次世代レンタルサーバー【JETBOY】のワードプレスお試し備忘録

JETBOYレンタルサーバー

JETBOYレンタルサーバーは高速WEBサーバーLiteSpeedを搭載したSSD標準の次世代クラウド型レンタルサーバー。

次世代!? 料金の割にはなんだか凄そうだぞ

早速、無料トライアルしてみました。
この記事は、その備忘録です。

「クラウド型レンタルサーバー」とは何なのか?今も分かりません。

ワードプレスをインストールしてみましたが、不慣れなせいか、独特でちょっと扱い辛い印象です。なんせ、世界標準の「cPanel」は英語が多くて・・・

それでも、サーバーのスペックは料金以上だと思います。
ミニプランで始めて、サイト数とPV数が増えたら上のプランにも変更できます。初期費用を抑え、本格的にサイト運営に取り組みたい方には好都合なレンタルサーバーです。

いや、次世代クラウド型レンタルサーバーです!

\公式サイト/

 

Sponsored Links

JETBOYレンタルサーバー

JETBOYレンタルサーバーは年または月契約。支払方法はクレジットカード、デビッドカード、銀行振込。

プラン初期費用月額年額容量MYSQLPV数目安
ミニ1,000円380円3,480円5GB3個5万PV/月
ファースト1,500円690円6,960円20GB20個50万PV/月
スタンダード3,500円1,280円11,760円40GB40個100万PV/月
プレミアム5,500円2,380円23,760円80GB70個200万PV/月
ビジネス7,200円5,780円59,760円120GB100個350万PV/月
ビジネスプロ7,200円9,180円90,960円150GB150個500万PV/月

独自ドメインはミニプラン10個、ミニプラン以外は無制限に設定できます。全プランに無料SSLを提供。

JETBOYレンタルサーバーの無料トライアル

「JETBOY」は2週間無料でお試しできます。

お申し込みはコチラ

公式サイト「2週間無料トライアル・・・」から申し込み。

お試しをするには、クレジットカードの登録が必要。申し込みから2週間内は無料、期限内に解約をしないと「初回お支払い金額」が自動決済されます。

申込手順は
「ユーザ情報登録」→「サーバー選択」→「サービスプラン選択」→「サブドメイン選択」→「お支払い方法選択」→「ご契約内容確認」→「ご契約完了」

申し込みが完了すると「【JETBOYレンタルサーバー】 無料トライアルお申込み完了のお知らせ」メールが届きます。

  1. 無料トライアルお申し込み内容(無料トライアル有効期限など)
  2. ご利用料金のお支払いについて(初回費用など)
  3. アカウント情報(アカウントパネルURLなど)
  4. サーバー情報(サーバーパネルURLなど)

以上、重要な事項がメールに記載されています。

アカウントパネル

アカウントパネル

アカウントパネルとは
登録情報の確認・変更、サービスの管理、請求情報、問い合わせなどを行う管理パネル。
ログインは登録メールアドレスとパスワードを入力します。

サーバーパネル

サーバーパネル

サーバーパネルとは
サーバーの各種設定(ドメインの設定・データベース設定など)を行うための管理パネル。
ログインはアカウントパネルと同じ登録メールアドレスとパスワード、サーバーアカウントの入力も必要。

cPanel

JETBOYはサーバーパネルとは別に「cPanel」も用意されています。サーバーパネル経由で、パスなしでログインできます。

cPanelとは?
cPanelはウェブベースのウェブホスティングコントロールパネル。世界標準のサーバー管理用コントロールパネル。
JETBOYでは通常のサーバーパネルの他にcPanelでもサーバーの管理が可能です。

サーバーパネルの機能を補う形で「cPanel」へリンクされています。この外部リンクと英文の多さ(世界標準?)に慣れるしかありません。

ドメイン設定

JETBOYのネームサーバ

  1. ns1.jetboy.jp
  2. ns2.jetboy.jp

JETBOYにワードプレスをインストール

ワードプレスのインストールはサーバーパネルから。

ソフトウェア項目にある「WordPress自動インストール」→「新規インストール」
さらに「WordPress自動インストールはこちら」、計3回クリックすると『cPanel』へ移動します。

WPインストール

『cPanel』の「インストール」タブをクリック。

インストール先にルートドメインまたはサブドメインを選択で、「インストール」完了。※サブドメインは先に①「Add a subdomain」で作成する必要があります

WPパスワード

完了画面ではワードプレス用のユーザー名とパスワードが表示されます。
英数字と記号の複雑な組み合わせなので、メモ(コピー)は必要。

パスワードはワードプレス管理画面で変更できますが、ユーザー名は変更できません。※この点は不満

サブディレクトリを選択した場合

サブドメイン

サブディレクトリへのインストールは
ワードプレスのユーザー名とパスワードなどが自由に設定できます。

データベース

データベース

ワードプレスの新規インストール時に、データベースが自動生成されます。データベースのユーザー名とパスワードを決める必要がありません。

自動生成されたデータベースは、サーバーパネルのデータベース項目「Mysqlデータベース設定」で管理することができます。

データベースの共有できません。
設定の制限数があるので注意が必要。例えば「ミニ」プランの場合は、ワードプレスがインストールできるのは3サイトまでになります。

ワードプレスの設定

サブディレクトリ以外、インストール時のワードプレス設定は何も必要ありません。ユーザー名、パスワード、サイトのタイトル、登録メールアドレスなどはすべて自動で設定されます。

困るのはユーザー名、一度登録すると変更できません。その他はワードプレスの管理画面から変更可能。ニックネームは自由に付けられますが、ログイン時には複雑なユーザー名を使うことになります。

 

WP言語設定

インストールしたワードプレスの管理画面にアクセスしてみると、すべて英文です。日本語への変更は自分で行う必要があります。

タイムゾーンは「UT+9」でもOK

詳細は公式サポートページで

WordPress新規インストール方法 – JETBOYサポートサイト
WordPress新規インストール メニュー「WordPress自動インストール」をクリックします。 wordpressをインストールするドメインを選択し、「インストール」を実行します。 「成功:完了」が出力されればインストールは完了です。 画面に表示されているユーザ名、パスワードは初期のwordp
\公式サイト/

 

JETBOYレンタルサーバーの解約方法

JETBOYレンタルサーバーの解約または無料トライアルのキャンセルは、アカウントパネルより手続きします。(分かりづらい)

キャンセル手続き

アカウントパネル「サーバー管理」からご契約サーバーリストに移動。右端の「サーバー詳細」をクリック。

キャンセル手続き2

ご契約サーバー詳細の一番下、『解約をご希望の方はこちら』のこちらをクリック。

移動先画面でアンケートに回答し、キャンセルできます。

まとめ

JETBOYのサーバーパネルは、主な機能をウェブホスティングコントロールパネル「cPanel」に依存しています。『クラウド型レンタルサーバー』とは、このコントロールパネルのことを指しているのかもしれません。

サーバーパネルが2つあることと、「cPanel」独特のインターフェース&英語表記には慣れるしかありません。おそらく、この辺りのコストカットが低価格を実現していると思います。

JETBOYは、高速・高性能なサーバーが月額500円以下から利用できます。

ミニプランの転送制限は目安として月に5万PV。決して簡単なPV数ではありません。将来、PV数またはデータ容量が増えた時は、プランのアップグレードで対応できます。※下位プランへの変更はできません。

JETBOYレンタルサーバー「2週間お試し」は1度だけです。クレジットカードの登録も必要です。


 

Sponsored Links
関連記事
ウェブサイト
記事をシェアする
Sponsored Links
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0