名古屋のデザイナーズマンションってどう? 2015年

名古屋のデザイナーズマンション
このサイトを立ち上げた頃(約10年前)はよく「デザイナーズマンションって何ですか?」と聞かれたものです。時には学生さんが卒論のテーマーにするので・・・と。そのころは、「大手に行って『デザイナーズマンションを探している』と伝えると、トンチンカンな物件を紹介される」とお客さんから言われたものでした。今はどうでしょう?

スポンサーリンク

そもそもデザイナーズマンションってなに?

TADAO ANDO普通のマンションとは違った外観、従来の画一的な間取りの寄せ集めマンションと区別して「デザイナーズ」と呼ばれる。 コンクリート打ち放しや、無垢の木材、シンプルな水廻り、白を基調とした内装、間仕切り壁が少なく広い空間などが特徴。一時期、雑誌などで頻繁に特集された結果、デザイナーズマンションのイーメージが共有されました。住まい探しの一つの「キーワード」であり、今ではおしゃれな住まいの代名詞です。

なんちゃってデザイナーズもあり?の今

なんちゃってデザイナーズ昨今では、少し工夫を凝らしただけの外観や、ちょっと豪華なエントランス、見た目の良い水廻り設備、アクセントクロスの内装だけで「デザイナーズマンション」を謳うケースも少なくない。 ちょっと前までは「デザイナーズマンションって何?」と言われていたのが、今では貸し手側や作り手側がちょっとだけおしゃれ?な物件を自ら「デザイナーズマンション」と謳います。仲介業者はなんの疑うこともなく、それらをデザイナーズ物件として募集。このようにして巷には「なんちゃってデザイナーズマンション」が溢れてます。

デザイナーズマンションは要らない?

デザインマンションに暮らす(エイムック)そもそも、デザイナー(建築家)さんが設計したカッコイイマンションだったはずです。設計施工でアクセントクロス貼っただけのマンションを全く否定するつもりはありません。現に、それらは家賃も手頃であったりして人気だったりします。なので呼び方変えたらどうでしょう? デザイナーズマンションと呼ばれ始めた頃、ある書籍では「デザインマンション」と呼ぶのが相応しい、と書いてありました。まったく死語になってしまいましたが、現状では正しい呼称だったかもしれません。

増殖する不動産業者

自称デザイナーズマンションが増えてくると、今度は不動産業者が増えてきた。 ほんの10年前、ネットで入居者募集を行う業者は大手を含め限られていました。不動産ポータルサイトなるものも皆無。リクルートの「SUMO」が初めは紙媒体だったのを知ってますか?デザイナーズ専門不動産も先行業者を真似れば容易くサイトを開設できる時代。他社との差別化は掲載物件数。なんちゃってデザイナーズで水膨れしたサイトが多いのが現状です。

これからの「デザイナーズマンション」

googleトレンドでは右肩下がり。デザイナーズもどきのマンションや仲介業者が増え、市場はもう飽き飽きしているのかもしれません。