「まちでんき」から「楽天でんき」に移行するのは本当にお得か?

楽天でんき

今年(2018年)7月、電気の契約先を地域電力会社から楽天エナジーに変えました。

先日、電気の使用量をインターネットからチェックしたところ、10月16日以降の使用料が表示されなくなりました。

マイページのグラフは「送配電事業者→楽天でんき」 にお客様の電気の使用量情報が連携されることで表示されます。
送配電事業者等から連携が遅延した場合は、表示されるまで数日掛かる場合がございますのでご了承ください。

引用:まちでんきQ&A

 

依然として表示されないので、検索したところたまたま見つけました。

 

まちでんき申込終了

 

えっ、知らないよ?

サービスが終了するわけでなく、新規の受付が終了していました。

その影響もあって?
電気の使用量がチェックできないのかもしれません。

普段はスルーする楽天からのメールをチェックしたところ

楽天エナジーから
10/12に「楽天でんきサービス開始記念!事前お申込みで3,000ポイントプレゼント!」メールが来てました。

なんだか腑に落ちません。

「楽天でんき」について、「まちでんき」との比較も踏まえ、この記事でまとめて書いてみます。

公式サイト
「楽天でんき」でポイントをゲット!

 

本記事を投稿してから数日後、「まちでんき」マイページから電気使用量が確認できるようになりました。お騒がせしました。m(__)m
【楽天でんき】申し込むだけで2000ポイント!さらに電気代も安くなる
工事費用なしで、毎月の電気代が安くなる。ポイントも貯まる。 今なら、キャンペーンエントリーでたくさんのポイントまでもらえます。 電力会社を変えてみますか? 解約自由、解約金もありません。 楽天の...

 

「まちでんき」からの「楽天でんき」変更点

「まちでんき」から変わった点。

初めて楽天エナジーに電気を申込みされる方には、ちょっとわからない内容だと思います。「楽天でんき」は、前サービズ「まちでんき」から何かと改善されています。

既に楽天会員の方は申込手続きが簡単です。

申込時の変更点

申込み時のポイントプレゼントにエントリーが不要に。「まちでんき」は欲しくもないメルマガの購読エントリーが必須でした。

支払い方法はクレジットカード一択、口座振替がなくなりました。楽天会員の登録が必須です。

 

「まちでんき」ユーザーが気になるのは、「楽天でんき」にすると何が変わるのか。

電気料金等の変更点
  1. 地域で異なる基本料金が全国0円、電気代はすべて従量料金
  2. 30A契約の割高感が解消された
  3. 1ポイント/10kWhから1ポイント/200円へ実質ポイントUPした
  4. 法人契約の楽天ポイント2倍がなくなった

1.毎月の電気代は使った分と従量料金で簡単に計算できます。従量料金は地域で異なります。
参考記事「楽天でんき」の従量料金

2.「まちでんき」の30A契約は基本料金が40Aと同じなため、地域電力会社より割高になるケースがありました。「楽天でんき」は基本料金が0円になり、単身者に多い30A契約でもお得になります。

3.楽天ポイントへの換算方法が使用量から電気代に変わり、「楽天でんき」は獲得ポイントが確実に上がります。

4.「楽天でんき」は、法人のポイント2倍はなくなりました。

「楽天でんき」電気料金の試算

やはり一番気になるのは料金。

公式サイトでは電気料金をシュミレーションでき、獲得できるポイントも確認できます。

シミュレーション

シミュレーションへ
公式サイトで新電気料金をチェック!

「まちでんき」と「楽天でんき」の料金比較

「まちでんき」からの実際の請求金額と、新規サービス「楽天でんき」の料金を比較してみます。

電気料金内訳

「まちでんき」9月の電気使用量は382kWh、電気代は10,741円
※76ポイントは法人契約のためポイントが2倍

これを「楽天でんき」の従量料金で電気代を試算すると
382kWhx26.0円/kWh(中部・東京エリア)=9,932円
※計算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含んでいません

「楽天でんき」の方が約800円くらい安くなります

電力事業者間の競争も激しく、電気代がさらに安くなります!

楽天でんきの料金明細

「楽天でんき」2月分の料金明細を公開します。

電気料金内訳

従量料金は26.0円/kWh、使用料は353kWh
燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金は377円
獲得ポイントは47ポイント

結論

「まちでんき」から「楽天でんき」へ移行するとお得です。

楽天でんきに切り替え

切替はコチラ
「まちでんき」から「楽天でんき」に

まとめ

楽天エナジー「楽天でんき」は電気料金を下げる代わりに、楽天会員の登録を必須に。会員数を増やす目的もあるかもしれません。

電力自由化により電気料金が安くなるのは大歓迎です。

楽天2,000ポイントを目当てに、地域電力会社から楽天エナジー「まちでんき」に切り替えました。正直なところ、電気代は対して安くなっていません。

10/1「まちでんき」申し込みの受付を終了したにも関わらず、新サービス「楽天でんき」についてのお知らせメールは10/12でした。メルマガ会員なのにね・・・

2,000ポイントがもらえる4カ月目の10月、このタイミングでサービス名称の変更。
電気代が「まちでんき」よりも安くなるのなら、多少の不満はあるものの解約する理由はありません。

もう一度、2,000ポイントがもらえるので、「楽天でんき」で契約(移行)決定とします。

 

公式サイト
「楽天でんき」でポイントをゲット!

追記:「楽天でんき」申し込み後

2018/10/22、「楽天でんき」に申し込みました。「まちでんき」からの乗り換えです。

<<楽天でんきお申込み受付完了のお知らせ>>

この度は楽天でんきにお申込みいただき、誠にありがとうございます。
下記のとおり、お申込みを承りましたので、お知らせいたします。
なお、ご利用開始のお手続きは11月からとなり、先着順で順次進めさせていただきます。
もう少々お待ちくださいませ。

受付完了メールより抜粋

お知らせメールによると、「11月から順次進める」とのこと。

約3か月後、年が変わり1月18日。1通のメールが来ました。

<<楽天でんきご利用開始のお知らせ>>

この度は楽天でんきにお申込みいただき、誠にありがとうございます。
お切替の手続きが完了しましたので、ご契約内容をお知らせいたします。

マイページ上に、ご契約内容など重要なお知らせを記載していますので、
必ずログインいただき、記載内容を十分にご確認ください。

利用開始メールより抜粋

とっくに「楽天でんき」に切り替わっていると思っていました。
契約日は、2019年01月15日。

申し込みから契約まで約2ヵ月半。
「まちでんき」からの乗り換え組は、新規の方より待たされるのかもしれません。

マイページのログインURLは「まちでんき」と異なります。
「楽天でんき」を確認すると1/18から電気使用量が記録されています。一方、「まちでんき」は1/14まで記録されています。1/15~1/17の空白期間は、いずれ「楽天でんき」に記録されると思うので、後日確認します。

いずれにしても、「楽天でんき」は「まちでんき」の電気使用量データは引き継ぎません。データがリセットされます。しばらくは、過去とのデータ比較がちょっと面倒。これは想定外でした。

楽天の保有ポイントは引き継がれるので、ご安心ください。
申し込み時のプレゼントポイントは、契約日から4ヶ月以降に再度もらえます。

 


楽天でんき 楽天でんき
楽天でんき 楽天でんき
ライフライン
記事をシェアする
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0