的には十分。ネットでの評価も悪くはありません。有料でも2,000円チョットなら安いので購入しました。

Home

\簡単なデモサイトを作りました/

絞り込み検索TEST
「Search & Filter Pro」デモ

英語は不得手、プログラミングの知識もないため、設定に少し苦労しました。
詳しく書かれた日本語の解説記事もなかったので、カスタムフィールドの作成から検索フォームの設定までを備忘録として別記事にまとめました。

WordPressカスタムフィールドとプラグインを使った絞り込み検索の作り方
この記事はワードプレスのプラグインソフトを使った、簡易な「絞り込み検索」作成の備忘録。 PHPとか難しい知識は必要なし、シロートでもプラグインソフトだけで、絞り込み検索が可能なサイトが作れます。 利用するプラ...

Search & Fillter Proのちょっと不満な点

Search & Fillter Proを使ってみて、数値の「レンジ」設定で困るケースがあります。

任意の(変則的な)レンジが設定ができません。検索フォームから自由にレンジが決められる「スライダー」も便利ですが、範囲が大きすぎる時に困ります。

例えば1,000円~10,000円がメインの商品の中に、10万円の商品を1つ入れた場合。全商品を価格での検索対象とするには、レンジを1,000円~100,000円で設定しなければなりません。10万円の商品のために、10,000円~100,000円の無駄なレンジができます。

用途によってはレンジを選択制にして、「1,000以下」「10,000以上」のような選択肢を自由に設置できると便利です。

Search & Fillter フリー版

無料プラグイン

「Search & Fillter」はフリー版もあります。

検索すると、フリー版の記事ばかりです。

検索できるのは、カテゴリーとタグ。
UIはプロ版と全く異なり、お試し用にはなりません。併用も不可(プロ優先)です。

Search & Filter
カスタム投稿、カテゴリ、タグ、タクソノミー、投稿日、投稿タイプの検索とフィルタリング

WP Custom Fields Search

無料プラグイン

PHP7に対応していれば、機能的にも無料の「WP Custom Fields Search(0.3.27)」で十分。現行バージョン(1.2.11)でも対応していません。
※2018.8時点

バージョン0.3.28(以前)がインストールされている場合、WP管理画面で「更新」が表示されます。うっかり更新すると、設定済の検索条件データが全部消えます。プラグイン名は同じでも、UIは全然違う。まったく別プラグインと思った方が良いです。

PHP7に対応した時、じっくりと試してみたいです。

検索方法はドロップダウン、チェックボックス、ラジオボタン、テキスト検索の一通り。
ECサイトに必須のカスタムフィールドも検索できます。

レンジ(価格帯など)の検索も可能ですが、先に範囲を提示して、そこから選択させます。検索フォームからレンジを自由に設定することはできません。

PHP5.6なら動作します。気にしない方は無料なのでお試しを。

WP Custom Fields Search
With this you can give your readers the ability to search and filter your posts / catalogue to quickly find the information they need.

FE Advanced Search

有料:無制限 ¥59,800 (税込)

国産の絞り込み検索は「FE Advanced Search」一択。

「FE Advanced Search」は、 複数の条件(カテゴリ/タグ/カスタムタクソノミー/年月/キーワード/カスタムフィールド/等)による絞り込み検索機能を提供する「WordPress」用のプラグイン(追加機能)です。iPad 1台分の価格でご購入いただけます。その上、サイトごとの追加ライセンス料もなく、今後の機能追加の際も無料でアップグレードでき、 技術サポートも無料で受けられます。 プラグイン形式なので設置も簡単です。

サイト数、アップデートも無制限。PHP7対応。

「iPad 1台分の価格」とは言え、高いので躊躇します。
設定画面が日本語なのはストレスありませんね。日本語でサポートを受けたい方、複数のサイトで長く利用した方お薦めです。
他のプラグインで、検索フォームのレイアウトで行き詰った方にも良いかもしれません。

検索条件は

  • ドロップダウンメニュー
  • チェックボックス(AND/OR検索の選択が可能)
  • ラジオボタン
  • リストボックス(AND/OR検索の選択が可能)
  • テキストボックス(フリーワード検索)

検索フォームを簡単に自由に作成できる設定パネルがWordPress管理画面内に用意されています。

「FE Advanced Search」の魅力は、検索フォームが簡単に作成できることです。

検索フォームは本文中に設置でき、CSSでレイアウトできます。設定画面から各検索項目に任意のタグが付けられます。

いつか利用したいプラグインです。

公式デモサイト ※実際に編集ができます

FE Advanced Search
絞り込み検索プラグイン for WordPress

Advanced Filtering for WordPress

有料:Basic $99、Professional $249

購入に至っていません。
デモサイトを見る限りは、安い「Search & Fillter Pro」で良いのかな。でも、高い分、UIでは優れているかもしれません。

「Search & Fillter Pro」が思うようにカスタマイズできなかった方は、試してみては如何でしょうか。

公式デモサイト

Advanced Filtering and Faceted Search Plugin for WordPress | FacetWP
Advanced filtering and faceted search for WordPress and WooCommerce

ワードプレスを無料体験できる、初心者におすすめの最安レンタルサーバーを紹介
サイトやブログが簡単に作成できる「ワードプレス」。無料のソフトですが、利用するにはワードプレス対応のレンタルサーバーが必要です。 一度、試してみたい方。 現在契約中のレンタルサーバーが対応していない又はレ...
ワードプレスで会社のホームページを自分で作成する手順、初心者でも簡単!
初めてのホームページ作成には有料ソフトが必要。PCインストール型の「ホームページビルダー」「dreamweaver」などが有名です。 ところが、クラウド型CMSを利用すれば、ソフトを購入することなく無料でホーム...

 

スポンサーリンク
関連記事
サイト作成
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました