賃貸マンションで光インターネットを使う・使えない時の対策

賃貸のインターネット

住生活では必須の光インターネット。

昨今は様々な方式やアクセス方法があります。先ずはその組みについて簡単にご紹介します。

賃貸マンションでインターネットを契約する場合、希望する会社や接続方式で利用できないケースがあります。
居住するまたは引越し先マンションのインターネット環境はご存知ですか?

今よりも快適なネット環境を構築するための提案と、実際の利用状況に適したリーズナブルな通信手段、短期間のインターネット利用についてもご紹介させていただきます。

賃貸マンションに光コンセントがない時、確認方法と不要なケース
引越し時に気になる賃貸マンションのインターネット環境。昨今は、インターネット使用料が家賃に込み、入居後すぐに利用できる賃貸も増えてきました。 一方入居者が直接、ひかり配線方式でインターネット契約する場合、室...

光インターネットの契約

光インターネットを利用するには「光回線事業者」と「プロバイダ」の契約が必要。プロバイダーは光回線を利用して、ユーザーをインターネットに接続する事業者です。

インターネットの契約は、プロバイダーが窓口。料金は光回線事業者に回線工事費、使用料、機器レンタル代など、プロバイダーにインターネット接続料。以上を合算してプロバイダーに支払います。

光回線事業者がプロバイダーサービスも提供するインターネット契約もあります。

「光回線事業者」

光回線事業者は、屋外から室内に光回線を提供し、回線終端装置(ONU)を貸与します。※回線だけではインターネットに接続できません
例:フレッツ光(NTT)、auひかり(KDDI)、UCOM、ケイオプティコム、コミュファ、他

2015年2月よりNTT東西は、光回線を使った通信サービス「光サービス卸」を提供。「softbank光」「ドコモ光」など、光コラボレーション(光コラボ)が新たに光回線事業者として参入。

賃貸マンションでは、利用できる光回線会社が限定されることが多い。中には、複数の光回線会社のケーブルが施設され、その中から選択できる場合もあります。

「プロバイダ」

光回線事業者の回線を利用し、インターネット接続サービスを提供。
例:OCN、nifty、So-net、BIGLOBE、他
光回線会社とプロバイダーの組み合わせは多数あります。

光回線会社×プロバイダーの組み合わせにより、インターネット料金が変わります。
申込から開通までに2~3週間かかることが多いので、引越しと同時に使いたい場合は早めのお申込が必要です。

光回線事業者がプロバイダーサービスも

光回線事業者がプロバイダサービスもあわせて行なっている場合があります。
例:UCOM、ケイオプティコム、コミュファ、他

NTTはプロバイダー業務を行っていません(独占禁止法)。
系列会社でプロバイダ事業を行ってます。例えばOCN、ぷららなど

フレッツ光回線の光コラボも回線事業者+プロバイダ。「○○○光」と呼ばれるサービスを提供しています。

OCN光OCN光

マンションがプロバイダと1棟契約をしている場合

「インターネット使い放題」とある場合、マンション全体(全戸数分)で契約しています。プロバイダーは選べませんが、開通工事は不要。初期費用なし又は割安です。

インターネットの契約期間はないので、解約(退去)時に違約金が発生しません。

マンションの光インターネット接続方式

マンションのインターネット接続には3つの方式があります。

  • 電話線(メタル線)を利用した「VDSL方式」
  • LAN配線を利用した「LAN方式」
  • すべて光ファイバーケーブルの「ひかり配線方式」

<通信速度>
「ひかり配線方式」>「LAN方式」>「VDSL方式」>(ADSL)

VDSL方式 とは

「光」が普及する前の古いマンションはVDSL方式が多い。VDSLからひかり配線方式に切替えるマンションも年々増えています。
今となっては、VDSL方式は光インターネットを応急的に利用するための手段だったのかもしれません。

VDSL
※NTT公式ページ<VDSL方式
VDSL方式は、マンション&住戸内に配線された電話線を利用します。パソコンを接続するVDSL装置はインターネット申込後、回線業者から自宅(取付け先)に送付されます。
複数台のパソコンが接続できるルーターとVDSL装置が一体または別々の2種類があります。別々のタイプはコンセントが2箇所必要になり、置きスペースも余計に必要。申込前に確認することをお勧めします。別契約で光電話も利用できます。

ADSLモデム
http://ybb.softbank.jp/support/connect/adsl/modem/wstation.html

LAN方式 とは

マンション共用部にあるルーターを経由し、各住戸にLANケーブルを配線した方式(プライベートIPアドレス)。戸別契約でなく1棟契約、入居後直ぐに使える(賃料込み)ケースがほとんど(使い放題)。有料の場合でも比較的割安。

LAN
※NTT公式ページ<LAN配線方式

電話線とは別の専用のLAN配線を利用します。室内からの接続は、電話ジャックよりひと回り大きなサイズのLANコネクター(差込口)。

LAN方式
https://flets.com/customer/next/access/connect/mansion/lan.html

ひかり電話を設置する場合(対応は要確認)

光電話
https://flets.com/customer/next/access/connect/mansion/lan.html
プレート右上がLAN差込口
下に電話差込口
ルーターが既に設置されているケース
無線wifiと有線LANケーブルが利用可
マンションの一体型wifi設備
LAN型wifi設備

※wifiルーターが壁内に埋め込まれたコンセントプレート一体型タイプ。
LANケーブル&電話&PC用アース付コンセント付きもあり。

ひかり配線方式 とは

室内まですべてが光ケーブルのひかり配線方式。通信速度が速く、主流になりつつあります。

Hikari
※NTT公式ページ<ひかり配線方式

光配線が主流の現在では、築浅のマンションはひかり配線方式に対応しています。光ケーブルの引き込み手配は、インタネット契約者です。前入居者が契約していた場合は、光ケーブルと光コンセントはそのまま残置してます。

ひかり配線方式が採用されていないマンションでも、戸建て住居と同様に単独で契約することはできますが、マンションの構造上の理由や高さ(階数)制限で利用ができないケースもあるようです。

ひかり配線方式が普及する以前のマンションで光配線をする場合
既設の電話線用配管を利用し、光ケーブルを室内まで配線します。光コンセントは既設のプレート横に増設されたり、一体型コンセントプレートに取り替えられたり。光ケーブルが露出している場合もあり、形状は様々です。

光コンセント一体型
INTERNET00
光ケーブル改装物件
上の画像はnomaオリジナル画像です。無断転載が目立ちます。ルールを守ってください!

室内に光コンセントがあれば、光回線工事費が安くなります。無派遣工事となり費用は2,000円+税(NTT)。前入居者の工事費負担で光ケーブルを室内まで引き込んだ場合、退去時に光ケーブルを撤去(原状回復)していることが稀にあります。

室内に光コンセントがない、建物内に光ケーブルがない場合は派遣工事になります。
光回線工事費(マンション)は15,000円+税(NTT)。

※工事費用は地域や回線業者によって異なる場合があります

全戸一括型 ひかり配線方式

新築またはリニュアル工事時に「ひかり配線方式」を採用し、ネット代無料の賃貸は、光ケーブルは全住戸に配線済。各住戸にはONU(光回線終端装置)も設置済みです。

スターキャットhttps://hikari.starcat.co.jp/service/index.html

例えば、名古屋ではスターキャット社がオーナー様向けにも全戸下り最大1Gbps+wifi付光サービスを提供しています。

全戸数分の使用料金はオーナー様が負担。1棟契約をすることで各戸の料金を抑えられますが、空室分の使用料も支払います。入居者は、光インターネットが毎月無料で使えます。実質、料金分を共益費等の増額で賄っているケースが多いようです。それでも、入居者にとってはメリットが多く、入居者募集に有利になるため、導入するオーナー様が増えています。

ONU(光回線終端装置)
光ーデジタルの信号変換行う装置。wifi、固定電話の接続も可能な装置は「ホームゲートウェイ」と呼ばれます。
ネット使用料が賃料に込みのお部屋は、写真のように先に設置されています。
※入居時に業者が設置し、セットアップ料が発生する場合もあります。

マンションまで光ケーブルが引き込まれていない場合

古い物件では、外部から建物まで光ケーブルが引き込まれていなこともあります。
その場合、先ずは回線事業者に相談してください。物理的に引き込みが可能であれば、管理会社またはオーナーの了解のもと、住居へ直接光ケーブルを引き込みます。

電柱のない地中化エリア内にある古いマンションは、新たにケーブルが地中から引き込めないケースがあります。マンション敷地内から露出配線する手段もありますが、工事費用は増大し、マンションオーナーの了解も必要となります。賃貸ではあまり現実的な方法ではありません。

光ケーブルは諦め、別の通信手段も検討されては如何でしょうか。

既設の電話回線があれば「ADSL」を使う

ADSLADSL
光ケーブルが建物まで届いてなくても、電話回線(ADSL)を利用すればインターネットに接続できます。光インターネットに比べ通信速度は劣りますが、安く、実用的です。
NTTは「フレッツ光」提供エリアでのADSL申込みを終了し、現在はソフトバンクのみがサービスを提供しています。

名古屋市中区大須にあるNoMA不動産はADSLを利用しています。

理由は、歩道の地中にある光ケーブルをビル敷地内に引き込めなかったからです。古いビルのため配線(管)ルートが確保されていませんでした。引き込むには、歩道の土木工事が必要で、そこそこの費用がかかります。確認から5年後の2017年、別テナントが確認したところ土木工事費用は回線事業者が負担するとのこと。IT時代は駆け足です。

光ケーブル施設工事

光インターネットが利用できる環境になった今でも、変わらずADSLを利用しています。理由は不便を感じていないから。毎月の使用料が高い光インターネットに変える必要が今のところ見つかりません。

ゲームや動画などの大きなデータを扱わない日中だけのビジネス利用であれば、ADSLで充分です。因みに推定転送速度: 19.37Mbps (2.42MB/sec)。夜間のフレッツ光より速いかもしれません。


※ADSLの速度はNTT交換局からの距離に影響します
※上記データはNTT交換局まで1,110m

工事不要のホームルーターを利用してみる

固定回線がなければ無線で。

SoftBank AirSoftBank Air」3つのポイント
1)かんたん!工事不要で、届いた日からすぐにネットが使える!
2)高速回線で動画もサクサク!
3)データ容量制限なし!

SoftBank AirSoftBank Air

契約日を含めて8日以内なら無料で契約解除可能です。使えるかどうか不安な方は、先ずはお試ししてみてはいかがでしょうか。


短期間の利用目的であれば、AC電源を接続して使うSIMフリー対応のwifiルーターがお薦め。LANケーブルの接続でも利用できます。格安SIMが使えます!

created by Rinker
NEC
¥12,300(2018/06/22 13:13:37時点 Amazon調べ-詳細)

スマホのテザリングを利用する

デザリング画面通信速度は固定回線よりも劣りますが、サイトの閲覧程度であればスマホのテザリングでも充分。直ぐに利用できます。データ使用量が当然増えるので、大容量プランへの切替は必須です。
手持ちのスマホで不要になったスマホがあれば、格安SIMで固定回線代わりにも。※機種によってはテザリングが使えません

mineo_ID:022mineo_ID:022

スマホのテザリングを固定回線代わりに使う時は、大容量プランに変更
引越し後、インターネットが直ぐに使えない環境下のとき、どうしますか? 固定回線のインターネットは申込みから引込工事まで2~3週間ぐらいかかります。引越し前に手配すれば良いですが、ついつい忘れがち。スマホやタ...

モバイルルーターを固定回線代わりに使う

大容量使えるモバイルルーターもお薦め。データ容量制限は3日間10GBだけ。もちろん、外出先でも使えます。

お値打ちなレンタルWiFiルーターもあります。
月額980円~選べるプラン!期間縛り・解約金無しのレンタルルーター【FUJIWifi】

固定回線代わりにモバイルルーターは使える!引越時は特にお薦め
昨今、インターネット使用料が込みの賃貸が増えてきました。それでも、入居者の費用負担で、回線手続きが必要なマンションの方が多いのが現状です。 できれば、毎月の通信費は抑えたいものです。 転勤などで引越し...


Yahoo!WiFi_ID:010

Yahoo!WiFi_ID:010