【WiMAX2+】3年契約のキャッシュバック比較とおすすめプラン

スポンサーリンク

WiMAX

WiFiルーター「WiMAX2+」を最もお得に契約する方法は、高額キャッシュバックがあるプロバイダと契約することです。
どのプロバイダも、同じUQコミュニケーションズの「WiMAX2+」回線。通信の品質も利用する端末も同じであれば、安く契約しない手はありません。

通常料金の「UQ WiMAX」は2~4年契約。一方、割引があるプロバイダ契約は3年契約がメインになります。

この記事では、高額なキャッシュバックがあるプロバイダの紹介と、3年契約の途中解約は得か損かを検証してみます。

※本記事の料金等はすべて税抜表示

スポンサーリンク

高額キャッシュバックのWiMAXプロバイダ

高額キャッシュバックがある主なプロバイダは、「GMOとくとくBB WiMAX」「@nifty WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」。

GMOとくとくBB WiMAX
@nifty WiMAX
BIGLOBE WiMAX

WiMAX2+「ギガ放題」3年間の総費用

「ギガ放題」プランの3年間総費用の比較は、別記事をご参照ください。

総費用は単純に比較できません。以下の点をご留意ください。

  • 「GMOとくとくBB WiMAX」は37ヶ月間、開始月の月額料金は日割り
  • 「@nifty WiMAX」は37ヶ月間、開始月の月額料金0円
  • 「BIGLOBE WiMAX」3年契約は36ヶ月間。開始月の月額料金0円

3年契約のメリット

「WiMAX2+」を3年契約するメリットの1つは、LTEオプションが無料で利用できること。
通信モード「ハイスピードプラスエリアモード」を端末から選択すると、auの4GLTEが同時利用でき、さらに高速通信が実現できます。

※月間7GB超で通信速度制限あり

2年契約の場合は、利用した月に1,005円のオプション料がかかります。

「WiMAX2+」の2年契約

「UQ WiMAX」は契約年数で月額基本料金が変わることはありません。「ギガ放題」は2年でも3年でも4,380円/月。

一方、月額割引のあるプロバイダから契約できる「WiMAX2+」は3年契約ばかりです。
稀に2年契約を受け付けても、短期間の募集であったり、旧型(在庫処分)端末限定だったりします。

「BIGLOBE WiMAX」の2年契約

現在、2年契約は受け付けていません

「BIGLOBE WiMAX」は2年契約、端末「WX03」限定で契約できます。

クレジットカード払い限定のキャッシュバックプラン。

2年契約開始月翌月から2ヶ月間以降22ヶ月間
BIGLOBE0円3,695円4,380円

開始から12ヶ月目に30,000円キャッシュバック

2年間(24カ月間)合計は73,750円

途中解約で契約解除料を払うのは得か損か?

同じWiFiルーターを3年間も使いたくない、しかも最新端末で契約したい時。

「WiMAX2+」を諦めないで、3年契約してください。
1年利用してキャッシュバック(3万円以上)をゲット。タイミングを見計らい、契約解除料を払って解約します。

解除料は、1~12ヶ月目19,000円、13~24ヶ月目14,000円25ヶ月目以降9,500円

「3万円もらって1万円返す」と思えば気が楽です。
実際、その方がおトクです!

3年契約を解除料なしで解約するには、3年後の更新月に手続きしなければなりません。うっかり更新月を忘れてしまうと、結局は解除料9,500円が必要になります。

gmo3年契約

出典:GMOとくとくBB
※BIGLOBEの更新月は36ヶ月目

総額費用の比較

違約金を取られても、本当にトクなのか?
検証してみます。

「ギガ放題」3年契約を25ヶ月目に解約するケース

(25ヶ月)開始月2ヶ月間以降23ヶ月間キャッシュバック解除料合計
GMO日割3,609円4,263円32,000円9,500円82,767円
@nifty0円3,670円4,350円23,000円9,500円93,890円
BIGLOBE0円3,695円4,380円23,000円9,500円94,630円

「ギガ放題」3年契約を13ヶ月目に解約するケース

(13ヶ月)開始月2ヶ月間以降11ヶ月間キャッシュバック解除料合計
GMO日割3,609円4,263円32,000円14,000円36,111円
@nifty0円3,670円4,350円23,000円14,000円46,190円

<共通事項>
「GMOとくとくBB WiMAX」は開始月の日割料金が上記金額に加算されます
「GMOとくとくBB WiMAX」のキャッシュバック額は端末によって異なります
「@nifty WiMAX」の月額料金は@nifty基本料金250円が含まれています

なんと!
キャッシュバックをもらって直ぐに解約しても、2年使うよりお得

約3,000円/月で
「WiMAX 2+」が最新のWiFiルーターで利用できます!

 

「BIGLOBE WiMAX」は端末代(800円x24回)の残債があるので、13ヶ月目解約の候補から除外しました。

「GMOとくとくBB WiMAX」の端末代は0円、「@nifty WiMAX」は1円。

キャッシュバック額と解除料、端末代については、条件変更になる場合もあります
お申し込み時は、必ず公式サイトでご確認ください。

GMOとくとくBB WiMAX

「GMO」

  • キャッシュバック額はNo.1
  • 1年後の受取には要注意!

月額料金が安くなるプランもあります

@nifty WiMAX

「@nifty」

  • キャッシュバックの受取時期が他社より早い!
  • 通知が来るのは4ヶ月後

すでに@nifty会員なら基本料金250円は不要です

BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE」

  • 口座振替など料金プランは多彩
  • 選べる端末は他社より多い

BIGLOBEはUQと同じくKDDIグループです

キャッシュバック受取方法に注意

キャッシュバックの受取方法は、事前にメール通知されます。

「GMOとくとくBB WiMAX」と「@nifty WiMAX」のキャッシュバック通知は、契約時に登録するプロバイダメールのアドレスに届きます。

日常、利用するメールアドレスではありません。契約期間中だけ利用できるメールアドレスなので通知の時期を忘れないように注意が必要です。

その点、「BIGLOBE WiMAX」は安心。普段利用するメールアドレスを通知用に登録できます。忘れる心配がありません。

キャッシュバックの時期

「GMOとくとくBB WiMAX」は端末発送月を含む11ヶ月目にメール通知、翌月の末日までに返信し、返信があった翌月末日に受取口座に振り込みます。

「@nifty WiMAX」は機器発送月を含む11カ月目にメール通知、12カ月目に登録した受取口座に振り込みます。

「BIGLOBE WiMAX」サービス開始月翌月を1カ月目として12ヶ月目にメール通知、45日以内に指定口座を入力し、受け取りの手続き完了から数日後に振り込みます。

途中解約の連絡方法と時期に注意

「WiMAX2+」サービスの途中解約は、更新月の解約と手続き方法が異なる場合があります。また、いつまでに解約手続きをするのかも重要になります。

例えば、「GMOとくとくBB WiMAX」は、会員サポートページに「解約」ボタンが表示されるのは、契約解除料のない更新月だけです。
更新月以外に解約する場合は、解約希望月の20日までに、「お問い合わせフォーム」または電話で連絡しなければなりません。

まとめ

月額料金の割引がある「WiMAX2+」は、3年契約ばかりです。2年以内の利用を検討されている方でも、通常料金の「UQ WiMAX」を2年契約をる必要はありません。

一見、もったいない解除料を払ってでも、通常料金よりも安く利用できます。

途中解約する大前提は高額キャッシュバック

「BIGLOBE WiMAX」を除き、キャッシュバックの受取には注意が必要。「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」は、日常利用するメールアドレスには届きません。
数カ月後に、普段利用しないメールアドレスを必ずチェックしなければなりません。

途中解約は、連絡時期に注意。希望の月に解約するには、いつまでに、どのような方法で手続きするか、事前に確認する必要があります。締め日を逃すと、更に1ヶ月解約が延びます。

キャッシュバックと月額料金(料金割引)等は、キャンペーンのため時期によって金額が変わります。

必ず公式サイトで内容をご確認ください!

スポンサーリンク
関連記事
モバイル
記事をシェアする
スポンサーリンク
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0
タイトルとURLをコピーしました