内覧申込

デザイナーズ物件に多い「コンクリート打ち放し」、意外と知らないコト

コンクリート打ち放し
デザイナーズマンションの代名詞とも言えるコンクリート打ち放し。
よく聞かれるのが「冬は寒くないですか?夏は暑くないですか?」。住宅のデメリットとしては間違っていませんが、マンションは戸建てと違い屋根と外壁を共有しています。最上階部屋以外は外気に面する屋根がなく、角部屋以外の外壁は二面しかありません。隣接する住戸は空間であり、最上級の断熱層でもあります。戸建てに比べ、外気に面する壁が明らかに少ないのです。



賃貸マンションの多くは内断熱工法の壁

コンクリート造に限らず、断熱は外断熱が理想。コスト上の理由で、賃貸マンションの外壁は内断熱が一般的です。室内側の断熱材上には、石膏ボードを張りクロスなどで仕上げる。つまり、この部分が打ち放し仕上げの建物は断熱材がありません(外断熱工法を除く)。

打放と断熱
打ち放し賃貸で多いのは、バルコニー面の壁がクロス貼り、戸界壁(&天井)はコンクリート打ち放し。
この場合は、おそらく外壁面に断熱材のあるマンション。総クロス貼りのマンションと断熱面では、あまり違いがありません。
因みに、外壁面よりガラス面の方が遥かに断熱性が劣ります。

打ち放しは仕上げがない分工事費が安くなる?

コンクリート打ち放しはタイルやクロスなどの仕上げがない分、仕上げ材で粗を隠せず施工精度が必要。コンクリート型枠用合板(コンパネ)は打ち放し用の塗装合板(パネコート)を使用し、コンクリートの表面を平滑にします。パネル割、セパレート割も仕上げに直結するので、熟練した型枠の組み方が求められます。仕上げ材がないローコストを目的とすると、打ち放しはデザイナーズと程遠い結果になります。
外壁の打ち放しコンクリートは、表面にクリアー塗装が必要。比較的安価なウレタン塗装から高耐久のフッ素塗料など。塗装で外壁の劣化を防ぐ必要があります。透明で見えないだけで、打ち放し外壁はタイル張りと同様に仕上げにコストが掛かっています。

パネコート
※片面がウレタン塗装された型枠用合板。グレー色もあります。
Pコーン&セパレータ

打ち放し仕上げは平滑な光沢のある表面が魅力

丁寧に施工されたコンクリート打ち放し表面は平滑で光沢があり、正に仕上げ面。塗装合板が作り出す表面です。賃貸マンションの工事現場では、上下階が同様の造りであるため、コンクリート型枠の転用が行われます。何度か使われた塗装合板の表面は荒れ、仕上げ面に影響します。階毎に打ち放し表面が微妙に異なるのはこのためです。当然、転用を無くす、減らせば建築コストは上がります。



コンクリート打ち放しはパネル割&セパ割をチェック

「打ち放し仕上げ」は、型枠合板の割付がとても重要です。型枠材は意匠的に900mmx1800mm(3×6板)の横使いがベスト。施工性を優先した多くの物件では600mmx1800mm(2×6板)が使われ、見た目が劣ります。型枠跡とセパ割(Pコン跡)を見れば、設計士の打ち放しに対する拘りを見ることができます。開口部や凹凸のない大きな壁面がコンクリート打ち放しの醍醐味です。

打放型枠横63×6板の横使い。1枚の板に対してPコン6
打放型枠横83×6板の横使い。1枚の板に対してPコン8
打放型枠縦9003×6板の縦使い。1枚の板に対してPコン8
打放型枠縦6002×6板の縦使い。1枚の板に対してPコン4

巨匠・安藤忠雄の打ち放しコンクリート壁

ando
写真はコンクリート打放建築の巨匠・安藤忠雄氏の作品。名古屋に1棟だけ賃貸マンション(THE QOL・コル)があります。残念ですが、市販の作品集で見ることはありません。もちろん、3×6板の横使い。パネル割、セパ割に細心の注意が払われています。巨匠の作品となると、施工業者も細部まで気が抜けません。因みに写真の施工業者はスーパーゼネコンの清水建設。




□ 空室確認