【光コラボの比較】携帯キャリアの光とプロバイダの光、どっちがお得か?

どっちが得か

NTTのフレッツ光回線、現在はNTTに代わり「光コラボレーション(光コラボ)事業者」が提供しています。

光コラボとは、フレッツ光回線とインターネット接続(プロバイダ)を1事業者が合わせて提供するサービス。利用者はNTTと契約する必要がありません。

光コラボの契約は、大半が携帯ショップからの申し込みです。

携帯ショップに立ち寄った際、自宅のインターネットについて尋ねられた経験はありませんか?

ご自宅のインターネットを『〇〇〇光』にすると

「インターネット代が今よりも安くなりますよ」
「スマホの月額料金も安くなりますよ」

勧誘されませんでしたか?

このとき、初めて光コラボを知る人がほとんど。
お得な情報に飛びつく訳ですが
実はネットからでも同条件、いやそれ以上の好条件で申し込めます。

それでは、代表的な光コラボをご紹介させて頂きます。

Sponsored Links

光コラボ 月額料金の比較

<マンション>月額料金契約期間解約金
ドコモ光4,0002年8,000
SoftBank光3,8002年9,500
OCN光3,6002年11,000
So-net光2,9803年20,000
<戸建て>月額料金契約期間解約金
ドコモ光5,2002年13,000
SoftBank光5,2002年9,500
OCN光5,1002年11,000
So-net光3,9803年20,000
※ドコモ光は選択するプロバイダによって料金がアップ

ドコモ光のタイプ別 記事

携帯キャリアの光コラボ

ドコモソフトバンクが光コラボレーション事業者に名を連ねています。

携帯キャリアの光コラボは、携帯・スマホの料金が安くなるのが特徴。
ドコモは「ドコモ光」、ソフトバンクは「SoftBank光」を提供しています。

 

光コラボではありませんが、auには「auひかり」。上記のキャリア同様、携帯・スマホの料金が安くなります。

auユーザー限定「auひかり」とおトクな光インターネットサービスの紹介
出典:auスマートバリュー auスマホをお使いの方に、お得なインターネットサービスをご紹介します。 「auスマートバリュー」対象のインターネットサービスと契約すれば、auスマホの料金が安くなります。 毎...

光コラボ「ドコモ光」

光コラボシェアNo.1はドコモ光

ドコモ光バナードコモ光バナー

<2年契約>
マンション:4,000 or 4,200円/月
戸建て:5,200 or 5,400円/月

解約金
マンション: 8,000円
戸建て: 13,000円

こちらをクリック

限定キャッシュバックあり!
ドコモポイント最大10,000pt還元
ドコモ光セット割」最大3,500円/月、docomoのデータ代を割引

事務手数料:3,000円
新規申し込みの開通工事費
・派遣工事の時:<マンション>最大15,000円、<戸建て>最大18,000円
・無派遣工事の時:2,000円

新規工事料無料キャンペーンもあります

ドコモ光だけはプロバイダを自由に選べます。選択するプロバイダにより月額料金が200円変わります
プロバイダ直の光コラボの方が月額料金は安いです。「セット割」でいくら安くなるのか、確認が必要。
ドコモショップのキャッシュバック勧誘の効果もあって、光コラボではシェア1位(2017年)。キャッシュバックは魅力ですが、他にも安い光コラボはあります。
【ドコモ光】はdocomoのスマホ・ケータイ料金が安くなるお得な光コラボ
ドコモ光とは、フレッツ光回線を使う「光コラボ」のひとつ。ドコモが提供する光インターネットサービスです。 従来の「フレッツ光回線+プロバイダ」と比較すると料金が安くなります。でも、他の光コラボと比較するとちょっと高い...

光コラボ「SoftBank光」

光コラボシェアNo.2はSoftBank光。

<2年契約>
マンション:3,800円/月
戸建て:5,200円/月

解約金:9,500円

こちらをクリック

限定キャッシュバックあり!
おうち割 光セット」最大1,000円/月、softbankのデータ代を割引 ※家族も対象

事務手数料:3,000円
新規申し込みの開通工事費
・派遣工事の時:最大24,000円
・無派遣工事の時:2,000円

【SoftBank光】のメリットとおすすめ代理店のキャッシュバックを紹介
SoftBank 光とは SoftBank光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」の1つです。 SoftBank社独自の光ファイバー網を使ったサービスではありません。そのため通信の品質はNTTフレッツ光回...

プロバイダの光コラボ

プロバイダ光コラボ

プロバイダ各社も光コラボにより、独自のサービスを提供しています。

コラボ名は「プロバイダ名+光」。

ドコモ光の「ドコモ光+プロバーダ」料金より安いです

ドコモスマホの割引が少ない方、格安SIMを利用の方は、こちらの方が月額料金はお得です。キャンペーンと合わせてご検討ください。

ここでは代表的なプロバイダ「OCN」と「So-net」の光コラボを紹介します。

光コラボ「ocn光」

OCN光バナーOCN光バナー

<2年契約>
マンション:3,600円/月
戸建て:5,100円/月

解約金:11,000円

こちらをクリック

事務手数料:3,000円
新規申し込みの開通工事費
・派遣工事の時:<マンション>最大15,000円、<戸建て>最大18,000円
・無派遣工事の時:2,000円

ドコモ光でOCNを選択すると月額4,200円(マンション)。
光コラボ「OCN光」で契約すれば、毎月600円安くなります

光コラボ「So-net光」

So-Net光バナーSo-Net光バナー

<3年契約>新規限定
マンション:2,980円/月
戸建て:3,980円/月
※ー2,000円キャンペーン適用

解約金:20,000円

こちらをクリック

auスマートバリュー」最大2,000円/月割引 ※家族も対象
「So-net光 電話サービス」とセットで申し込むと、auのデータ代を割引

事務手数料:3,000円
新規申し込みの開通工事費
・派遣工事の時:500円/月を48回払い
・無派遣工事の時:2,000円

ドコモ光でSo-netを選択すると月額4,000円(マンション)。
光コラボ「So-net光」で契約すれば、毎月1,000円安くなります

注意!:現在フレッツ光を利用中の方が転用する場合は、料金が異なります

まとめ

ドコモ光は実質、「ドコモ光 with プロバイダ」。各プロバイダは、独自に光コラボ「プロバイダ光」をドコモ光よりもお値打ちに提供しています。

キャリア携帯のセット割は、大容量データプランを契約している利用者に恩恵があります。利用データが少ない方には、あまりメリットがありません

光コラボ事業者は、独自のキャンペーンを展開中です。
キャッシュバックやセット割、開通工事費が無料など。ネット上には、最大の割引き額が表記されています。

 

2年契約の光インターネットは途中で解約すると違約金が発生します。また、開通工事費が無料の場合も残債を請求されることがあります。賃貸でご利用の方は、退去時期と合わせてご検討ください。

【DTI光】に決めた、withドコモ光より安く解約金なしのお得な光コラボだから
光コラボ「DTI 光」を契約しました。 「Yahoo! BB ADSL」がサービスの提供を終了するため、インターネット回線の変更を余儀なくされました。 光回線が利用できない建物のため、ながらく速度の遅いA...
Sponsored Links
関連記事
noma

有限会社ノマド。名古屋の建築設計&不動産会社。主に一級建築士と宅地建物取引主任士のスタッフが記事をしたためています。

nomaをフォローする
光回線
Sponsored Links
Amazonランキング大賞2018

数億種類の取り扱い商品からAmazonでの販売データをもとに集計
年間のカテゴリー別
「Amazonランキング大賞2018」
ちょっと気になりませんか?

のまログ2.0