Amazonアソシエイトの追加登録を事後報告した時のはなし

スポンサーリンク

このブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

アソシエイト・セントラル - Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!

ある日、twitterを見ていた時

タイムラインにAmazonのアソシエイトリンクらしきツイートを見かけました。

twitterにも、画像付のアソシエイトリンクが貼れるの?

早速、調べてみました。

検索でヒットしたブログ記事によると、まずは「Amazonアソシエイト・プログラム」の登録が必要と。

数年前に、サイト・トップドメインの登録は済ませてます。今回はtwitterの「登録URLの追加」になります。

また、登録には事前報告が必要とも書かれています。

 

ここで気づいたのは

サブディレクトリにあるこのブログ、登録は必要なの?
既にAmazonアソシエイトリンクをたくさん貼っている
事後報告だと、どうなるの?

この記事はAmazonに事後報告したときの記録です。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトはサブディレクトリの登録も必要?

Amazonに問い合わせる前に、アソシエイトの管理画面を確認してみました。

Amazonアソシエイト管理画面
 ホームアカウントの管理ウェブサイトとモバイルアプリの変更

追加登録

アソシエイト管理画面

冒頭に「ウェブサイトのトップドメイン」入力とあります。

トップドメインが登録してあれば、サブはいいよね?

ウェブサイト情報の入力欄を見ると
「example.com や example.com/myblog」と表示されています。

どうやら

サブでも、別サイトであれば登録が必要だな・・

 

googleアドセンスの場合
トップドメインを登録すれば、サブディレクトリの別サイトにも広告は自由に貼れます。登録できるのはトップドメインだけです。

サイトの追加登録を事後報告してみた

事前報告なしに、既にAmazonアソシエイトリンクをたくさん貼ってしましたこのブログ。

どうする?

  • トップドメインの登録があるから大丈夫かも?
  • 本当に事前報告しないとダメなの?
  • 事前報告は間違った情報じゃないの?

取り敢えず
先にアソシエイトの追加登録を済ませ、ヘルプ>「お問い合わせフォーム」から事後報告してみました。

すると、1時間もしないうちに返事が

今回アカウントを確認するにあたり規約違反行為を発見しました。違反行為がある場合は新しいサイトの登録ができません。
このため、まずは違反行為の是正をお願いします。
アソシエイト・プログラムではURLの追加や変更を行う際はメールでの事前報告を行っていただいており、参加者様のご判断によるURLの書き換えについてはお断りいたしております。
-途中省略-
新しいサイトがある場合は、まずはメールで新しいサイトのURLのみを報告いただき、審査に通過した場合のみ、専用フォームへのURL入力をお願いします。

やはり、事前報告は必要です!

直ぐに、追加登録したウェブサイト情報を消しました。
次は、先程の「お問い合わせフォーム」から追加したいURLの連絡が必要です。

連絡の前に
貼ってしましたAmazonアソシエイトリンクをどうするか?

  1. リンクのあるページを一時的に非公開にする
  2. リンクを一時的に非表示にする
  3. 何もしない

審査期間が不明で、一時的でも記事を非公開にするのは避けたい。
リンクを一時的に非表示するのは手間がかかり過ぎる。

結論
そのままの状態で申請する。つまり、何もしない。

その日のうちに
お昼の1時ごろ、「お問い合わせフォーム」から追加申請しました。

先の「お問い合わせ」と違い、連絡が直ぐにありません・・・

ダメなの?

気になり出した夕方の5時過ぎ、ようやく返信が来ました。

このたびのご依頼通り、お知らせいただいた以下のサイトについて通常のサイト審査をさせていただき、無事承認となりましたので、既存のアソシエイトID:xxxxの登録サイトに追加をいたしました。今後、新しいサイトでのご注文やクリック数などの情報は既存のIDのレポートに計上されます。
-途中省略-
なお、審査の上、正式に承認されたサイトURLは以下アカウントサービスより登録サイト欄への追加書き込みをお願いします。
https://affiliate.amazon.co.jp/home/account/profile/sitelist

Amazonアソシエイトリンクを貼ったままでも
無事承認となりました!

早速、アソシエイト登録のサイト欄へURLを追加しました。

 

気になったので、アクセス解析でログを確認してみると。メール受信時刻の直前、amazonからのアクセスを発見しました。

閲覧されたのはトップページだけでした。

アソシエイトリンクを貼ったまま申請することを推奨しているものではありません。自己判断でお願いします。

アソシエイト・プログラムの規約違反行為

今回のように、事前申請なしでも、アカウント管理画面からサイトの追加登録はできてしまいます。また、登録外のサイトへもアソシエイトリンクを貼ることは可能です。

でも、これは規約違反行為に該当します。

うっかり追加申請を忘れてしまった場合でも、勝手に追加登録せず、先に申請すれば承認は頂けました。

アソシエイトリンクを貼ったサイトを別ドメインやサブに移設した場合は、忘れずにその旨をAmazonに申請しなければなりません。

twitterのアソシエイトリンクも登録が必要

twitterにAmazonアソシエイトリンクを貼る場合も、アドレスをAmazonアソシエイトに登録しなければなりません。

twitterも事前承認は必須です!

先に「お問い合わせフォーム」からのURL申請と承認が必要です。

未登録サイトにAmazonアソシエイトリンクを貼ると規約違反行為になります。

お気を付けください。

画像付きのアソシエイトリンクを貼る

本文冒頭に書いたように、元々はtwitterで画像付きAmazonアソシエイトリンクを貼りたかったんです。

テスト投稿では表示できたものの、その後の本番では何故かサムネール画像が表示されません。

ググってみると
同じように上手くいかない方が多いようです。

どうやらtwitter上の問題?のようで

早く改善、安定することを切に願います!

・・・・・・・・・・・・ 後日 ・・・・・・・・・・・・

表示されました!
全部ではありませんが、なぜ?

サムネール画像の表示基準がわかりません・・

最後に

twitterから始まった今回の規約違反行為の認識。

Amazonアソシエイト・プログラムについて、少し理解を深める結果となりました。

サイトのドメイン変更、特にサブディレクトリサブドメインに新たにサイトを作成し、Amazonアソシエイトリンクを利用するときは要注意です。

 

スポンサーリンク
関連記事
サイト作成
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました