光コラボの開通工事費と複雑なひかり電話の工事費をわかりやすく解説

ひかり電話の工事費

3カ月前(2018/10)に開通したインタネット&ひかり電話の工事費内訳がようやく判明しました。

契約した光コラボ「DTI 光」は、開通月(10月)の料金が無料のため、11月からの請求。初期費用(工事費等)はすべて初回の11月分に請求されます。

工事費で特に気になっていたのは、ひかり電話。

契約前に確認しましたが、書面で見ることはできません。電話で聞いても、口頭ではいまいち内容が理解できず。NTTのサイトも何度も見ましたが、混乱が深まるばかりでした。

今回の工事費内訳を見て、ひかり電話の工事費がなんとか理解できました。
おそらく、他の光コラボにも共通すると思うので、ここに備忘録として残します。

Sponsored Links

光インターネットの契約内容

光コラボ「DTI 光」との契約内容

  • フレッツ光ネクストのファミリープラン(西日本)・スーパーHS 隼
  • ひかり電話。

ひかり電話のオプション

  • 発信者電話番号通知表示
  • マイナンバー
  • ダブルチャンネル
  • 着信お知らせメール

光ケーブルが引き込まれていないビルのため、ファミリー(戸建て)タイプを契約しました。工事は派遣工事です。

NTTの工事明細

光インターネット開通の当日、工事後に作業員の方から「工事内容のお知らせ」を頂きました。

お知らせの工事内容内訳を見ると、工事費が記載されていません。「工事費は申込事業者へ」と記載されています。

光コラボから請求が来るまで、正確な工事費がわかりません。

NTT工事費

工事費が判明したのは、工事から約3か月後でした。

DTI光の利用明細

年が変わって1月(開通から約3ヶ月後)。DTIサイトの会員サポートから「利用明細」をようやく見ることができました。

月額料金と初期費用(工事費)が確認できます。

ひかり電話の初期費用

は契約手数料800円(3,000円の光コラボが多い)
は派遣工事料18,000円(一般的な金額)
の合計が光インターネットの初期費用になります。

の派遣工事について、NTTとDTI光の工事名目は異なります。

NTTDTI光工事費
基本工事費DTI光工事基本料4,500円
交換機等工事費DTI光ネットワーク工事料1,000円
屋内配線工事費お客様宅内工事料(宅内配線部分)10,400円
回線終端装置費お客様宅内工事料(回線終端装置部分)2,100円

 

知りたいのは、ひかり電話の工事費
今回、既設の固定電話番号をひかり電話へ移行しました。

の「DTIひかり電話ネットワーク工事料:5,000円」は
ひかり電話同番移行工事費2,000円x2番号+交換機等工事費1,000円

の「DTIひかり電話お客様宅内工事料:1,000円」は
おそらく、ひかり電話対応機器工事費。オプションのマイナンバーとダブルナンバーをホームゲートウェイに設定した費用だと思います。

の合計がひかり電話の工事費、計6,000円。

ひかり電話の各オプション工事料700円~1,000円は、光インターネット工事と同時のため料金は発生していません。

 

NTTと光コラボでは、工事名目が微妙に違います。両社から工事費の説明を聞くと、頭が混乱するのはこのためです。

光インタネットの初期費用・工事費

光インターネットの工事費は回線業者により異なります。

光コラボは、NTTのフレッツ光回線を利用しています。参考までに、NTTに直接申し込みした時の新規工事費を見てみます。

プラン工事区分工事費
ファミリー派遣工事あり屋内配線を新設18,000円
屋内配線は既設7,600円
派遣工事なし2,000円
マンション派遣工事あり屋内配線を新設15,000円
屋内配線は既設7,600円
派遣工事なし2,000円
※工事費は建物の環境によって変わる場合があります

光コラボの工事費は、NTTフレッツ光と必ずしも同額ではありません。光コラボは独自に工事費を設定できます。

今回契約した「DTI 光」の派遣工事料18,000円
内訳は、基本工事費4,500円+交換機等工事費1,000円+屋内配線工事費10,400円+回線終端装置工事費2,100円

「DTI光」は、フレッツ光と同じ工事費でした。
これより高く、工事費を設定している光コラボもあります。

工事費が高額でも、キャンペーン等で無料なケースが多いです。契約期間に応じで月割りされた金額が毎月割引されます。ただし、途中解約すると残債を一括払いしなければなりません。

工事費を高額に設定して「〇万円割引!」と表示すればインパクト大。
最低利用期間違約金にも要注意です!

「DTI光」は派遣工事費が発生する場合、キャッシュバックキャンペーンがあります。開通月を1ヵ月目とし、6カ月目まで継続すると、最大19,000円キャッシュバックされます。

負担した工事費を取り戻し、実質無料になります。

また、最低利用期間も違約金もありません。

詳細はこちら
月額料金が安いのも魅力!

 

ひかり電話の初期費用・工事費

NTTひかり電話の基本工事費は、無派遣工事で1,000円。派遣工事で4,500円。光インタネット開通工事と同時に工事すると無料になります。
月額500円のひかり電話は、初めからを設置した方がお得です。

光コラボのひかり電話工事費もNTTと同じです。

今回、ひかり電話工事費に6,000円かかったのは、同番号移行(MNP)とホームゲートウェイに2番号を設定したためです。

ひかり電話4つのオプションを含め、トータルで工事費がいくらになるのか。事前に何度か確認しましたが、正確に把握することは困難でした。

加入電話の利用休止工事

今回は、番号移行と同時に、1番号の電話加入権を休止しました。

加入電話の利用休止工事費は2,000円/1番号(基本工事費1,000円+交換機工事費1,000円)。こちらは基本工事費が必要です。
工事費の支払先は、光コラボではなく、NTTになります。

工事日、光インターネット&ひかり電話の「工事内容のお知らせ」とは別に、利用休止工事の「工事内容のお知らせ」も頂きました。

電話休止工事費

「基本工事費」が手書きで1,000円と記入されています。単純なミスなのか?
なんだか腑に落ちません。

まとめ

本記事にある工事名称と工事費は、光コラボ「DTI光」とNTT西日本によるものです。NTT東日本とは異なる部分があるかもしれません。
光コラボはNTTのフレッツ光回線を利用しています。「DTI光」以外の光コラボでも工事の内容は共通します。各工事費については、各光コラボの専用サイトでご確認ください。

インタネット開通工事費は、現地の事前調査等を行えば、事前に正確な工事費を算出することは可能です。
一方ひかり電話の工事費は、オプションサービスや同番移行が絡むと複雑です。明細を見ても、何にいくらかかったのか分かりません。誰も説明してくれません。

ひかり電話のサービス内容自体、問い合わせ窓口(コールセンター)ではよく理解していないことは、NTTも光コラボも同じでした。

キャッシュバック
転用、乗り換えでも料金がお得です

 


Sponsored Links
関連記事
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

nomaをフォローする
光回線
Sponsored Links
Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまろぐ2.0