ネットで売られている格安のスマートLED電球が本当に使えるのか試してみた

スポンサーリンク

Magic Hue WiFi スマートLED

2018年10月、スマートLED電球をAmazonサイトから購入しました。商品名は「Magic Hue WiFi LED電球」。

Amazon注文履歴

当時、一番安かったスマートLED電球です。

現在(2019年8月)はAmazonでは売られてないようです。「Magic Hue」は見つかるのですが、同じものが見つかりません。

安価な中華ガジェットが突然に通販サイトから消えるのは、珍しいことではありません。安さの代償でもあります。

この記事では、安価な中国製のスマートLED電球が本当に使えるのか?
「Magic Hue」を例に実証してみます。

購入したのとは違う「Magic Hue」
Magic Hue WiFi スマート LED照明電球
Magic Hue
RGBW(カラフル+電球色+昼光色)E26口金 50W相当
スポンサーリンク

Amazonで購入できる中華格安スマートLED電球

Amazonサイトでは「Magic Hue」以外にも、たくさんの中華格安スマートLED電球が出品されています。

「Magic Hue」に限らず、商品名を検索してもメーカー公式サイトは見つかりません。安さだけが魅力のノーブランド商品です。

ここで紹介する商品は突然、商品のリンク先が別商品になったり、リンク切れしたりします。ご了承ください。

中華格安スマートLED電球の多くは、明るさが一般電球50W相当以下です。
1灯だけでは物足りなく、音声コントロールを想定する広い部屋では複数の設置が必要となります。

Magic Hue Wi-Fi スマートLED電球

中華LED

Magic HueのWiFiスマートLED電球。

外箱には一切「Magic Hue」と書かれていません。電球にも何も書かれていません。取扱説明書は至って簡素。日本語が所々変で、中国語を直訳したような文章です

Amazonサイトの商品ページでは、「LED7.5W電球は60W相当の明るさ」と書いてありました。60W電球と比べてみると、少し暗いです。

「Magic Hue WiFi」にスマートLED電球を登録

スマートLED電球を操作するには専用のアプリが必要になります。

アプリ名は「Magic Hue WiFi」。
商品に「Magic Hue」の記載がありませんが、アプリは間違いなく使えます。

アプリをダウンロード

Magic Hue WiFi

Magic Hue WiFi

zhibiao Lin無料posted withアプリーチ

 

アプリから「端末を追加」するには、はじめにスマホとランプを接続させなければなりません。

スマートLED電球はアプリの設定途中にセットし電源を入れます。

アプリの設定手順は

  1. アプリに位置情報を「許可」
  2. スマホから電球のSSIDに接続
  3. スマホ経由で電球にWi-FiのSSIDとパスワードを登録
  4. スマホ経由で電球とWi-Fiを接続

Magic Hue WiFiの登録手順(Androidスマホ)

以下はAndroidスマホからの設定です。
※端末、アプリのバージョンにより異なる場合があります


magic hueアプリ1「+」からデバイスを追加
2
magic hueアプリ2「デバイスを追加」を選択
3
magic hueアプリ3登録したアカウントとパスワードはスマートスピーカーとの接続に必要
※認証手続きな

magic hueアプリ3位置情報は「許可
※必須

magic hueアプリ4デバイス(電球)のSSIDが表示されたら選択して接続

magic hueアプリ4スマホと電球が接続できたら「はい、移動します

※電球に接続できない場合は電球をリセット


magic hueアプリ6デバイス(電球)のSSID「LEDnet・・・」を選択してアプリに戻る

magic hueアプリ8利用可能な2.4GHzのWi-Fiを選択し、Wi-Fiのパスワードを入力

magic hueアプリ10Wi-Fiネットワーク接続間に
電球にWi-FiのSSIDとパスワードが記録されます


magic hueアプリ11「オープンWi-Fi設定」をタップし、電球とWi-Fiを接続させます
10
magic hueアプリ12登録した2.4GHzのWi-Fiを選択
「接続済み」になったらアプリに戻ります
11
magic hueアプリ13電球がWi-Fiに接続するとデバイス名を登録できます。「完成」で終了
12
magic hueアプリ14アプリのホーム画面にデバイス(電球 967D5A)が登録されてます

デバイス名は、どこの場所の電球なのか名前で分かると分かりやすいです。

IoTガジェットは位置情報の「許可」が必須

Magic Hue WiFiアプリ

なぜ位置情報サービスが必要ですか?

IoTアプリに位置情報は必須です。

アプリの設定で「許可」にしないと利用できません。

市場に出回る安価なIoT系ガジェットは、ほとんどが中華アプリです。

プライバシー面で不安な方は諦めるしかありません。

デバイスを追加できない

何度やってもWi-Fiネットワークに接続できない。「接続に失敗しました」が表示されることがあります。

magic hueアプリ20

スマホからデバイス(電球)のSSIDが読み込めないまま、Wi-Fiネットワークに接続しても、アプリに電球は登録できません。

どうしても接続できない場合、AndroidとiOS、両機種があれば別の機種で試してみるのも手です。

1つの端末でデバイスを追加すると、別の端末でも、OSが異なっても登録は簡単にできます。

LED電球をリセット

Magic HueのWiFiスマートLED電球を出荷時の状態に戻したい場合。

電球を「ONにして4秒以下でOFF、OFFから4秒以上経ったらON」。これを3回繰り返す。

電球が点滅したら初期化完了です。

Magic Hueに限らず、アプリの設定に失敗した時はスマートLED電球をリセットすることをおすすめします。

スマートLED電球をスマホ(アプリ)で操作

amazon広告

スマートLED電球は専用アプリから操作できます。

スマートフォンまたはタブレットからLED電球のON/OFF、調光調色をリモートコントロールできます。また、タイマーで管理することも可能です。

調光

<調光>●電源「OFF」 〇電源「ON」
ドーナツ円をタップすると明るさが調整できます

マイク

<マイク>声に反応して照明が点滅
おそらくスピーカ付電球用の機能、スピーカはないので使い道は?

タイマー

LED電球のON/OFFタイマー設定画面
※タイマーはスマホと電球が同一WiFiエリア内にある時に有効

タイマー2

日の出/日の入りタイマー設定画面
LED電球を徐々に明るくしたり、暗くしたり、細かく設定できます

スマートLED電球を音声(スマートスピーカー)で操作

スマートLED電球のセールスポイントは音声で灯りが点くこと。ON/OFFはもちろん、調光もできます。

「Amazon Echo」「Google Home」どちらにも対応します。

スマートスピーカーへの登録方法は別記事を参照ください。

\LED電球を音声操作できます/

スマートLED電球の【Google Home】【Amazon Alexa】リンク設定手順
スマートLED電球はスマートスピーカー(AIスピーカー)とセットで利用してこそ真価を発揮します。明かりの「入/切」はもちろん、明るさの調整も音声で操作できます。 スマートスピーカーのメーカーといえばGoogle...

安価な中国製のスマートLED電球は使えた

上記の設定手順で、安価な中国製のスマートLED電球がアプリまたは音声操作で明かりが点きました。

購入してほぼ1年。毎日、スマートスピーカーから利用しています。目覚まし用にタイマーも利用しています。

明るさには不満があったものの、慣れました。問題なく、毎日明かりを灯しています。

安価な中国製のスマートLED電球でも、いまのところ故障はありません。

まとめ

カスタマーレビューに「接続できない」が散見するこの手の商品は、設定にそれなりの覚悟が必要です。充分な取扱説明書とサポートはありません。

IoTガジェットに不慣れな方にはお勧めできません。

ちょっと気になるのは、アプリの登録時にメールアドレスの承認手続きがないこと。第三者がLED電球を乗っ取るメリットはないと思いますが・・・。神経質な方は避けたほうが無難です。

そもそも中華ガジェットに、公式サイトなんてありません。

中華ガジェットは安いのが魅力
Amazonサイトなら30日以内は返品可能ですよ。
Amazon公式返品・交換の条件

Amazon.co.jp: スマートLED電球一覧
Amazon.co.jp: スマートLED電球一覧

 

おすすめのスマートLED電球を紹介、AIスピーカーから明かりをON/OFF
でんきをつけて! ハンズフリーで、照明を点けたり消したりできると便利ですよね。 作業をしながら、ベッドの中から、離れた部屋から ...
スポンサーリンク
関連記事
家電・ガジェット
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました