光配線方式の住居に光コンセントがない時 賃貸におすすめの光インターネット

スポンサーリンク

ONU

引越し時に気になる移転先のインターネット環境。昨今は、インターネット使用料が家賃に込み、入居後すぐに利用できる賃貸も増えてきました。

一方入居者が直接、ひかり配線方式でインターネット契約する場合、室内に光コンセントがあるかないかで、回線工事のスケジュールや初期費用が異なります。

古い賃貸物件になると、貸主や管理会社でさえもインターネット環境についてよく認識できていないのが現状です。
ましてや、どの部屋に「光コンセントがあるか?」など把握できていません。

この記事では、賃貸マンションのインターネット事情と光コンセントの要不要について書いていきます。

光コンセントについての記事はコチラ

光コンセントとは?探し方は?賃貸マンションを例にわかりやすく解説
光コンセントとは何か、わかりやすく解説。建物に光コンセントがないとき、開通工事の方法についても解説します。

 

スポンサーリンク

光コンセントがない賃貸マンション

先ず始めに、光コンセントを必要とするのは、ひかり配線方式のマンションです。VDSL方式では必要がありません。

ひかり配線方式でも、新築(未入居)のマンションは、室内に光ファイバーケーブルは敷設されていません。ただし、ネット代込(無料)の賃貸は、貸主が全住戸分のインタネット契約をするので、全住戸に光ファイバーケーブルが引き込まれています。

光ファイバーケーブルは、インターネット契約をして初めて室内に引き込まれます

新築時は、各部屋まで光ファイバーケーブルが引き込めるようにカラ配管が施工されています。カラ配管は壁内に隠蔽されているので、光ケーブルはもちろん、光コンセントを見ることはありません。

電話線同様、新築時に室内まで先行配線することは原則ありません。手配をするのはインターネット契約者です。

光ファイバーケーブルの引込工事費もインタネット契約者の負担です。
工事費は一括または分割の毎月支払い。解約時に分割の残債があれば、一括で支払わなければなりません。
※キャンペーンで工事費が無料のケースもあります

NTTのフレッツ光に限れば
光ファイバーケーブルの室内引き込みと光コンセント取り付けの派遣工事費は、一番初めにインターネット契約した入居者が負担しています。
光配線は室内に設置するONU(光回線終端装置)まで回線業者の所有物、マンション貸主が提供するものではありません。
本来は契約の都度、配線工事すべきですが、賃貸に限って解約時はONU以外を室内に残置します。
インターネットの引込工事は入居者が直接手配するため、どの部屋に光コンセントがあるのか、管理会社も大家さんも殆ど把握していないのが実情です。

「ひかり配線方式」対応の賃貸なのに、室内に光コンセントがない場合

インターネットの申し込みから開通までに1ヶ月前後かかります。
室内の光コンセント取り付け等の工事があるため、立ち合いも必要。引っ越しスケジュールを含め、早めの申し込み手続きをお薦めします。

VDSL方式(電話線利用)の賃貸マンション

共用盤
電源コンセント

古い賃貸マンション(竣工が2006年以前)の場合、光インターネット接続方式は未だに「VDSL方式」が多いです。

VDSL方式の場合、光コンセントは必要ありません

電話差込口があればインタネットできます。この場合、光ファイバーケーブルはマンション共用部まで(一般的には1階にある電話盤)、そこから室内までは電話線(メタル線)を利用します。

VDSL

ひかり配線方式が普及以降、VDSL方式を新規で採用するマンションはありません。

古い物件では、ひかり配線方式を新たに採用し、VDSL方式と混合する賃貸もあります。

VDSL方式は今となっては過去の遺物。
共用部に設置する「VDSL盤」は電源が必要。ひかり配線方式は共用部から光ケーブルを各住居に分岐するだけで電源も不要。通信速度については言うまでもありません。
新たにひかり配線方式を追加したマンションでも、継続的にVDSL方式を利用する入居者もいるため、一気に切り替えることは現実難しいようです。

 

ONU(光回線終端装置)がある賃貸マンション

「光インターネット無料」の光配線方式の賃貸では、室内に「ONU(光回線終端装置)」が設置されています。
光ファイバーケーブルはONUにダイレクトに接続され、入居者が光コンセントを探す必要はありません。退去時はそのままONUを残置するだけです。
※入居後に設置する回線業者もあります

光回線終端装置

LAN方式の賃貸マンション

LAN

(左)右上がLANコネクタ|(右)中央が無線LANルーター

マンションのインターネット接続がLAN方式の場合は、光コンセントが必要ありません。LANケーブル差込口(コネクター)がコンセントプレートに併設されています。

各住戸からはLANケーブルで接続。
LANケーブル差込口(コネクター)は電話差込口と形状が似ているので、ぱっと見では見分けがつきません。
電話口より一回り大きなのがLAN差込口。プレートに明記してあることもあります。

昨今では、無線LANルーター一体型のLANコネクターを見ることが多く、無線でも接続できます。コンセントプレート埋込みタイプは見た目もスッキリです。

LANケーブル差込口=LAN方式ではありません。
ひかり配線方式のマンションでも、住戸内はLAN配線した物件があります。
現在は無線LANが主流ですが、部屋数のある高級賃貸では各部屋にLAN配線されている物件もたまに見かけます。

LAN方式のマンションは、ひかり配線方式に比べ通信速度が劣る傾向があります。
ネット代が賃料に込みの物件は顕著にあらわれます。LAN設備が高速通信に対応していない、接続が集中するなどの要因が挙げられます。

光コンセントのある賃貸マンション

光コンセント

光コンセントの写真は一例で、形状は様々。光ファイバーケーブル引き込み工事と同時に光コンセントは設置されます。光線が目に当たらないよう、必ず下から差し込むように設置します。下から覗き込むと危険です(実際は太陽光線と同じくらい)。

光コンセントが室内に、既に設置されている賃貸があります

前入居者が退去時、光コンセントと光ファイバーケーブルを共に残置するケース。新築時から設置されていたものではありません。
この場合、同じフレッツ光回線であれば、インターネットの開通工事は無派遣工事となり、費用は2,000円程度です。

リビングまたは主室に、多くは電話線と同じ経路で光ファイバーケーブルは配線され、電話差込口のあるコンセントプレートにSCコネクタ用光コンセントが併設されています。
室内にLAN配線がある場合、分電盤の横または収納内に光コンセントを見ることもあります。

光コンセントがあっても光ファイバーケーブルがない?
極稀なケースで、要望があれば壁内のケーブルは撤去されます。
※NTT東西では撤去費用は無料、他社は1万円~
※戸建の場合は解約時にケーブル撤去(有料工事)が必須の回線業者もある

賃貸の光ファイバーケーブル引き込み工事は、入居者が直接依頼しています。そのため、各部屋の工事時期はバラバラ。取り付けられた光コンセントの種類が部屋ごとに違うのも珍しくありません。
既設のプレートを交換すれば光コンセントは増設できますが、何らかの事情で出来ない場合は横に設置されています。

 

露出ケーブル

光コンセントが普及する前は、光ファイバーケーブルをダイレクトにONU(光回線終端装置)へ接続していました。
退去後、ONUを返却した部屋はSCコネクタ付光ファイバーケーブルだけが室内に露出しています。

光ファイバーケーブルは細いガラス管のため、曲げに弱く、露出したケーブルが途中で折れ曲がることがあります。
この場合はケーブルの取り換え工事となり、工事費が発生します。

壁内に露出する光ファイバーケーブルは共用部まで1本のケーブルで繋がります。破損等があれば、共用部までの長さ全てを交換しなければなりません。

光コンセントがあれば、退去後に光ファイバーケーブルが室内に露出し、破損することはありません。

光コンセントのメリット

光コンセントがあることにより、入居者が退去するとき、光配線を室内に残置することができます。次の入居者は、そのまま建物内の光ケーブルを再利用し、インターネットの契約ができます。

光配線方式でなくても光ケーブルが引き込める?

入居者がマンションの配線方式を変えることはできませんが、単独で光配線を引き込めるケースはあります。

建物の条件によっては、マンション・アパートでも戸建て(ファミリー)タイプの光インターネットが契約できます。

戸建てタイプはオール光配線。既設の電話線は使わず、室内までダイレクトに光ケーブルを引き込みます。
この場合、工事費とインターネット代は割高な戸建てタイプの料金になります。

参考記事:「VDSL方式から光配線方式に変更できる?

賃貸は契約期間と解約金がない光コラボがおすすめ

マンションタイプの光インターネットは一般的に2年契約。2年毎に自動更新されます。

賃貸の退去時期が光インターネットの契約更新月と異なれば、インターネットの解約金が発生します。また、開通工事費の残債があれば、一括払いしなければなりません。

そこで、契約期間&違約金なしの光コラボを紹介します。

光コラボ共同住宅戸建て
ぷらら光3,600円/月4,800円/月
DTI 光3,600円/月4,800円/月
エキサイトMEC光3,500円/月4,500円/月
enひかり3,300円/月4,300円/月
※税抜き

月額料金が安いのも特徴です。

enひかり

光回線工事費が無料にできるキャンペーン

光インターネット契約で派遣工事が必要な場合は、工事費がキャンペーンで無料になる光コラボがおすすめです。

エキサイトMEC光」は初期費用の工事費が無料。さらに12ヶ月間の料金割引もあります。

DTI 光」は開通から7ヶ月後に工事費相当額をキャッシュバックします。

※キャンペーンは予告なく終了します

スポンサーリンク
関連記事
回線
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

ギフト券チャージで1,000ポイント get!

ギフト券チャージキャンペーン
初めてのチャージ(5000円以上)で
1,000ポイントがもらえます!
エントリーできればキャンペーン対象者です

現金チャージで毎回ポイントもらえるよー

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました