WiMAX2+のモバイルルーターをSoftbank回線SIMで使ってみた

スポンサーリンク

WiMAX2+Softbank

WiMAX2+サービスが利用できるモバイルルーターは、どれも性能の高さが魅力です。回線契約とセットで販売されています。

現在は、WiMAXのSIMが単独でも契約できるようになりました。それでも、新品端末を回線事業者から単独で購入できません。

公式サイト:BIGLOBE WiMAX 2+なら「SIMのみ」でも契約可能!

ネットショップ等で探せば、新古・中古の端末が見つかります。WiMAX端末はSIMフリー。ハイスピードプラスエリアモード対応の端末であれば、4G/LTEの格安SIMで使えます。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、au回線の4G/LTEを利用したサービスですが、SIMフリー端末はau回線でなくても使えます。プラチナバンドに対応しないだけです。

WiMAX端末、au回線以外で本当に使えるのかな?

WiMAXのモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」をネットショップで見つけ、衝動買いしました。

W06はSIMフリーです。

早速、大容量データSIMで試してみました。

 

\新品!?が購入できます/

スポンサーリンク

Speed Wi-Fi NEXT W06 (HWD37)スペック

Speed Wi-Fi
NEXT W06
(HWD37)
Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元ファーウェイ・ジャパン
サイズ約128x64x11.9 mm 125 g
バッテリ容量3000 mAh
通信速度下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
通信時間連続通信:約540分
連続待受:約800時間
対応通信規格WiMAX 2+ / 4G LTE
テザリングWi-Fi:2.4GHz/5GHz 最大16台
USBケーブル、Bluetooth
ディスプレイ約2.4インチTFTタッチ液晶
(解像度320 x 240ドット)
etcnano SIM、USB3.0 Type-C

WiMAX端末でも、ハイスピードプラスエリアモードを利用すれば、4G/LTE回線が利用できます。

対応するLTEのバンドは公表されていません。ネット情報によると以下のバンドが対応するようです。

  • Band1(2.1GHz):docomo,au,softbank
  • Band3(1.7/1.8GHz):(au),docomo,softbank
  • Band18/26(800MHz):au(プラチナバンド)
  • Band41(2.5GHz):au,softbank
  • Band42(3.5GHz):docomo,au,softbank

プラチナバンドはauだけ。docomoとsoftbankのプラチナバンドには対応していません。

別のネット情報によると
Band3,Band41はau回線以外は非対応。Band42はdocomo回線に非対応とのことです。

「Rakuten UN-LIMIT」がW06で利用できるのはパートナー回線エリア(Band18)のみ。楽天回線エリア(Band3)では利用できません

W06が利用出来るSIM

UQ WiMAX公式サイト「よくあるご質問」に、W06が利用出来るSIMについて、回答があります。

「au Nano IC Card04 LE」または「au Nano IC Card04 LE U」です。
SIMロックはかかっておりませんが、上記SIM以外を挿入して利用される場合の動作内容などは一切保証しておりません。

W06はSIMフリーですが、本記事の内容も動作を保証するものではありません。

W06は超高速通信が可能

Speed Wi-Fi NEXT W06は、3つの技術で超高速通信を実現します。

  1. キャリアアグリゲーション
  2. 4×4 MINO
  3. 256QAM

キャリアアグリゲーション

キャリアアグリゲーションとは

複数の周波数帯を同時に使用することで、通信速度の向上や、安定した高速通信を実現する技術

キャリアアグリゲーション

出典:au.com

4×4 MINO(フォーバイフォー マイモ)

4×4MIMOとは

データ送信側(基地局)と受信側(4x4MIMO対応機種)のアンテナ数を従来の2倍(4本)に増やすことで、一度に運べる情報量を増やす技術

4×4MIMO

出典:au.com

256QAM(256カム)

256QAMとは

電波の情報密度を高め、一度に運べる情報量を増やす技術

256QAM

出典:au.com

W06のプロファイル設定(APN設定)

Speed Wi-Fi NEXT W06に設定されたプロファイルは、本体のホーム画面「設定」→「プロファイル選択」から確認できます。

利用するSIMのプロファイルがなければ、新しいプロファイルを追加します。

新しいプロファイル(APN)を追加

SIM挿入

W06に新しいAPN(アクセスポイント名)を追加する手順。

初めに本体の電源を切り、SIMカードをセット。電源を入れます。

次にスマホまたはPCのWi-Fi設定画面から「W06」のSSIDを選択してパスを入力します。SSIDとパスは本体のホーム画面「情報」→「SSID情報」から確認できます。

SSID情報

W06に接続すると、自動でブラウザが立ち上がり「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」にアクセスできます。
自動でアクセスできない場合は、ブラウザを立ち上げ、アドレスバーに「192.168.100.1」を入力します。

プロファイル設定1

ログイン画面からユーザ名とパスワードを入力
  • ユーザ名:admin
  • パスワード:IMEI番号の下5桁

IMEI番号は本体のホーム画面「情報」→「端末情報」下にスクロールでIMEI番号が確認できます。

プロファイル設定2

①②③の順で新規のプロファイルを設定します。

 

プロファイル設定3

利用するSIMのAPN(アクセスポイント名)を入力します。
※画像はFUJI WiFi-SIMのAPN

 

プロファイル設定4

「続行」ボタンでプロファイル設定は終了。

 

本体のホーム画面「設定」→「プロファイル選択」から追加プロファイルを選択して利用開始です。

<参考>W06「情報」&「設定」画面

SSID番号

ホーム画面「情報」→「SSID情報」→SSID

Wi-Fi接続のためのSSIDとパスワード

IMEI番号

ホーム画面「情報」→「端末情報」→IMEI番号

Speed Wi-Fi NEXT設定ツールにログインするためのIMEI番号(下5桁)

プロファイル

ホーム画面「設定」→「プロファイル選択」

使用するSIMのプロファイル(APN)選択

<参考>FUJI SIMのAPN設定情報

プロファイル名FUJI wifi (任意設定)
APN(接続先情報)plus.4g
ユーザ名plus
パスワード4g
認証タイプCHAP
IPタイプIPv4

Speed Wi-Fi NEXT W06を4G/LTEに接続

ハイスピードプラスエリア

Speed Wi-Fi NEXT W06は本来WiMAX用のルーターです。

4G/LTEのSIMでは、WiMAX専用の通信モード「ハイスピード」では接続できません。なので、LTEネットワークも使える「ハイスピードプラスエリア」の通信モードを常時利用します。

UQの月間7GB制限とは関係なしに、4G/LTEが利用できます。

設定方法は
ホーム画面「通信モード設定」→「ハイスピードプラスエリア」を選択

大容量データ再販SIMの入手先

SIMフリールーターで利用したいのが、大容量データSIMです。

おすすめはSoftBank回線の再販SIM。MVNOの格安SIMよりも通信速度が速いと言われてます。

FUJI SIM」から100GB、50GB、20GB、10GBの4プランが、リーズナブル料金で提供されています。 月単位で、解約金なしで利用できます。

月額料金は【FUJI SIM】公式サイトからご確認ください

その他には、【Nomad SIM】 【ChatWiFi】 もありますが、在庫があまりないようです・・・。

W06のWiFiから通信速度測定

【FUJI SIM】【LINEモバイル】のSIMをW06ルーターへ交互に入れ、速度比較をしてみました。どちらもSoftBank回線です。

FUJI
FUJI SIM
LINE
LINE MOBILE

測定は5GHz帯のWiFi、同じスマホで接続。

数値はバラつきがあるものの、FUJI SIMが圧倒的に速い。以前に住んでいた賃貸のVDSLよりも速いです。

2.4GHz帯のWiFi接続

参考までに、2.4GHz帯で測定すると

FUJI
FUJI-2.4mhz
LINE
line-2.4mhz

5GHz帯よりも速度が落ちました。

後日、改めて測定したところ、5GHz帯とほぼ変わらぬ数値が出ました。2.4GHz帯は周辺電波の影響を受けていたのかもしれません。

WiMAX2+端末の本体価格

WiMAX端末は単独で購入できません。では、WiMAX回線とセットで購入すると、いくらなのか

どちらもKDDIのグループ企業。1年または2年契約の契約解除料は1,000円です。

上記以外のプロバイダは端末代金0円ですが、契約期間は3年限定。途中解約は利用期間に応じた解除料(9,500円~19,000円)が発生します。

SIMフリー モバイルWi-Fiルーター

docomo、Softbankのプラチナバンドを利用したい方は

以下のSIMフリー端末がネットショップで購入できます。

docomo,au,SoftBankのプラチナバンド対応

LTE:バンド1,3,8,11,18,19,21
LTE:バンド1,3,8,11,18,19,21
Aterm MR05LN
NECプラットフォームズ
LAN:5GHz/2.4GHz、デュアルSIM 対応

docomo,auのプラチナバンド対応

LTE:バンド1,3,19,26
LTE:バンド1,19,26
 Aterm PA-MP01LN-SW
NECプラットフォームズ
LAN:5GHz/2.4GHz

<参考>キャリアのプラチナバンド

キャリアプラチナバンド
docomoバンド19(800MHz)
auバンド18/26(800MHz)
SoftBankバンド8(900MHz)

まとめ

au以外のプラチナバンドに非対応のWiMAX端末(NEXT06)。Softbank回線のSIMだと、使える場所が限定されるのか?

心配でしたが、結構使えます。

docomo回線のSIMでも試してみました、大丈夫です。docomoのプラチナバンドに対応しないスマホを使っていますが、このスマホよりもよく繋がります。

NEXT06はTD-LTEバンド(band42)にも接続できます。キャリアアグリゲーションが効いて(?)よく繋がるのかもしれません。※推測です

今回購入した「W06」はUQブランドの端末です。auブランドでは試していません。どちらの端末も、指定SIM以外の動作保証はありません。ご利用は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
関連記事
回線
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

初回限定 キャンペーン
5,000円チャージで1,000ポイントがもらえる!

さらに
チャージするたび最大2.5%ポイント貯まる

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました